サッカーコラム J3 Plus+ 

J1・J2・J3・日本代表などを幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |







最近のエントリー (15記事)

 2019/03/14  【日本代表】 初招集されたFW鈴木武蔵(コンサドーレ札幌)への不安と期待
 2019/03/14  【J2】 2019年の残留争いに絡んでくるのはどこだろうか?~未勝利なのは4チームのみ~
 2019/03/15  【J3】 「面白いサッカー」をしているチームはどこだ?
 2019/03/15  Jリーガーがサッカーを始めた年齢について~9歳以下が全体の88.9%、12歳以上は2.75%~
 2019/03/15  【Jリーグ】 衝撃度の大きいMF中川風希(FC琉球→横浜Fマリノス)の移籍
 2019/03/16  【日本代表】 森保JAPANのメンバーは誰がベストなのか?を考える。 (右SB編)
 2019/03/16  【日本代表】 森保JAPANのメンバーは誰がベストなのか?を考える。 (CB編)
 2019/03/16  【Jリーグ】 名波浩監督(ジュビロ磐田)の早期の退任や解任はあり得ない理由
 2019/03/17  【日本代表】 森保JAPANのメンバーは誰がベストなのか?を考える。 (左SB編)
 2019/03/17  【日本代表】 森保JAPANのメンバーは誰がベストなのか?を考える。 (ボランチ編)
 2019/03/17  【日本代表】 10番を背負うべきはMF香川真司ではなくてMF中島翔哉だろう。
 2019/03/18  【日本代表】 森保JAPANのメンバーは誰がベストなのか?を考える。 (アタッカー編)
 2019/03/18  【ファジアーノ岡山×アビスパ福岡】 新加入のFWヤン・ドンヒョンは救世主になれるか?
 2019/03/18  【日本代表】 森保JAPANのメンバーは誰がベストなのか?を考える。 (フォワード編)
 2019/03/18  【水戸ホーリーホック×ジェフ千葉】 FW浅野拓磨(兄)とMF浅野雄也(弟)の違いはどこか?
 2019/03/18  全エントリーの一覧 (2011年-2019年)

お勧めしたいエントリー (15記事)

【Jリーグ】 衝撃度の大きいMF中川風希(FC琉球→横浜Fマリノス)の移籍 | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ 2018年のJ3でMVP級の活躍

2018年のJ3を制して初のJ2昇格を決めたFC琉球はオフに金鍾成監督が退任。主力だったMF富樫、MF枝本、DF瀧澤、GK朴一圭が流出したので「どういうチームになるのか?」の予想が難しかったが開幕戦はホームで福岡に3対1で勝利。J2での初勝利を手にすると2節はアウェイで大宮に4対3で勝利した。終盤に連続失点して最終的なスコアは1点差だったが一時は4対1と大量リードを奪った。大きなインパクトを残した。

3節はホームで愛媛FCと対戦したがMF上門とFW鈴木孝がゴールを決めて2対0で勝利。開幕3連勝を達成して首位に浮上した。ホームではずっと負けておらず23試合負けなし。圧倒的な強さを誇る。中心になっているのは3試合で5ゴールを挙げているエースのFW鈴木孝と3試合で4アシストを記録しているトップ下のMF中川風の2人になる。MF富樫やMF枝本が抜けた影響を全く感じさせない戦いを見せている。

昇格チームのFC琉球がJ2の序盤の主役になっているが3月15日(金)に激震が走った。攻撃の中心だったMF中川風がJ1の横浜FMに完全移籍することが発表された。2018年はJ3で32試合に出場して16ゴール10アシストを記録。J3で年間MVP級の活躍を見せた「新しいチームの顔」が開幕直後にステップアップの移籍を決断した。攻撃の中心として替えの利かない選手になっていたのでダメージは相当に大きい。

 → 2018/10/15  【Jリーグ】 J1やJ2のクラブへの個人昇格があると思うJ3所属の選手 (11位-20位)
 → 2018/10/18  【Jリーグ】 J1やJ2のクラブへの個人昇格があると思うJ3所属の選手 (01位-10位)



Jリーガーがサッカーを始めた年齢について~9歳以下が全体の88.9%、12歳以上は2.75%~ | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ サッカーを始めた年齢は?

