サッカーコラム J3 Plus+ 

J1・J2・J3・日本代表などを幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |






最近のエントリー (20記事)

 2020/06/29 【ロアッソ熊本×鹿児島ユナイテッド】 今年のロアッソ熊本には期待できるか?否か?
 2020/06/29 【京都サンガ×ジュビロ磐田】 新・スタジアムでの初戦。FWピーター・ウタカは驚異だった。
 2020/06/30 【ヴァンフォーレ甲府×アルビレックス新潟】 覚醒しつつある24歳のストライカーのFW渡邉新太
 2020/06/30 【岡山×山口】 新外国人のFWイウリ(レノファ山口)はかなり凄そうだ。
 2020/06/30 【岩手×秋田】 「Jリーグ最速」と言っても過言ではないFW齋藤恵太のスピード
 2020/07/01 【金沢×松本山雅】 侮りがたい今シーズンの松本山雅
 2020/07/01 【群馬×水戸】 大卒ルーキーのMF松崎快(大宮ユース出身)という選手は面白い。
 2020/07/01 【J2】 22クラブの中で 「良さげなチーム」はどこだろうか? (前編)
 2020/07/02 【J2】 22クラブの中で 「良さげなチーム」はどこだろうか? (後編)
 2020/07/02 【FC岐阜×FC今治】 元・日本代表のDF駒野友一(38歳)の右足は健在。
 2020/07/02 【J2】 22クラブの中で 「ヤバそうなチーム」はどこだろうか?
 2020/07/03 【富山×長野】 新しい時代に突入したヤング・パルセイロ
 2020/07/03 【福島×八戸】 ブレイクなるか!?ナイジェリア人のFWイスマイラ。
 2020/07/03 【山形×栃木SC】 誰がMF坂元達裕(セレッソ大阪)の穴を埋めるか?最有力候補はMF渡邊凌磨。
 2020/07/04 【J3】 18クラブの中で 「良さげなチーム」はどこだろうか? (1節が終了)
 2020/07/04 【讃岐×G大阪U-23】 11試合で10ゴール!!!17歳のFW唐山翔自が凄すぎる!!!
 2020/07/04 【SC相模原×Y.S.C.C.横浜】 鮮烈なデビューを飾った19歳のMF松田詠太郎(横浜FMユース出身)
 2020/07/05 【大分×鳥栖】 MF田中達也が途中出場で2ゴール。GK高木駿の活躍も目立つ。
 2020/07/05 【川崎F×鹿島】 衰えを隠しきれなくなってきた32歳のDF内田篤人
 2020/07/06 【FC今治×熊本】 神奈川県2部からJリーグへ・・・。異例の大出世を果たしたMF相澤祥太。
 2020/07/06 【磐田×岡山】 神がかり的な活躍を見せたGKポープ・ウィリアム。ドローに大貢献。
 2020/07/06 【清水×名古屋】 新型コロナから復帰。GKランゲラックは好セーブで勝利に貢献。


最近のYouTubeへの投稿 (15動画)

 2020/05/31 【Jリーグ】 若手育成力の高いクラブ (1位-10位)  → 再生数:10,296回
 2020/06/04 【J2】 2020年の順位予想をしてみた。 (上位グループ編)  → 再生数:11,484回
 2020/06/06 【Jリーグ】 新外国人選手の発掘が上手なクラブ (1位-10位)  → 再生数:16,303回
 2020/06/07 【J2】 2020年の順位予想をしてみた。 (下位グループ編)  → 再生数:10,673回
 2020/06/09 【Jリーグ】 次にJ1童貞を卒業しそうなクラブ (1位-10位)  → 再生数:8,173回
 2020/06/10 【Jリーグ】 サッカーファンから高評価されている主審 (1位-10位)  → 再生数:2,268回
 2020/06/12 【J1】 ブレイク期待の若手Jリーガー (11位-20位) (2020年版)  → 再生数:2,415回
 2020/06/13 【J1】 ブレイク期待の若手Jリーガー (1位-10位) (2020年版)  → 再生数:4,200回
 2020/06/15 【J1】 2020年の順位予想をしてみた。 (下位グループ編)  → 再生数:11,064回
 2020/06/18 【Jリーグ】 「応援がカッコイイ」と思うクラブ (1位-10位)  → 再生数:5,282回
 2020/06/20 【Jリーグ】 2020年のJ1の順位予想をしてみた。 (中位グループ編)  → 再生数:4,069回
 2020/06/21 【サッカーファンが選ぶ】 2020年にブレイク期待のJ2の若手プレーヤー (11位~20位)  → 再生数:3,499回
 2020/06/24 【J3】 2020年の順位予想をしてみた。 (開幕直前!!!)  → 再生数:6,646回
 2020/07/02 【Jリーグ】 2020年のJ1の順位予想をしてみた。 (上位グループ編)  → 再生数:243回
 2020/07/04 【J2】 2020年の2節のベストイレブンを選んでみた。  → 再生数:13回
 2020/07/04 【お知らせ】 ユーチューブ(サッカーコラム J3 Plus チャンネル)を始めました。


お勧めしたいエントリー (15記事)

【採点】 vs オーストラリア戦 (受付中_18名) | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ 採点を募集します

6月4日(火)に日本代表とオーストラリア代表の試合が行われます。2月6日のラトビア戦、3月22日のカナダ戦、3月26日のヨルダン戦、5月30日のブルガリア戦のときも、「日本代表の選手(スタメン11人+途中出場)の採点を募集する。」という企画を行いましたが、今回の試合戦も、採点&寸評を募集したいと思います。興味のある方は参加してみてください。

 2013/02/06  【採点】 vs ラトビア戦
 2013/03/23  【採点】 vs カナダ戦
 2013/03/26  【採点】 vs ヨルダン戦
 2013/05/30  【採点】 vs ブルガリア戦




以下でお願いします。

 ・10点満点で採点してください。
 ・普通の出来だった場合は、「5.5~6.0」としてください。
 ・点数は、0.5刻みでお願いします。
 ・日本代表の選手(スタメン11人+途中出場)全員を採点してください。
 ・出場時間が短い選手は「採点なし」でもOKです。
 ・点数の理由も合わせて、お書きください。

※ たくさんの採点が集まった方が、比較ができて面白いと思うので、是非とも参加してみてください。
※ 投稿は下のフォーム(↓)からお願いします。



http://form1.fc2.com/form/?id=827570 (採点用フォーム)






質問事項

(1) ハンドル名
(2) 年代
(3) 性別
(4) 地域
(5) オーストラリア戦の採点をして、その横に理由を記述してください。
(6) 試合の感想等があればお書きください。(省略可)
(7) 日本代表に招集して欲しい選手がいれば記述してください。(省略可)

上の(5)のところで、記述方法がバラバラになると読みにくくなるので、できるだけ、以下のフォーマットを利用してください。(ポジション+フルネーム+点数+理由)

<スタメン>

GK 川島永嗣 点数 → 理由
MF 内田篤人 点数 → 理由
DF 吉田麻也 点数 → 理由
DF 今野泰幸 点数 → 理由
DF 長友佑都 点数 → 理由
MF 長谷部誠 点数 → 理由
MF 遠藤保仁 点数 → 理由
MF 岡崎慎司 点数 → 理由
MF 本田圭佑 点数 → 理由
MF 香川真司 点数 → 理由
FW 前田遼一 点数 → 理由