2019年のサッカーダイジェストの選手名鑑にあるアンケートの項目の1つの「サッカーを始めた年齢は?」の回答結果を集計してみた。J3の選手はアンケートの対象にはなっていないのでJ1とJ2の選手の回答結果をまとめてみたが最も多かった回答は「6才」だった。なので、幼稚園や保育園の年長もしくは小学1年生のときにサッカー選手を始めた選手が最も多かった。250名なので全体の22.94%に相当する。

2番目に多かったのは5才(年中-年長)で199名となる。全体の18.26%に相当する。3番目に多かったのは7才(小1-小2)で175名。全体の16.06%に相当する。結局、5才~7才の時期にサッカーを始めたのは全部で624名。全体の57.25%に相当する。幼稚園や保育園の年長や小学校の低学年あたりにサッカーを始めた選手がやはり多くなる。その他の年齢はいずれも10%未満。5才・6才・7才に集中している。

回答が得られたのは1090名だったが、最年少は0才。大分のCBのDF刀根が「0才」と回答している。1才と回答したのも1人だけ。ごましおというニックネームのMF本間(新潟)になる。「ほんましおん」と「ごましお」は響き的には似ている。2才となると一気に増えて11名。52才になったFW三浦知(横浜FC)は「2才頃」と回答している。他には若手のMF中島元(C大阪)やMF椿(横浜FM)などが「2才」と回答している。


【J3】 「面白いサッカー」をしているチームはどこだ? | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ 若手中心の補強を行ったチームが目立つ。

J3のクラブはオフに若手中心の補強を行ったチームが多かった。FW森島康やMF谷澤やMF成岡やMF松岡亮などJリーグ経験の豊富な選手をたくさん獲得した藤枝MYFCは例外中の例外である。小林監督を招聘した北九州、横山監督を招聘した長野、間瀬監督になって2年目となる秋田などが若手中心の補強を行ったが、このあたりのチームは開幕戦からたくさんの若手を先発起用。フレッシュなスタメンになった。

ベテラン選手よりも若手選手の方がノビシロが大きいケースがほとんどである。若手がたくさんスタメンに名を連ねるチームは期待感が膨らむが2017年のJ3王者の秋田はMF堀研太、MF和田昌、MF藤沼、DF沖野、DF中島大といった若手を積極的に起用。19才のFW坪井も前半途中に負傷したFW林容平に代わって途中出場を果たすなど思い切った選手起用を見せた。ドロー発進だったがまずまずのスタートを切った。

杉山監督のときは手堅いサッカーでしぶとく勝ち点を積み上げた。中堅世代で経験のある選手を中心に安定した戦いを見せたが群馬との開幕戦は良くも悪くも秋田らしくないサッカーだった。高卒2年目の19才のMF堀研太や22才のDF沖野などが積極的にドリブルで仕掛けてチャンスを作ろうとした。積極的なプレーが裏目に出るシーンは少なくなかったが若い選手のハツラツとしたプレーが印象に残る開幕戦になった。

今シーズンの秋田が目標であるJ2昇格を達成できるのか?は分からないが観ていて面白いチームになる可能性は高い。特に目立ったのは右SBで起用されたDF沖野だった。C大阪U-23では主力の右SBとして活躍したがマイボールの時は中央に入っていてゲームメイクを手伝った。「シティ・スタイル」と言われるJリーグで流行しつつあるやり方になるが「新生・秋田の戦術的なキーマン」になっている。


【J2】 2019年の残留争いに絡んでくるのはどこだろうか?~未勝利なのは4チームのみ~ | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ 未勝利なのは4チームのみ

J2はFC琉球と水戸と柏が開幕3連勝。好スタートを切った。2勝1分けの甲府と京都もいいスタートを切ったと言えるだろう。2勝1敗の山形とFC岐阜もいいスタートと言えるがその一方で3試合を終えて未勝利なのは金沢・福岡・栃木SC・千葉の4チームとなった。4チームとも0勝2敗1分け。3試合を終えた時点でわずか勝ち点「1」と苦しんでいる。残りの18チームはすでに今シーズン初勝利を手に入れていることになる。

長いシーズンの「3/42」が終わった段階とは言っても開幕から未勝利の時期が続くと落ち着かない。シーズン中に3試合や4試合ほど勝利から遠ざかることは全く珍しい話ではないが開幕から未勝利が続くと精神的には不安定になる。金沢・福岡・栃木SC・千葉の4チームは1日でも早く初勝利を手にしたいがそろそろ周囲が「あのチームはまだ未勝利だ。」と騒がしくなってくる頃である。より大きなプレッシャーがかかる。

今シーズンのJ2は残留争いの予想が難しかった。近年、残留争いに巻き込まれることが多かった熊本と讃岐がJ3に降格。群馬は引き続いてJ3に所属することになった。昇格組のFC琉球と鹿児島はいずれもオフに監督が交代したので未知数な部分は多かったが力のある選手が少なくないのは開幕前の時点から明らかだった。それ故、「このチームは確実に残留争いに巻き込まれる。」と断言できるチームは無かった。


【日本代表】 初招集されたFW鈴木武蔵(コンサドーレ札幌)への不安と期待 | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ キリンチャレンジカップのメンバーが発表

3月下旬に行われるキリンチャレンジカップのコロンビア戦とボリビア戦に向けた日本代表メンバー23名が3月14日(木)に発表された。「アジア杯という大きな大会が終了して一区切りが付いたこと」、「1月に長期間に渡って拘束した欧州組は招集しにくいこと」の2点の理由からメンバーが大きく変更になることは十分に予想されていたがアジア杯から引き続いて選出されたのは10名のみ。13名が入れ替わる形になった。

怪我等の影響もあってW杯以降はメンバーから外れていたMF香川(ベシクタシュ)とDF昌子(トゥールーズ)の2人が満を持して選出されたのがまず目に付く。また、ベルギーリーグでゴールを量産しているFW鎌田(シントトロイデン)がフル代表に初招集されて、横浜FMの主力として活躍しているCBのDF畠中(横浜FM)と右SBのDF安西(鹿島)という東京Vユースの同級生コンビが揃って初招集されたのも興味深い話になる。

さらにMF山口蛍(神戸)やDF西大伍(神戸)といった経験のある選手が復帰して、アジア杯は怪我のため棒に振ったMF守田(川崎F)とMF中島翔(アルドゥハイル)も代表に戻ってきた。怪我等の影響もあってFW大迫(ブレーメン)、DF長友(ガラタサライ)、MF青山敏(広島)、FW北川航(清水)、GK権田(ポルティモネンセ)などが外れているが、今回のキリンチャレンジカップに選出された23名はなかなかの豪華メンバーである。


【J2】 2019年の昇格争いに絡んでくるのはどこだろうか?~開幕3連勝は3チームのみ~ | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ 開幕3連勝を飾ったFC琉球

J2は3節が終了したが昇格組のFC琉球が開幕3連勝。得失点差「+5」で首位に立っている。最高のスタートを切ったが2節のアウェイで大宮を下した試合のインパクトは大きかった。新加入のFW鈴木孝が3試合連続ゴールを決めるなど計5ゴール。量産体制に入っている。攻撃の中心となるMF中川風は2節の大宮戦(A)で3アシストを記録するなど3試合で計4アシスト。初挑戦となるJ2の舞台でも技術の高さが目立っている。

「3試合で9ゴールを奪っているFC琉球の勢いがどこまで続くのか?」が序盤戦のJ2の最大の注目点になるだろう。オフにGK朴一圭、MF富樫、MF枝本、DF瀧澤などが流出。J2やJ3で実績のある選手をたくさん獲得したものの未知数な部分は多かった。どちらかというと下位候補に挙げる人が多かった中で開幕3連勝。勢いに乗り始めている。MF上里、DF岡崎亮、GKカルバハルなどの活躍もここまでは目立っている。