<途中出場>

DF 栗原勇蔵 点数 → 理由
FW ハーフナー・マイク 点数 → 理由
MF 清武弘嗣 点数 → 理由

※ たくさんの採点が集まった方が、比較ができて面白いと思うので、是非とも参加してみてください。



★ 現在の投票数・・・202票
   → 選択肢から1つを選んで、左下の「投票する」をクリックしてください。
   → 「コメント」のところは何も書かなくてもOKです。(投票可能です。)
   → 「性別」、「年齢」、「地域」の欄はそのままでもOKです。(投票可能です。)




 #1 gouyaさん

【 ハンドル名 】:gouya
【 年 代 】:20〜29歳
【 性 別 】:男性
【 地 域 】:東海
【 オーストラリア戦の採点をして、その横に理由を記述してください。(スタメン11人+途中出場) 】:
GK 川島永嗣 点数6→ あの失点は防ぎにくいと思う。むしろ1対1を防いだのでよいのではないかと。

MF 内田篤人 点数6→ 攻撃面では???だが、守備で貢献したのではないかと。

DF 吉田麻也 点数5.5→ 可もなく不可もなく。

DF 今野泰幸 点数6→ 守備面での貢献。

DF 長友佑都 点数6.5→ 攻守両面でよく走っていた。贅沢をいえば決めてほしかったが。

MF 長谷部誠 点数7→ 前半に1枚カードをもらいながらも積極的な守備。

MF 遠藤保仁 点数4.5→ 光るプレーもあったとは思うが、積極性がやや裏目に出たような気が。

MF 岡崎慎司 点数6.5→ 攻撃はそれなり、守備面の貢献多々。

FW 本田圭佑 点数7.5→ やはり何か持っているのだろうか。これまでの
ミスなどを帳消しにするPK一閃。

FW 香川真司 点数5.5→ あのシュートはセーブしたシュヴォーツァーをほめるべき。

FW 前田遼一 点数4→ 申し訳ないが、今の状態が続くのであれば召集は考えたほうがよい。

<途中出場>

DF 栗原勇蔵 点数5→ 可もなく不可もなく。

FW ハーフナー・マイク 点数4.5→ 高さ生かせず。

MF 清武弘嗣 点数?→ 時間が短くて評価しづらいです。

【 試合の感想等があればお書きください。(省略可) 】:

ザッケローニ監督就任以来初めて、交代選手に疑問符を感じました。
正直、ハーフナーよりは乾に賭けてみてもいいのでは?と。

【 日本代表に招集して欲しい選手がいれば記述してください。(省略可) 】:

佐藤寿人選手。



 #2 ながさん

【 ハンドル名 】:なが
【 年 代 】:30〜39歳
【 性 別 】:男性
【 地 域 】:近畿
【 オーストラリア戦の採点をして、その横に理由を記述してください。(スタメン11人+途中出場) 】:

GK 川島永嗣 6 → 2,3回あった決定機を防いだことは評価できる。失点シーンは不運。
MF 内田篤人 6 → 守備力が高くなったことがよくわかる試合だった。
DF 吉田麻也 6 → 1シーズンプレミアリーグでプレイしてレベルが上がった様です。カバーリングがうまくなればもっといい。
DF 今野泰幸 7.5 → ケーヒルに仕事をさせず。最高の出来。途中で2回ポジションチェンジしたが、采配ミス。
DF 長友佑都 5.5 → 攻撃では何度かいいプレイが出来たが、もっと出来ると思う。
MF 長谷部誠 6 → ボランチとしてのカバーリングは良くやったが攻撃に関してはもっと頑張ってほしい。
MF 遠藤保仁 6 → パスの精度は素晴らしい。惜しいシュートが2度ほどあったが、守備ではスピード不足。
MF 岡崎慎司 6 → 前からの守備力はすごい。点を取ってほしい。
FW 本田圭佑 6.5 → PKを決めたメンタルすごいが少し疲れていたよう。運度量が足りなかった
FW 香川真司 6.5 → 日本の攻撃で一番脅威だった。
FW 前田遼一 5.5 → 評価が難しい。

<途中出場>

DF 栗原勇蔵 5 → 投入直後に失点
FW ハーフナー・マイク なし
MF 清武弘嗣 なし

【 試合の感想等があればお書きください。(省略可) 】:

ワールドカップ出場を決めれてよかった

【 日本代表に招集して欲しい選手がいれば記述してください。(省略可) 】:

柿谷
大迫



 #3 あどみんさん

【 ハンドル名 】:あどみん
【 年 代 】:10〜19歳
【 性 別 】:男性
【 地 域 】:関東
【 オーストラリア戦の採点をして、その横に理由を記述してください。(スタメン11人+途中出場) 】:
<スタメン>

GK 川島永嗣 6.5 → よいセーブがあった、あのゴールはアンラッキー
MF 内田篤人 7.5 → 個人的にMVPを上げたい守備、攻撃とも良く体を張ったシュートセーブもみられた
DF 吉田麻也 7.5 → オーストリア相手にセットプレーで点を取られなかったのは素晴らしい
DF 今野泰幸 7.5 → 吉田と同じ
DF 長友佑都 6.5 → 悪くないが期待値が大きい分もの足りない
MF 長谷部誠 7.5 → 守備面でかなり効いていたと思う
MF 遠藤保仁 5.5 → 遠藤にボールが入るとスローダウンしてしまっていた、危ないボールロストもあった
MF 岡崎慎司 6.0 → コンディション面で難しい試合だがいつも通りこなしていた
FW 本田圭佑 8.0 → いろいろあったがPKを決めたことを評価
FW 香川真司 6.5 → いつも通り
FW 前田遼一 5.5 → 与えられた役割をこなしていたが全体的にもの足りない

W杯出場決定なので全体的に甘めに
勝ってきめて欲しかったorz

【 試合の感想等があればお書きください。(省略可) 】:

ここ何試合かで代表から得点の可能性があまり感じられない
しっかりと組織的に守ってくるチーム相手だと遅攻からの得点は厳しいと思う
今日のオーストラリア戦やブルガリア戦はほとんどのラストパスを跳ね返されていた

可能性のあるチャンスの数だったらオーストラリアのほうが多いんじゃないだろうか

組織で守れるチームや引いて守ってスペースができない相手に今の日本代表じゃ厳しいんじゃないか
W杯出場の喜びよりも危機感を強く感じた試合だった

【 日本代表に招集して欲しい選手がいれば記述してください。(省略可) 】:

今のメンバーに満足しているがこれからの試合を通してCBとボランチの育成に力を入れて欲しい



 #4 まかびさん

【 ハンドル名 】:まかび
【 年 代 】:40〜49歳
【 性 別 】:男性
【 地 域 】:海外
【 オーストラリア戦の採点をして、その横に理由を記述してください。(スタメン11人+途中出場) 】:
GK 川島永嗣 6.0 → 失点はやむなし
MF 内田篤人 6.0 → 失点に絡むもよく攻撃の起点となった
DF 吉田麻也 6.0 → よく守っていた
DF 今野泰幸 6.0 → 吉田との間を狙われるも無難に防ぐ
DF 長友佑都 5.5 → 攻め上がり自重気味ももう少し前に行ってほしい
MF 長谷部誠 5.5 → やや精細欠いた印象
MF 遠藤保仁 5.5 → らしくないパスミスも
MF 岡崎慎司 5.5 → 時差もあり仕方なし
FW 本田圭佑 6.5 → 大黒柱としての面目躍如も後半ややミス増えた
FW 香川真司 6.0 → エースらしい切れを見せたが点がほしい
FW 前田遼一 5.5 → コンディション不足

<途中出場>

DF 栗原勇蔵 6 → 3バックのCBとして無難な出来
FW ハーフナー・マイク - → 時間なく評価保留
MF 清武弘嗣 - → 同上

【 試合の感想等があればお書きください。(省略可) 】:

 最低限のノルマ達成も終了間際の失点でドタバタ感は否めず。交代によるフォーメーションの変更(栗原を投入し3-4-3にした?)も本田をCFに入れてその直後にハーフナーの投入と、やや混乱気味。それが功を奏してのPK獲得と言えなくもないのだが結果論の域を出ない。
 後のない豪州が負けないことを前提に試合を進めてきたとはいえ、2000年代の勢いが既にない凋落気味の相手でもあり、流れから点を取りガツンとやっておきたかった。

 総じてパスはよく回り本田と香川を中心に惜しいチャンスも少なくなかったが、ザックの言うインテンシティ、チームとしてのピッチ上での力強さ(dominate出来る強さであって、“回転数”では意味が通じないのでは)を示すことは出来なかったという印象。

 選手の見直し含め、今後1年の綿密な強化プランが本大会で飛躍できるか否かの鍵を握る。

【 日本代表に招集して欲しい選手がいれば記述してください。(省略可) 】:

大迫勇也 前田以外ではザックのイメージするCFに最も近いと思われるので試しておきたい。また、Jリーグを見ていないので具体的な選手名は出せないが、長身でスピードのある若いCB、遠藤・長谷部に代わるボランチの若手も1名ずつ加えられればベター



 #5 じじさん

【 ハンドル名 】:じじ
【 年 代 】:30〜39歳
【 性 別 】:男性
【 地 域 】:近畿
【 オーストラリア戦の採点をして、その横に理由を記述してください。(スタメン11人+途中出場) 】:

<スタメン>

GK 川島永嗣 6.0 → 失点シーンはアンラッキーだった。
MF 内田篤人 6.0 → 守備は良かったが、攻撃はイマイチ。
DF 吉田麻也 6.0 → 落ち着いたプレーを見せた。
DF 今野泰幸 6.5 → ケーヒルを相手に奮闘。
DF 長友佑都 6.0 → 終盤はミスが多かった。
MF 長谷部誠 6.0 → 早い時間帯にカードを受けたが、その後は、うまく対応。
MF 遠藤保仁 6.0 → 惜しいシュートはあったが、枠に飛ばず。
MF 岡崎慎司 5.5 → 動きは悪くは無かったと思うが、チャンスに絡めず。
MF 本田圭佑 7.0 → ベストコンディションではなかったと思うが、存在感は絶大。
MF 香川真司 6.5 → サイドからチャンスを作った。
FW 前田遼一 5.5 → 悪くは無かった。

<途中出場>

DF 栗原勇蔵 なし → 個人的なパフォーマンスは問題なし。
FW ハーフナー・マイク 5.5 → 見せ場は作れず。
MF 清武弘嗣 なし → なし



 #6 レアルさん

【 ハンドル名 】:レアル
【 年 代 】:30〜39歳
【 性 別 】:男性
【 地 域 】:東海
【 オーストラリア戦の採点をして、その横に理由を記述してください。(スタメン11人+途中出場) 】:

GK 川島永嗣 6点数 → 理由 ブルガリア戦も含めてロングボールの処理に問題がある
MF 内田篤人 6.5点数 → 理由 攻撃参加も含めて良かった
DF 吉田麻也 6点数 → 理由 危険な場面が少なく安定
DF 今野泰幸 6.5点数 → 理由 相手に決定的な仕事をさせなかった 
DF 長友佑都 5点数 → 理由 怪我の影響があるのか、以前の動きではない
MF 長谷部誠 6.5点数 → 理由 豊富な運動量で貢献
MF 遠藤保仁 5.5点数 → 理由 惜しいシュートはあったが、見せ場はそれだけ
MF 岡崎慎司 4.5点数 → 理由 目立った活躍できず消えていた。早々に交代させるべきだった
FW 本田圭佑 9点数 → 理由 本田がいなければ敗退していた。本田がいると別次元のチームになる。
FW 香川真司 6点数 → 理由 ヨルダン、ブルガリア戦と決定的な仕事ができていない。10番としては物足りない
FW 前田遼一 4.5点数 → 理由 目立った活躍できず消えていた

<途中出場>

DF 栗原勇蔵 6点数 → 理由 可もなく不可もなく 
FW ハーフナー・マイク 4.5点数 → 理由 何もできずじまい。良いプレーを見たことがない 
MF 清武弘嗣 6点数 → 理由 岡崎よりも先発で起用すべきだった

【 試合の感想等があればお書きください。(省略可) 】:

敗色濃厚から、辛くも追いついた。相手を脅かすような攻めの形が見られなかった。ただ、本田の存在感はすばらしい。本田がいるのといないのとでは、別のチームになる。本田がいないとヨルダン、ブルガリア戦のように何もできずじまいになる。ホームでブルガリアやオーストラリアのようなW杯では中堅国の実力のチームに勝てない。昨年のブラジル戦の大敗など、今のままでは、アウェーのW杯で結果を出すのは難しいだろう。

【 日本代表に招集して欲しい選手がいれば記述してください。(省略可) 】:

大宮、横浜、広島、仙台、柏 などJリーグで活躍しているチームからテストしてもらいたい

一人は原石が、いや、大物が埋もれているはずだ



 #7 みかんFCさん

【 ハンドル名 】:みかんFC
【 年 代 】:20~29歳
【 性 別 】:男性
【 地 域 】:東海
【 オーストラリア戦の採点をして、その横に理由を記述してください。(スタメン11人+途中出場) 】:

川島永嗣 6.5 ビッグセーブで防いだ一点は大きい
内田篤人 6.5 1対1の守備は問題なく、攻撃はそれほど目立たなかったが彼らしい、いやらしいオーバーラップが効果的だった

吉田麻也 5.0 強さの部分での向上は見られたが、この試合も簡単なパスミスや集中が切れるシーンが見れた。それから、求めるべきではないのかもしれないがもう少し高さが欲しい

今野泰幸 6.5 この選手の場合ハイボール勝負は仕方ないが、よく頑張っていた。地上戦では優れた読み、判断力でいつも通りの安定感を見せた

長友佑都 6.0 一先ず安心した。いつも通りのアグレッシブなプレー、粘り強さだった。ただ、身体のキレはまだ本調子ではない印象を受けた

長谷部誠 5.5 気迫は感じられたが攻撃での存在感は稀薄、守備ではいいシーンも見られたが上手くはないなという感じ。ミドルの精度も向上させて欲しい

遠藤保仁 5.0 持ち味は魅せたが、それ以上に悪さが目立った。この試合のように主導権が入れ替わったり、相手に常に主導権がある場合守備力の低さが目立ってしまう

岡崎慎司 6.0 左サイドからの崩しがあまり多くなくゴール前での見せ場は少なかったがいつも通り守備が利いていたので貢献度は低くなかった。

本田圭佑 6.0 調子は良くなかったはずだが、中央で起点となり周りを活かすことに徹した。大人になった。PKはたまには隅を狙いましょう

香川真司 6.0 アジリティの高さで相手の脅威となっていたが逆サイドが岡崎なので中中ではなくもう少しサイドを意識した気の利いたプレーも欲しい。

前田遼一 6.5 サイドに流れたり、下がってスペースを作りチャンスメイクしていた。自らも隙あらばゴールを狙い彼らしいプレーが見れた。オージーのセンターバックは強さ、高さはあるが動けないので、彼はこういう相手には通用する