水戸も同じく開幕3連勝。好スタートを切った。こちらもオフにFW伊藤涼、FWジェフェルソン・バイアーノ、MF小島幹、DF田向、DFジエゴなどが退団。戦力ダウンは否めなかったので「下位候補の1つ」に挙げられていたが開幕3試合で勝ち点「9」を獲得。3試合で5得点を奪っているが未だに失点はゼロ。GK松井を中心とした守備陣が奮闘している。3試合を終えて未だに無失点なのはJ2の中では水戸のみとなる。

DF田向とDFジエゴが抜けた守備陣に対しても不安の声は大きかったが大卒2年目のDFンドカ・ボニフェイスが定位置を確保。圧倒的な身体能力を生かして最終ラインで絶大な存在感を発揮している。昨シーズンも若手中心のチーム編成だったが今シーズンもFW黒川、MF茂木駿、MF前寛之、DFンドカ・ボニフェイスなど22才前後の選手が中心におさまっている。前評判は低かったがサプライズを起こしている。


【Jリーグ】 飛躍のシーズンになりそうな選手 (ベスト20) (エクストラ) (後編) | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

10位 : MF 池谷友喜 (カマタマーレ讃岐)

→ 父親は熊本で監督や社長を務めた池谷氏。大卒で熊本に加入したがわずか1年で熊本との契約は満了となった。驚きの出来事だったが新天地の讃岐で開幕スタメンをゲットした。讃岐の新監督の上村監督は恩師に当たる。豊富な運動量を駆使した開幕の岩手戦は大きな存在感を発揮した。熊本では2試合の出場にとどまったが中盤の層が厚くない讃岐で開花しそうな雰囲気を醸し出している。



09位 : MF 新井山祥智 (ヴァンラーレ八戸)

→ 「ミスター・ヴァンラーレ」と言われるMF新井山はチームの顔になる。加入して12年目の最古参プレーヤーになるがついにJリーグでプレーするチャンスを得た。開幕のG大阪U-23戦(A)では33才にしてJリーグデビューを飾ったが2点目のゴールをアシストするなど随所に光るプレーを見せた。2008年に八戸に加入しているが当時の所属は東北2部北。JFLでは139試合で9ゴール。八戸のバンディエラである。



08位 : DF 沖野将基 (ブラウブリッツ秋田)

→ C大阪U-23では主力の右SBとして活躍してきたがオフに秋田に完全移籍となった。J3では通算すると78試合に出場しているのでJ3での経験値は豊富。攻撃力の高い右SBとして期待を集めていたが群馬との開幕戦では沢山プレーに絡んだ。DF沖野のところが攻撃の起点になる場面は多かった。軽率なミスも少なくなかったが新生・秋田が取り組んでいる新しいサッカーの戦術上のキーマンになっている。


【Jリーグ】 飛躍のシーズンになりそうな選手 (ベスト20) (エクストラ) (前編) | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

20位 : FW 岡佳樹 (アスルクラロ沼津)

→ 185センチとサイズに恵まれた大型フォワード。松本山雅からの期限付き移籍の期間を延長して今シーズンも沼津でプレーすることになったがC大阪U-23との開幕戦でゴールゲット。幸先のいいスタートを切った。サイズがあって身体能力も高いが不足しているものも少なくない。粗削りな選手であるが試合経験を積んで成長したい。開幕戦で決めたゴールはヒールで合わせたおしゃれなシュートだった。



19位 : MF 池田昌生 (福島ユナイテッド)

→ 東山高出身でプロ2年目。2018年は主に途中出場で32試合に出場。3ゴールを記録した。スピードに乗った仕掛けは魅力いっぱい。昨シーズンはスーパーサブ的な立ち位置だったが今シーズンは開幕スタメンをゲット。飛躍のシーズンになる可能性が高まっている。藤枝MYFCとの開幕戦では右SHの位置でスタメン起用されたがゴールやアシストといった結果が求められるポジションである。結果を残したい。



18位 : DF 新井博人 (ギラヴァンツ北九州)

→ 明治学院大出身の大卒ルーキー。左SBの位置でスタメン出場を果たしたが高い攻撃力をいかんなく発揮してチームの勝利に大きく貢献した。後半38分にはゴールやや右寄りの絶好の位置からFKのキッカーを任されると狙いすましたシュートが際どいところに飛んで行ったが惜しくもバー直撃。Jリーグ初ゴールとはならなかったが見せ場を作った。大卒ルーキートリオは若返った北九州の目玉の1つである。