【 試合の感想等があればお書きください。(省略可) 】:

オージーがしっかり研究してきてくれたので特にディフェンス面の収穫が多い試合になったと思います

昨年あたりからずっと停滞気味なのでこういう難しい試合を通して1つ2つチームとして進化しないとワールド杯は厳しい気がします

【 日本代表に招集して欲しい選手がいれば記述してください。(省略可) 】:

菊地(大宮)
近藤(柏)
闘莉王(名古屋)
角田(仙台)
阿部(浦和)
梅崎(浦和)
山田(磐田)
高萩(広島)
川又(新潟)
矢島(川崎)
永井(リエージュ)



 #8 kagさん

【 ハンドル名 】:kag
【 年 代 】:20〜29歳
【 性 別 】:男性
【 地 域 】:九州
【 オーストラリア戦の採点をして、その横に理由を記述してください。(スタメン11人+途中出場) 】:

GK 川島永嗣 5.5 →ビッグセーブもあったが、不運な失点シーンは対応できないものではなかった 

MF 内田篤人 6   → 守備の集中力が光った

DF 吉田麻也 6 → あまり不安を感じることのない守備だった

DF 今野泰幸 6.5 → カバーリングやハイボール対応が良かった

DF 長友佑都 6.5 → ロストから危険を招く場面はあったが攻守で違いを見せた

MF 長谷部誠 5.5 → 守備面での貢献が大きかったが、それ以外はまずまず

MF 遠藤保仁 5.5 → 視野の広さとロングパスの良さはいつもながら、ミドルなど積極性も見れた。しかし、守備面がやはり不安

MF 岡崎慎司 6 → 攻撃に絡む場面は少な目だったが、豊富な運動量とアグレッシブさがあり、守備面でも大きく貢献

MF 本田圭佑 7 → いつもよりもやや低調気味に感じる中、試合のリズムを作り、PK獲得、得点もした。

MF 香川真司 6.5 → フィニッシュがあと一歩という場面が多かったが違いを見せていた

FW 前田遼一 5 → 印象のない時間が多かった。やや低調なパフォーマンス

<途中出場>

DF 栗原勇蔵 5.5 → 特に問題はなかったがポジショニングが少し気になる

FW ハーフナー・マイク 5 → 交代要員としては仕事ができなかった。特性を生かせないなら起用する理由が見当たらない

MF 清武弘嗣 採点不可 → 出場時間が短いため

【 試合の感想等があればお書きください。(省略可) 】:

W杯出場を決めることができて良かった。
ただ、内容はとても楽観できるものではなかったので、もっと高めていってほしい。

【 日本代表に招集して欲しい選手がいれば記述してください。(省略可) 】:

FWの層の薄さが否めない。大迫や豊田なども試してほしい。

また、スタメンはないにしても佐藤は違いを作り出せるように思える



 #9 古馬さん

【 ハンドル名 】:古馬
【 年 代 】:20〜29歳
【 性 別 】:男性
【 地 域 】:九州
【 オーストラリア戦の採点をして、その横に理由を記述してください。(スタメン11人+途中出場) 】:

GK 川島永嗣 5.5 → ビッグセーブもあったが失点場面で致命的なミス。
MF 内田篤人 5.0 → 前半集中力を欠いたプレーを連発。後半は失点に絡む。
DF 吉田麻也 6.0 → 相手の高さに苦戦。後半マークミスからチャンスを作られるも、それ以外はまずまず。
DF 今野泰幸 6.5 → 的確なポジショニングとボール処理でチームを助けた。
DF 長友佑都 6.0 → 上がったスペースを相手に使われもしたが、それに見合うくらいの積極性とスピードが所々で攻撃に変化を加えた。
MF 長谷部誠 6.0 → カバーリングなどが的確。目立ったミスも無かった。
MF 遠藤保仁 6.0 → 攻撃に変化を付ける事の出来る選手だが、締まりの無い対人守備も相変わらず。
MF 岡崎慎司 5.0 → 何をしたか覚い出す方が難しい。レギュラー選手として物足りない。ただ日程も厳しいので仕方ない面もある。
MF 本田圭佑 7.0 → 運動量が懸念されたが、試合最終局面になってもプレーの質を比較的維持し、結果を残した。
MF 香川真司 6.5 → 左サイドで起点となった。ゴールに向かうスピードと積極性、アイディアがオーストラリア守備を苦しめた。
FW 前田遼一 5.0 → プレーに迫力が無い。ボールの質次第ではゴールというポジショニング取りは流石。

<途中出場>

DF 栗原勇蔵 6.0 → 彼自体に目立ったミスは無く無難な出来。
FW ハーフナー・マイク 5.5 → チームとして彼をどう使うのかは未だ課題。使い方次第では貴重な得点源になる可能性も秘めている。
MF 清武弘嗣 無し → 出場時間が少ない為。

監督 ザッケローニ 5.0 →相変わらずの後手後手采配。相手の行動を予測した采配に難。

【 試合の感想等があればお書きください。(省略可) 】:

コンフェデでの希望が見えず。
守備が脆く、相手の下手さに助けられたシーンも多い。決定力のある選手を抱えてるチーム相手だと簡単に失点を許すだろう。
未だ改善の気配も無く、点も入らず攻守に渡って不安。

【 日本代表に招集して欲しい選手がいれば記述してください。(省略可) 】:

柿谷曜一朗、大迫勇也

この二人は「チームを引っ張っている」存在。
自身が点を取らなければ勝てないという自覚を持っており、責任と自信のあるプレーをしている。
代表にはそういうプロフェッショナルな選手が必要で、本田圭佑や香川真司の様に試合全体を左右し、影響を与えられるスペシャルな存在になれると思う。



 #10 リッケンさん

【 ハンドル名 】:リッケン
【 年 代 】:40〜49歳
【 性 別 】:男性
【 地 域 】:九州
【 オーストラリア戦の採点をして、その横に理由を記述してください。(スタメン11人+途中出場) 】:

スタメン>

GK 川島永嗣  6.5 → 前半の決定機をストップ。失点に関してはしょうがない
MF 内田篤人  6.0 → 体を張ってシュートをブロックしていた。右サイド守備に追われていた印象。
DF 吉田麻也  6.5 → 今野と共に相手FWを上手く止めていた。
DF 今野泰幸  6.5 → ミスも少なく読みも抜群。
DF 長友佑都  5.5 → いつもの長友よりも6割程度の出来。後半の決定機は決めたかった。
MF 長谷部誠  6.5 → ボール奪取や右サイドのカバーも素晴らしかった。
ミドルシュートが1本なのは物足りないけど。
MF 遠藤保仁  6.0 → 日本の心臓。長谷部と同じくミドルシュートは1本だけなのは物足りない。
MF 岡崎慎司  5.5 → 後半全く消えた時間があった。

MF 本田圭佑  6.0 → 足元で貰いたがる場面が多くカウンターでもスピードダウンしてしまう。
MF 香川真司  6.0 → 前半のシュートは決めたい。
FW 前田遼一  5.5 → 可も無く、不可も無い。他に預けるので無く仕掛けてシュートまで持っていって欲しい。

<途中出場>

DF 栗原勇蔵  6.0 → 本人もなんで投入したのかいまいち解っていないようだった。 
FW ハーフナー・マイク 5.0 → ピッチに入ってから何をすべきなのかを理解しているんだろうか?
MF 清武弘嗣 点数無し → プレー時間が少ないため。

【 試合の感想等があればお書きください。(省略可) 】:

栗原投入で今野を一つ前に置いて、遠藤の守備負担を軽くするのかな?と思ったが、やっぱり3バックだった。
チャレンジャー精神を持って乾、清武を投入して欲しかったのだが・・
とにかくw杯出場出来て良かった。

【 日本代表に招集して欲しい選手がいれば記述してください。(省略可) 】:

柿谷(C大阪)・豊田(鳥栖)・長谷川アーリア(F東京)



 #11 サッカーおやじさん

【 ハンドル名 】:サッカーおやじ
【 年 代 】:50〜59歳
【 性 別 】:男性
【 地 域 】:東海
【 オーストラリア戦の採点をして、その横に理由を記述してください。(スタメン11人+途中出場) 】:

GK 川島永嗣 5.5点 →ビッグセーブもあったが失点も
MF 内田篤人 6.5点 →攻守に貢献 良かった
DF 吉田麻也 6.0点 →無難にまとめた
DF 今野泰幸 6.0点 →安定した守備が光る
DF 長友佑都 5.0点 →攻守にイマイチ 迫力に欠ける
MF 長谷部誠 5.5点 →まあまあだが凡ミスも
MF 遠藤保仁 5.5点 →落ち着いた配球も 守備でのスピード不足
MF 岡崎慎司 5.5点 →相手の脅威になれず
MF 本田圭佑 7.0点 →攻撃の起点 安定感がある 得点
MF 香川真司 6.0点 →非凡な才能は見えたが…
FW 前田遼一 6.0点 →まあまあ

【 試合の感想等があればお書きください。(省略可) 】:

長くアジア予選を勝てなかった時代を知る者としては、ワールドカップ出場を決めたことだけでも十分に思う。だが、オーストラリアに楽に勝てない実力でもある。世界の壁は厚い、目標を1次リーグ突破に頑張ってほしい。
昨日の試合では、エリアい近くからワンツウーとかで細かなパスを繋いで攻める攻撃はワンパターンだったように思う。カウンターや早いクロスなど早く攻めることも必要に思う。選手起用では、高さはあるが足元の技術や俊敏性に欠けるハーフナーを起用する意味がわからない。

【 日本代表に招集して欲しい選手がいれば記述してください。(省略可) 】:

特にないが、新戦力を期待したい。



 #12 amaneさん

【 ハンドル名 】:amane
【 年 代 】:50〜59歳
【 性 別 】:男性
【 地 域 】:関東
【 オーストラリア戦の採点をして、その横に理由を記述してください。(スタメン11人+途中出場) 】:
<スタメン>
GK 川島永嗣 6.0 → 1対1を止めてドヤ顔、失点はアンラッキー
DF 内田篤人 6.0 → するどいクロスを供給したがフンテラールはいなかった。守備は及第点
DF 吉田麻也 6.0 → ブルガリア戦より、ずっとよくなった
DF 今野泰幸 6.5 → ケーヒルに仕事させなかった
DF 長友佑都 5.5 → コンディショニング不足だったが、それでもさすがのスプリント
MF 長谷部誠 6.5 → 適格なポジショニングとボール奪取
MF 遠藤保仁 6.0 → キックフェイントからのシュートが惜しかった。あとはいつも通りの出来
MF 岡崎慎司 6.0 → 与えられた役割は果たした
FW 本田圭佑 7.5 → 圧倒的な存在感にCMスポンサーも喜んだ
FW 香川真司 6.5 → 巧い、速いで相手を翻弄
FW 前田遼一 5.0 → 80分でシュート1本はさびしい

<途中出場>
DF 栗原勇蔵 6.0→ 高さ対策のオプションとして欠かせない
FW ハーフナー・マイク 採点なし →もう少し見たかった
MF 清武弘嗣 採点なし→ 相手に脅威に与えるプレーを見たかった

【 試合の感想等があればお書きください。(省略可) 】:

ホームでW杯出場を決めることが最大目的の試合。運、不運もあったが結果を出した。内容は二の次。
むしろ今後に向けて、課題が浮きぼりになったこと、安易な期待感を周りに抱かせなくなったことはよかった。
先発メンバーはコンディションが万全とはいえない選手ばかりだったが、それでもサブメンバーよりも監督は代表での実績を重視した。「(W杯の準備として)よりクオリティーを高めるために力のある選手を連れてくる」という試合後のザッケローニの言葉に期待したい。

【 日本代表に招集して欲しい選手がいれば記述してください。(省略可) 】:

工藤壮人(柏)
柿谷曜一朗(C大阪)
米本拓司 (東京)
柴崎岳(鹿島)
青山敏(広島)
山口螢(C大阪)
岩波拓也(神戸)



 #13 みけさん

【 ハンドル名 】:みけ
【 年 代 】:40〜49歳
【 性 別 】:男性
【 地 域 】:関東
【 オーストラリア戦の採点をして、その横に理由を記述してください。(スタメン11人+途中出場) 】:

<スタメン>

GK 川島永嗣 6.5 → ビッグセーブ有り。ゴールシーンは、ミスでなく限界。
MF 内田篤人 6.5 → 一度、軽率な飛び込みがあったもののほぼ右サイドを封じた。また、ここぞで中央をしっかりカバー。
DF 吉田麻也 6.0 → パスミスはあったものの体を張ったビッグセーブも有り。
DF 今野泰幸 6.5 → すばらしいポジショニングでケーヒルを押さえた。
DF 長友佑都 5.5 → 攻撃については積極的であったものの空いたところを何度も使われた。
MF 長谷部誠 6.0 → ポジショニングが良く、攻撃の芽を摘んだ。
MF 遠藤保仁 5.5 → パスミスも有り、失点シーンでは、簡単に抜かれてしまった。
MF 岡崎慎司 5.5 → ゴール前に飛び込んでいく回数が少なかった。
MF 本田圭佑 6.0 → ナイスPK!!
MF 香川真司 5.5 → 時折違いは見せるものの、単発で効果的でなかった。
FW 前田遼一 5.0 → ポストで収めるでもなく、ゴール前に飛び込むのでもなく。。。

<途中出場>

DF 栗原勇蔵 6.0 → 難しい局面で入ったが無難にこなす。
FW ハーフナー・マイク なし
MF 清武弘嗣 なし

【 試合の感想等があればお書きください。(省略可) 】:

オーストラリアの堅い中央を最後まで突破できなかったゲーム。ショートパスを使ったコンビネーションだけでは崩せない場合の工夫が欲しい。
得点は、どちらもアンラッキーもので、0-0でも良かったと思います。

【 日本代表に招集して欲しい選手がいれば記述してください。(省略可) 】:

柿谷、大迫、柴崎、佐藤寿、山口蛍



 #14 KOHさん

【 ハンドル名 】:KOH
【 年 代 】:20〜29歳
【 性 別 】:男性
【 地 域 】:東北
【 オーストラリア戦の採点をして、その横に理由を記述してください。(スタメン11人+途中出場) 】:

<スタメン>

GK 川島永嗣 6.0 → 1対1を阻止。失点シーンは不運だったが欲を言えば止めてほしかった。

MF 内田篤人 6.0 → 守備で奮闘していたが得点につながるクロスを上げさせてしまった。

DF 吉田麻也 6.0 → ミスもあったが良いシュートブロックがあった。

DF 今野泰幸 7.0 → ケーヒルを完璧に封じる。地上戦はもちろん、不得手な空中戦でも奮闘した。

DF 長友佑都 5.5 → 裏のスペースを突かれるシーンが目立った。

MF 長谷部誠 6.5 → 守備に奔走していた。欲を言えばファール無しで止めてほしい。

MF 遠藤保仁 6.0 → 攻撃では目立っていたが危険な位置でのボールロストも。

MF 岡崎慎司 5.5 → 本田・香川に比べると決定機に絡む回数が少なかった。

MF 本田圭佑 6.5 → 香川とのコンビネーションが良く、PKにつながるシュートもあった。

MF 香川真司 6.5 → ペナルティエリア内で枠内シュートを多数放った。

FW 前田遼一 6.0 → 守備やつぶれ役として奮闘した。シュートやポストプレーまで求めるのは酷か。

<途中出場>

DF 栗原勇蔵 採点なし → 目立った活躍はなし

FW ハーフナー・マイク 5.5 → ハーフナーだけの問題ではないが、ジョーカーとして機能していない。

MF 清武弘嗣 採点なし → 目立った活躍はなし

【 試合の感想等があればお書きください。(省略可) 】:

良かった点
本田と香川の連動性が高く、何度も決定機を作っていた。

守備陣もも不運な一失点に抑えた。今野や内田、長谷部といったレギュラーとして疑問視されがちな選手が奮闘を見せ、自分たちがレギュラーに相応しいことを証明した。

ノルマをクリアしつつ、課題を洗い出すこともできた。

課題

オーストラリアの2列目からの飛び出しによる決定機を何度か作られた。強豪国を相手にする場合、前田を外して高橋秀人をアンカーで起用し、スペースを埋めつつ2列目の飛び出しをケアするというのもありだと思った。

ハーフナーが活きておらず(折角投入してもハーフナーの足元にボールを入れるのは無駄に見える)、点が欲しいときのジョーカー役を見直す必要性を感じた。

【 日本代表に招集して欲しい選手がいれば記述してください。(省略可) 】:

永井謙佑
どうしても点が欲しいときの切り札としてぜひ。強豪国を相手にする場合はカウンターのスピードが重要だと思われるので。特にオーストラリアのような高さ・強さを武器にするチームを相手にする際、彼のスピードは間違いなく脅威になるはず。



 #15 gabahige666さん

【 ハンドル名 】:gabahige666
【 年 代 】:30〜39歳
【 性 別 】:男性
【 地 域 】:沖縄
【 オーストラリア戦の採点をして、その横に理由を記述してください。(スタメン11人+途中出場) 】:

<スタメン>

GK 川島永嗣 6.0
→ ゴールされたのは時の運。悪くなかった

MF 内田篤人 6.0
→ もっと中へ切れ込む展開を期待してましたが、岡崎との右サイド  は素晴らしいパフォーマンスを見せてくれました。

DF 吉田麻也 6.5
→ 申し分無し。

DF 今野泰幸 6.0 
→ 漲る集中力、余計なプレーをしなかったのが良かった。

DF 長友佑都 5.5
→ ケガの影響か前への推進力下がり気味。
  攻守両面で判断が甘かった。

MF 長谷部誠 6.0
→ 今野の奮闘で守備面での負担が軽減するも効果的な動きは出来ず及第点に留まる。

MF 遠藤保仁 5.5
→ やっぱり”雑”さが見られたが、攻撃面ではおもしろいチャレンジのパスを単発。守備は…今野が頑張ってなかったらどうに  もならなかった。

MF 岡崎慎司 7.0
→ 0-0で終わってたらMOMだった。攻守共にキレキレ、クラブでは報われなかった動きが代表ではハマりましたね。

MF 本田圭佑 10.0
→ ありがとうとしか言えない。

MF 香川真司 8.0
→ やはりお膳立て役がいるのといないのとでは天と地ほどの違いがある。この試合、イミフなバックパスが皆無。

FW 前田遼一 4.5
→ バイタルエリアにいない、前線で香川、本田に被る…
  シュートを打たない打てない…
  磐田に帰らせるのは駒野ではない。

<途中出場>

DF 栗原勇蔵 5.5
→ ザックからどう動けと言われてたのか聞いてみたい。
  通常営業で穴を作らなかった。

FW ハーフナー・マイク 5.0
→ 立ってるだけのお仕事

MF 清武弘嗣 5.0
→ どこにおんねん

【 試合の感想等があればお書きください。(省略可) 】:

やはり本田の存在。
ボールポゼッションがハーフウェイライン、もしくは敵陣地内に位置することが可能となったおかげで、ボランチやサイドの守備負担が激減。更に攻撃のバリエーションが倍以上に増えた。
ここで懸念されるのがやはり遠藤と前田。
攻撃時稀に出すグッドフィードと、守備時は本田の存在と今野の集中力で事無きを得たが、代表のアキレス腱と呼ぶにふさわしい試合内容
だったと感じる。
早々に柴崎、山口蛍、東etc...新たな人材を試すべきである。
そして前田。
もうどうしようもない。
大迫、柿谷、工藤...
さて誰が”前田より下”なんでしょうか。

【 日本代表に招集して欲しい選手がいれば記述してください。(省略可) 】:

大迫、柴崎、山口蛍、東、柿谷、工藤、原口元気、鈴木大輔



 #16 ワッキーリグさん

【 ハンドル名 】:ワッキーリグ
【 年 代 】:30〜39歳
【 性 別 】:男性
【 地 域 】:九州
【 オーストラリア戦の採点をして、その横に理由を記述してください。(スタメン11人+途中出場) 】:

<スタメン>

GK 川島永嗣 点数6 → 理由 決定機を2回ほど止めた。失点は神コースでしゃあないかなと
MF 内田篤人 点数6 → 理由 守備は失点シーン以外頑張ってた。ファルファンいないなら右のタメ無いから上がれんよね
DF 吉田麻也 点数6.5 → 理由 競れてたのとケーヒルのシュートをブロックしたのを評価したい。パスが、よくもありミスもあり
DF 今野泰幸 点数6.5 → 理由 落ち着いてた。失点後ポジションをコロコロ変えられたが対応
DF 長友佑都 点数6 → 理由 膝の状態考えればよく走った。
MF 長谷部誠 点数6.5 → 理由 馬力でディフェンスした。
MF 遠藤保仁 点数5.5 → 理由 前半のドリブルシュートがなければ5だった。彼の真価は引かれた相手には出ない、強豪と当たったときにタメを作ることで発揮されると思う
MF 岡崎慎司 点数5.5 → 理由 帰国してすぐ試合なので0.5おまけ。頑張って守ってたけどシュートが少ないねぇ
MF 本田圭佑 点数7 → 理由 モスクワ帰りだから0.5おまけ。PK真ん中に決めたのはシュウォーツァーに根性勝ち。
MF 香川真司 点数6 → 理由 サイドアタッカーとして存在感。中央突破は試合途中から読まれたかな…ケチャップ渋滞中
FW 前田遼一 点数5.5 → 理由 役割はこなしてます、頑張ってます。でもFWだから点取って欲しい

<途中出場>
DF 栗原勇蔵 点数6 → 理由 CB控えは彼でいいんでない?パスがアレだが
FW ハーフナー・マイク 点数なし → 理由 使われ方がひどいねぇ
MF 清武弘嗣 点数なし → 理由 時間短し

【 試合の感想等があればお書きください。(省略可) 】:

『●●を呼べ』とは言いませんが、来年も不動のメンバーですか?Jリーグ見ても新しく使えそうな選手いませんか?それで本当に大丈夫ですか?と思う。
よく予選突破してくださったが…
メンバー固定が不満じゃないんです、不安なんですザックさん。
長文失礼しました。