【J3】 「前評判よりも良さそうなチーム」をいくつか挙げてみた。 (下) | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ 降格組の熊本はドロー発進

「優勝候補の筆頭」とも言われる降格組の熊本はホームのえがお健康スタジアムで長野と対戦したが死闘の末に2対2のドロー。勝ち点「1」にとどまった。ただ、2度、リードを許す展開になったことを考えると「2度、追いついて負けなかったこと」は評価できる。新・エース候補のFW原一樹はいきなり2ゴールの活躍。勝ち越しゴールを許した直後の後半43分に値千金の同点ゴールを決めて敗戦の危機から救った。

後半6分に先制ゴールを許す苦しい展開になったが後半10分に新加入のFW三島康を投入すると流れは大きく変わった。それまでの時間帯はなかなか攻撃の形を作れていなかったが空中戦には絶対的強さを誇るFW三島康の高さをシンプルに活用するサッカーに切り替えるとたくさんのチャンスシーンを作れるようになった。ともにベテランと言えるFW原一樹とFW三島康の2トップは「J3屈指」と言えるだろう。

FW三島康の空中戦の強さは水戸時代に証明済みなので「J3でも大きな存在感を発揮するだろう。」ということは十分に予想できたがここまで威力を発揮するとは思わなかった。マッチアップする機会が多かった長野のCBのDF池田は184センチの長身。跳躍力もあるので「J3のCBの中では空中戦に強い選手」と言えるがDF池田を相手にしても60%くらいの確率でFW三島康が空中戦で勝利した。圧巻の強さだった。

J2昇格のためには勝たないといけない。勝つためにはゴールが必要になってくるが今シーズンの熊本は中盤がやや弱い。繋ぐサッカーではなかなかチャンスを作れないと思うが割り切ってFW三島康の高さを活用するサッカーを実行したら1試合の中で何度もチャンスは作れるだろう。FW三島康が投入された後の熊本の攻撃は迫力があった。想像していた以上にFW三島康の高さは熊本の武器になるだろう。


【J3】 「前評判よりも良さそうなチーム」をいくつか挙げてみた。 (上) | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ 3月9日(土)にJ3がいよいよ開幕

J1とJ2の開幕から約2週間遅れでJ3が開幕を迎えた。3月9日(土)に行われた藤枝MYFC vs 福島で幕を開けたが今シーズンは18チームによる2回戦総当たり方式のリーグ戦になる。JFLからヴァンラーレ八戸がJ3に昇格してきたのでチーム数は「18」。過去最多となる。昨シーズンまでは17チーム制だったので、必ず、1チームはお休みのチームが出てきた。消化試合数はバラバラだった順位表も分かりやすくなるだろう。

熊本と讃岐がJ3に降格してきたがJ3の全体的なレベルは年々上がっている。2014年や2015年あたりと比べると上位と下位の差が小さくなっており、「このチームは確実に上位争いに参加する。」と言い切れるチームは1つも存在しない。その反対で「このチームは確実に下位争いに巻き込まれるだろう。」と言い切れるチームも1つも存在しない。大半のクラブは上位進出の可能性もあるし、下位に沈む可能性もある。

開幕節を終えた時点で「前評判よりも良さそうなチーム」を考えたときに真っ先に挙げたいの北九州になる。昨シーズンはまさかの最下位。クラブ史上最低のシーズンになったが百戦錬磨の小林監督を招聘できたことは数少ないポジティブなニュースだった。大きな権限が与えられているので小林監督を中心に立て直しを図るシーズンになるが開幕戦はホームでFC東京U-23に2対0で勝利。好スタートを切った。

FC東京U-23はFWユ・インスとMFアルトゥール・シルバとGK児玉をスタメンで起用してきた。他にもFW原大智やDF岡崎慎やMF品田やMFナッタウットなどがスタメンで起用されたのでかなりの豪華メンバーだったが期待の新戦力のFWディサロ・燦・シルヴァーノが前半10分に先制ゴールをゲットすると後半42分には同じく新戦力のMF國分が決めて追加点を奪った。小林監督は北九州での初戦を勝利で飾った。


<前のページ 次のページ>


| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2018) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!