【 日本代表に招集して欲しい選手がいれば記述してください。(省略可) 】:

鹿島の大迫
ベルギーの永井
項目の主旨とズレるが、東京の高橋はベンチじゃなく実戦で使ってやって欲しい



 #17 indigo777さん

【 ハンドル名 】:indigo777
【 年 代 】:20〜29歳
【 性 別 】:男性
【 地 域 】:関東
【 オーストラリア戦の採点をして、その横に理由を記述してください。(スタメン11人+途中出場) 】:
<スタメン>

GK 川島永嗣 点数4
 → 理由 ブルガリア戦に続いて、ルーズなプレーが多かった。唯一のビッグセーブのシーンでさえ、適当に前に弾いてしまったせいで、後続の選手にフリーでシュートを許している。世界TOP10に入る国との試合なら失点していた。後半の失点シーンは、確かにまぐれゴールであったものの、球速が無かったので覚悟していれば十分に対応できたはずであった。他のキーパーを起用したいところだが、川島以外に人材がいないのが何より残念である。

MF 内田篤人 点数6
 → 理由 右サイドを上手く守備していた。ファールの貰い方が上手く、特にファールの誘発に関しては神がかっていた。また、ブルガリア戦より多少の攻撃参加も見せ、よく貢献していたと思う。唯一残念なところは、またもや失点につながるシーンを抑えられなかったこと。もう少しボール奪取力をつけないと低い位置での守備の不安が拭えない。

DF 吉田麻也 点数5.5
 → 理由 高さでも負けずによく守備をしていた。危険なシーンで必ずゴール前にいるのは頼もしい。しかし、容易にパスカットをされ、ビルドアップには全く貢献せず。

DF 今野泰幸 点数6.5
 → 理由 多くの人が称賛しているようだが、そこまで良かったとは思わない。高い位置でのカバーリングやボール奪取、ポジショニングの巧みさで守備に貢献。ボールを前に出す役割も果たした。さらに、左右SBまでこなすユーティリティ性は高評価できる。後半、少し集中力を切らすシーンも見られたが、最後まで奮闘した。しかし、これがボランチであったなら、もっと高い評価をしよう。実際はCBであったにも関わらず、頻繁にゴール前を空け戻ってきやしない。危険なシーンでいないから多くの人の目にはマイナスに映らないようだが、あれではCB失格である。

DF 長友佑都 点数5
 → 理由 膝の故障が後をひいているのか、イマイチ調子が上がらない。厳しいチェックを受けたとはいえ、瞬発力を活かしたプレーしか魅せる活躍は無く、香川とのパス交換の頻度も少ない。本来発揮されてしかるべき鋭いクロスやシュートも見られず。しかも、守備時でもたびたび突破を許す始末。長友らしからぬ出来であった。

MF 長谷部誠 点数7 MOM
 → 理由 ブルガリア戦のOGを帳消しにする大活躍。カバーリングとボール奪取を何度も行い、高さでも負けずに、日本の守備を安定させていた。前半早々カードを貰ってしまったのが残念だったが、悪いプレーではなかった。攻撃参加は少なかったもののミドルシュートも撃っている。ここまで不調続きだったが、実力はあることを示した。

MF 遠藤保仁 点数5
 → 理由 センスの良い攻撃の組み立てや、シュートを放っていた。CKもブルガリア戦より良くなっていた。しかし、再三に渡る中盤でのボールロストが危険であり、守備陣の負担を増やしていたことから高評価はできない。相変わらずパスミスが多過ぎる。

MF 岡崎慎司 点数5
 → 理由 前半はよく攻撃に絡んでおり、試合を通して守備にも献身的であった。動きにもキレがあり、得点を奪えなかったのが悔やまれる。しかし、これはザッケローニの責任だが、後半は完全にペースダウンし、攻撃に絡めなくなっていった。コンディションを考えると当然の帰結なので、岡崎はコンフェデに向けて体を休めるといいと思う。

MF 本田圭佑 点数6
 → 理由 攻撃に上手く変化をつけ、ボールのキープ力も高かった。攻撃の引き出しが増えた点もあるが、何より日本全体のメンタル面をバックアップしたことが大きく評価できる。疲労からか後半ペースダウンしたことは仕方ないと思う。しかし、それより問題は、攻撃スピードが遅いこと。加えて、昨日は同じ位置から3回もFKを蹴ったのに、得点出来なかったこと。得点できたから良いものの、技術も何もなくバカ正直にド真中に蹴り込んだPK。今後、速攻の対策とセットプレー技術の向上は急務である。

MF 香川真司 点数6.5
 → 理由 左サイドとしての完成度が高まってきた。スピードのあるトリッキーなシュートにも何度もチャレンジし、相手ゴールを脅かした。明らかにスキルは別格だった。しかし、最後の最後で決定力に欠けるのも確か。あと一歩シュートの精度が高まれば、もっとプレミアでも活躍できるようになると思う。

FW 前田遼一 点数4.5
 → 理由 前半は完全に空気だった。ピッチ上に立っていた意味がわからない。後半は少し頑張ったものの、ほとんど何も貢献できなかった。さらに、前線でのボールキープもままならず、囮としてもほとんど機能せず、シュートを撃たなければ、ボールは奪われる。ハッキリ言って、今後は召集する必要がない。

<途中出場>

DF 栗原勇蔵 点数5.5
 → 理由 投入直後に失点したのは不運だったが、無難に守備をこなしタイミング良く前にも出ていた。CBとしては今野より上出来だったのではないだろうか?

FW ハーフナー・マイク 点数4.5
 → 理由 背が高いだけ。ボールを当てても上手くトラップ出来ないから目が当てられない。それでも得点意識は高かった。

MF 清武弘嗣 点数5
 → 理由 時間が短かったのもあるが、らしさを出せず。CKからPK獲得のプレーには絡んだので、可も無く不可も無く。

【 試合の感想等があればお書きください。(省略可) 】:

コンディションが不十分とは言え、ベストメンバーを揃えただけあり、以前の強さを取り戻しつつあった。
だが、オーストラリア如きにホームで引き分けるのはいただけない。
キーパーが上手かったとは言え、最低2得点くらいはして欲しかった。
オーストラリアはここ最近で一番の出来だったようだが、それでもこの程度であるのなら、その実力は世界でも45~50位がせいぜいだろう。
そんな相手に、ホームで引き分け。情けないとは思わないか?
これでコンフェデやW杯で優勝すると言うとは、日本代表も冗談が上手いものである。

試合は、両チームとも最後まで集中した守備で、中々均衡を崩せず。
オーストラリアのロングパスが脅威になったものの、試合自体は日本が支配し続けた。
しかし、試合はヒーローではなく愚者によって決定する。
1つ目は、ルーズなシュート(クロスのミス?)に反応しきれず失点を許した川島。このパターンが初めてなら許すが、川島はこういう失点が多過ぎる。
2つ目は、逃げ切れば勝っていたのに、勝手にペナルティエリア内でハンドしたマッケイ。大したクロスでは無かったのに、うっかり手を出すとは、悪いイメージが頭をよぎってしまったのか。
結局、ドローが妥当なレベルの低い試合となってしまった。
日本代表にはもっと反省して頂きたい。