Since 2007/4/30



最近のエントリー (100記事)


03月18日
全エントリーの一覧 (2011年-2019年)


03月18日
【水戸ホーリーホック×ジェフ千葉】 FW浅野拓磨(兄)とMF浅野雄也(弟)の違いはどこか?

03月18日
【日本代表】 森保JAPANのメンバーは誰がベストなのか?を考える。 (フォワード編)

03月18日
【ファジアーノ岡山×アビスパ福岡】 新加入のFWヤン・ドンヒョンは救世主になれるか?

03月18日
【日本代表】 森保JAPANのメンバーは誰がベストなのか?を考える。 (アタッカー編)

03月17日
【日本代表】 10番を背負うべきはMF香川真司ではなくてMF中島翔哉だろう。

03月17日
【日本代表】 森保JAPANのメンバーは誰がベストなのか?を考える。 (ボランチ編)

03月17日
【日本代表】 森保JAPANのメンバーは誰がベストなのか?を考える。 (左SB編)

03月16日
【Jリーグ】 名波浩監督(ジュビロ磐田)の早期の退任や解任はあり得ない理由

03月16日
【日本代表】 森保JAPANのメンバーは誰がベストなのか?を考える。 (CB編)

03月16日
【日本代表】 森保JAPANのメンバーは誰がベストなのか?を考える。 (右SB編)

03月15日
【Jリーグ】 衝撃度の大きいMF中川風希(FC琉球→横浜Fマリノス)の移籍

03月15日
Jリーガーがサッカーを始めた年齢について~9歳以下が全体の88.9%、12歳以上は2.75%~

03月15日
【J3】 「面白いサッカー」をしているチームはどこだ?

03月14日
【J2】 2019年の残留争いに絡んでくるのはどこだろうか?~未勝利なのは4チームのみ~

03月14日
【日本代表】 初招集されたFW鈴木武蔵(コンサドーレ札幌)への不安と期待

03月13日
【J2】 2019年の昇格争いに絡んでくるのはどこだろうか?~開幕3連勝は3チームのみ~

03月13日
【Jリーグ】 飛躍のシーズンになりそうな選手 (ベスト20) (エクストラ) (後編)

03月13日
【Jリーグ】 飛躍のシーズンになりそうな選手 (ベスト20) (エクストラ) (前編)

03月13日
【J3】 「前評判よりも良さそうなチーム」をいくつか挙げてみた。 (下)

03月12日
【J3】 「前評判よりも良さそうなチーム」をいくつか挙げてみた。 (上)

03月12日
【J2】 続・ジェフ千葉のエスナイデル監督は続投すべきか?解任すべきか?

03月12日
【Jリーグ】 飛躍のシーズンになりそうな選手 (ベスト20) (フォワード編) (後編)

03月11日
【Jリーグ】 飛躍のシーズンになりそうな選手 (ベスト20) (フォワード編) (前編)

03月11日
【Jリーグ】 飛躍のシーズンになりそうな選手 (ベスト20) (アタッカー編) (後編)

03月11日
【Jリーグ】 飛躍のシーズンになりそうな選手 (ベスト20) (アタッカー編) (前編)

03月11日
【Jリーグ】 飛躍のシーズンになりそうな選手 (ベスト10) (ボランチ編)

03月10日
【Jリーグ】 飛躍のシーズンになりそうな選手 (ベスト10) (左SB/WB編)

03月10日
【Jリーグ】 飛躍のシーズンになりそうな選手 (ベスト10) (CB編)

03月10日
【Jリーグ】 飛躍のシーズンになりそうな選手 (ベスト10) (右SB/WB編)

03月10日
【Jリーグ】 飛躍のシーズンになりそうな選手 (ベスト10) (キーパー編)

03月09日
【ACL】 サンフレッチェ広島の選手起用は批判されるべきものではない。 (vs 広州恒大)

03月09日
【J1】 「面白いサッカー」をしているチームはどこだ? (後編)

03月09日
【J1】 「面白いサッカー」をしているチームはどこだ? (前編)

03月08日
【Jリーグ】 ジェフ千葉のサポーターに言いたいこと (GK山田元気(レノファ山口)の件)

03月08日
【2024年】 パリ世代の有望な日本人選手 (01位-10位) (2019年版)

03月08日
【J3】 2019年シーズンの展望 ~ロアッソ熊本・ザスパクサツ群馬・ブラウブリッツ秋田・カターレ富山などが中心か?~

03月07日
【2024年】 パリ世代の有望な日本人選手 (11位-20位) (2019年版)

03月07日
【J2】 「面白いサッカー」を見せているチームはどこだ? (後編)

03月07日
【J2】 「面白いサッカー」を見せているチームはどこだ? (前編)

03月06日
【J2】 2試合を終えた時点でのクラブ別の評価 (レノファ山口・徳島ヴォルティス・愛媛FC)

03月06日
【J2】 2試合を終えた時点でのクラブ別の評価 (FC岐阜・京都サンガ・ファジアーノ岡山)

03月06日
【川崎フロンターレ×鹿島アントラーズ】 38才のMF中村憲剛は化け物か?

03月06日
【J2】 2試合を終えた時点でのクラブ別の評価 (ヴァンフォーレ甲府・アルビレックス新潟・ツエーゲン金沢)

03月05日
【高校サッカー】 FW西川潤(桐光学園高)のセレッソ大阪への加入内定について

03月05日
【J2】 2試合を終えた時点でのクラブ別の評価 (東京ヴェルディ・町田ゼルビア・横浜FC)

03月05日
【J2】 2試合を終えた時点でのクラブ別の評価 (大宮アルディージャ・ジェフ千葉・柏レイソル)

03月05日
【J2】 2試合を終えた時点でのクラブ別の評価 (モンテディオ山形・水戸ホーリーホック・栃木SC)

03月04日
【徳島ヴォルティス×FC岐阜】 新・エース候補のMF清武功暉

03月04日
【ジェフ千葉×アルビレックス新潟】 クレバーなMF戸嶋祥郎

03月04日
【J1】 開幕節の9試合の観客動員数がなかなか多かった件

03月03日
【J1】 サガン鳥栖のカレーラス監督の早期の解任はあり得るのか?

03月03日
【ヴィッセル神戸×サガン鳥栖】 ついに生まれたFWダビド・ビジャのJリーグ初ゴール

03月03日
【J2】 ヴァンフォーレ甲府の開幕戦のスタメン11人の平均年齢が高すぎる。

03月02日
【J1】 18クラブの中で「前評判よりも良さそうなチーム」をいくつか挙げてみた。 (下)

03月02日
【J1】 18クラブの中で「前評判よりも良さそうなチーム」をいくつか挙げてみた。 (上)

03月01日
【セレッソ大阪×ヴィッセル神戸】 42,221人を動員した試合。ヒーローは伏兵のDF山下達也。

03月01日
【Jリーグ】 今年の大卒ルーキーの中で有望な選手は誰だろうか? (後編)

03月01日
【Jリーグ】 今年の大卒ルーキーの中で有望な選手は誰だろうか? (前編)

  02月28日
【J2】 開幕節の11試合の観客動員数が多かった件

02月28日
【J2】 22クラブの中で「前評判よりもヤバそうなチーム」をいくつか挙げてみた。

02月27日
【J2】 22クラブの中で「前評判よりも良さそうなチーム」をいくつか挙げてみた。 (下)

02月27日
【J2】 22クラブの中で「前評判よりも良さそうなチーム」をいくつか挙げてみた。 (上)

02月27日
【愛媛FC×ジェフ千葉】 五輪代表のMF長沼洋一はブレイクのシーズンになるか?

02月27日
【ファジアーノ岡山×水戸ホーリーホック】 未知なる可能性を秘めたDFンドカ・ボニフェイス

02月26日
【レノファ山口×柏レイソル】 新戦力のMFヒシャルジソンは大当たりか?

02月26日
【栃木SC×ツエーゲン金沢】 元韓国代表のGKユ・ヒョンは救世主になれるか?

02月26日
【町田ゼルビア×東京ヴェルディ】 新エース候補のFW富樫敬真はゴールを量産できるか?

02月26日
【京都サンガ×アルビレックス新潟】 173センチのCBのDF新井直人(新潟経営大出身)とは何者だ?

02月25日
【Jリーグ】 DAZNのスタメン表記が見にくくなった件について

02月25日
【FC岐阜×モンテディオ山形】 MF風間宏矢が2ゴールの活躍。J2のダークホースが好発進。

02月25日
【FC琉球×アビスパ福岡】 理想とする3対1での勝利。新エースのFW鈴木孝司が2ゴール活躍。

02月25日
【鹿児島ユナイテッド×徳島ヴォルティス】 乱戦を制してのJ2初勝利。ヒーローはMF中原秀人。

02月24日
【日本代表】 見苦しいハリルホジッチ監督 (泥沼の裁判)

02月24日
【Jリーグ選抜×日本高校サッカー選抜】 190センチのFW櫻川ソロモン(ジェフ千葉U-18)

02月24日
【J2】 2019年の順位予想の集計結果~1:柏、2:大宮、3:長崎、4:甲府、5:横浜FC、6:新潟、7:徳島、8:福岡、9:町田、10:東京V、11:山口~

02月24日
【J1】 2019年の順位予想の集計結果~1:川崎F、2:浦和、3:鹿島、4:G大阪、5:神戸、6:札幌、7:清水、8:名古屋、9:FC東京、10:横浜FM、11:C大阪~

02月23日
【J1】 2019年にあなたが注目するクラブはどこですか? (1位-18位)

02月23日
【J2】 2019年にあなたが注目するクラブはどこですか? (1位-22位)

02月23日
【J2】 2019年にブレイクすると思う若手は誰ですか? (1位-30位)

02月22日
【J1】 2019年にブレイクすると思う若手は誰ですか? (1位-30位)

02月22日
【J2】 開幕直前の2019年の大展望 ~昇格争いは3強が中心か?~



公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----チャナティップ (8)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----庄司悦大 (22)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----岩波拓也 (20)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (25)
 -----李忠成 (23)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----江坂任 (9)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----小泉慶 (12)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----齋藤学 (30)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----中澤佑二 (19)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----表原玄太 (13)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 -----立田悠悟 (9)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----カミンスキー (16)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (38)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----片山瑛一 (11)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (18)
 -----山口蛍 (55)
 -----山村和也 (22)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----城福浩 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)
 -----吉田豊 (10)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----鈴木武蔵 (20)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (69)
 -----石崎信弘 (19)
 -----中村駿太 (9)
 -----坂井達弥 (9)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 ├栃木SC (32)
 -----大黒将志 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----大前元紀 (15)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----林陵平 (11)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (21)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----松井大輔 (12)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----永井龍 (21)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----安田理大 (31)
 ├ツエーゲン金沢 (16)
 -----清原翔平 (13)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (16)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----喜山康平 (8)
 -----齊藤和樹 (16)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----高木大輔 (20)
 -----丸岡満 (11)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 -----森本貴幸 (12)
 ├ロアッソ熊本 (74)
 -----上村周平 (10)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)
 -----宮阪政樹 (18)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (8)
 ├ブラウブリッツ秋田 (28)
 -----中村亮太 (9)
 -----藤田祥史 (11)
 ├福島ユナイテッド (12)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----風間宏希 (15)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----平繁龍一 (12)
 -----松下裕樹 (9)
 ├Y.S.C.C.横浜 (6)
 -----後藤京介 (6)
 ├SC相模原 (6)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├長野パルセイロ (18)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├藤枝MYFC (9)
 ├アスルクラロ沼津 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (16)
 -----森岡隆三 (14)
 -----加藤潤也 (6)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 ├鹿児島ユナイテッド (8)
 -----藤澤典隆 (10)
 ├FC琉球 (17)
 -----播戸竜二 (14)
 ├FC東京U-23 (0)
 -----久保建英 (8)
 ├ガンバ大阪U-23 (8)
 ├セレッソ大阪U-23 (7)
 -----喜田陽 (8)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)