あと、最近、ベテランが日本代表の足を引っ張っていることにもお気付きだろうか?つまり、ベテラン選手が日本のフォーメーションを崩している。
日本は基本的に4-2-3-1のシステムを採用している。
しかし、SBが上がることが前提なので、試合を巨視的に見ると、2-3-4-1みたいな状態になっているのが理想だろう。こうやって中盤に人数をさき、攻守共に中盤を支配し、優位に試合を進めるのが目的だ。
だが、実際は逆4-2-3-1になっている。
要は、試合を巨視的に見ると、
長友 香川 前田 岡崎
 遠藤 本田
 今野 長谷部 内田
    吉田
…みたいな状況なのだ。
だから、攻撃時には前線に人数がいるのに奥行きが無く簡単にブロックされ、カウンターを食らうと吉田1人で対応せざるを得ないのである。
これが最近日本代表の調子の上がらない最大の要因であろう。
本当は、
   前田
長友 香川 岡崎
   本田
遠藤 長谷部 内田
  今野 吉田
…となっているべきである。
さて、この犯人を列挙する。
1、前田…前線でパス交換やボールキープが出来ず、シュートを撃たない。ドリブル突破出来ない。代表失格である。
2、遠藤…攻撃のアイディアが良い一方でパスミスを主としたボールロストが多く、守備にはマイナスである。また、ここ一番にも弱い。ボランチをクビにしてトップ下の控えにしてはどうだろう?そして、藪蛇で中村憲をクビにする。
3、今野…ボール奪取やポジショニングの良さで守備には貢献し、前線まで出てビルドアップもする。しかし高さが足りず、危険なシーンではゴール付近にいてくれない。実際にはユーティリティ性も十分だし、ボランチとして扱った方が適していると思う。
このようにベテランが不甲斐ない現状、そろそろ本気で若手の発掘に挑むべきであろう。

また、ザッケローニにも苦言を呈したい。
選手に甘過ぎるのである。
何故このような足を引っ張る選手を起用し続ける?
何故スタメンを固定し過ぎる?
何故交代メンバーもほぼ決まっている?
ザッケローニは、システム変更の交代カードは上手く、チーム全体の守備を安定させる能力がある。
しかし、調子の悪い選手を替えるような交代カードをほとんど切れないのである。
そして、特定の選手に頼り過ぎるのも問題である。
オーストラリア戦を具体的に振り返る。
まず、スタメンをベスメンでいったのは悪くない。しかし、コンディションが最善でない選手が少なからず混じっていた以上、前半で得点できなかったのは責められない。日本の選手層が薄いのが最大の要因である。
だが、前半を見ただけで、前田と川島の調子の悪さは際立っていた。GKはさておき、前田はハーフタイムで替えておくべきだと思わなかっただろうか?
ハーフナーでもいいから替えて欲しかった。
もっと言うと、あの時9パターンは交代できたのだ。特に、前田の交代枠には乾、清武、酒井高、栗原のどれも効果的であっただろう。
少なくとも自分であればハーフタイムで前田に替えて乾を投入していた。ブルガリア戦で積極的なシュートを披露した乾を左サイドに入れ、香川をトップ下、本田を1TOPだ。
オーストラリアの足が止まってきた後半はチャンスだったのに、空気の前田と疲労困憊した本田と岡崎、さらに不調の長友では、攻撃手段が香川だけではないか。だから後半のチャンスで日本が得点できなかったのだ。
結局ザッケローニが動いたのは、だいぶ後。遅過ぎて、采配は何一つ功を奏さなかった。
私なら、ハーフタイムに前田→乾。疲れてきたオーストラリア守備陣に対し、元気な乾がミドルシュートをデタラメに撃ちまくって、こぼれ球に本田・香川・岡崎が詰めることで手を焼かせる作戦だ。加えて、本田の後ろに香川を入れることで、調子の良かった香川のシャドーストライカーとしての特性を活かす目論見もある。次にコンディションを見計らって、岡崎→酒井高。ここでは長友を岡崎の位置に移動させ、長友のマークを外して攻撃参加の回数を増やす目的もある。最後に試合の状況に合わせて、本田→栗原。疲労のある本田を下げて栗原を今野の位置へ。前に上がりやすい酒井高と今野を栗原がフォローする形だ。そして、今野は遠藤の位置へ。特に昨日のプレーは完全にボランチだったので、今野はそのままボランチでプレーしなさい、と。そして遠藤をトップ下に。これは、遠藤の攻撃のアイディアを活かしながら、守備の負担を減らす目的。そして香川が1TOPに入る。積極的で異次元のスキルを発揮していた香川を攻撃に専念させる目的である。さらに、最後の陣形は遠藤が球出しをして、スピードのある乾・香川・長友がゴールを目指すという、疲れ切ったオーストラリアにとどめを刺すには最適なフォーメーションだと思う。私ならこんな交代カードを切っていた。いかがだろうか?
ともかくザッケローニは選手交代のパターンをもっと増やして欲しいものである。

【 日本代表に招集して欲しい選手がいれば記述してください。(省略可) 】:

・前田をクビにして、とりあえず"豊田陽平"か"指宿洋史"辺りを試して欲しい

・中村憲をクビにして遠藤をトップ下控えへ。遠藤の代役として"扇原貴宏"を召集。後ろの今野が上がりたがるので、今野とポジションチェンジしながらプレーして欲しい。セットプレーも出来るので、丁度良いだろう。

・伊野波をクビにして"鈴木大輔"の育成にでも着手して欲しい。やはりCBは身長が高く、ディフェンスに専念できないと駄目だと思う。



 #18 romanさん

【 ハンドル名 】:roman
【 年 代 】:20〜29歳
【 性 別 】:男性
【 地 域 】:四国
【 オーストラリア戦の採点をして、その横に理由を記述してください。(スタメン11人+途中出場) 】:

GK 川島永嗣 6 
アンラッキーなゴールといえど、ブッフォンやカシージャスでもあのゴールはうまれていたかというと疑問符が付く。W杯優勝を掲げているチームのゴールキーパーならあのゴールは止めてほしかった。とはいえ、オーストラリアの決定機を防いだこともあり、6点。

MF 内田篤人 6.5
守備に関してはチェックも早く、前の選手に連動してきっちり相手のチャンスをつぶせていた。相手にクロスを上げさせないというあの試合での自分の役割をきちんと果たせていたと思う。攻撃に関しても岡崎とのコンビもよく、中に入る動きなどもあり、この試合に関しては左サイドより右サイドのほうが多くチャンスが生まれていたと思う。

DF 吉田麻也 6
パワープレイをしてくる相手に対してヘディングで競り勝つという役割を果たせていた。体を張ったプレイなどもあり終始安定した守備を見せていた。

DF 今野泰幸 6.5
吉田のサポート、カバーリングに関しては完璧にこなせていたように思う。後半栗原が入ってから、長友が左に入ることができたのも今野のユーティリティープレイヤーゆえんだと思う。この試合でザックが今野を使い続ける理由がよくわかった。

DF 長友佑都 5.5
攻撃が停滞してくるとサイドの高い位置にいる癖がある。長友の空いたポジションを埋めるために、長谷部や香川がカバーするシーンが何度が見られた。また香川との距離も近く、この試合で香川‐長友のコンビからチャンスはほとんど生まれなかったのではないか。

MF 長谷部誠 6
守備的MFの立場としては体を張ったプレーで常に相手のチャンスをつぶし続けた。オーストラリアにあまりチャンスを与えなかったのも、前線からの高いプレスからボランチの位置でボールを奪ったからゆえんだと思う。ただ、攻撃に関しては消極的で、物足りなさが残った。

MF 遠藤保仁 5
縦への効果的なパスは相変わらず一級品。ただ、オーストラリアの決定的なチャンスの時に相手選手に振り切られたのは遠藤であり、体力的な衰えは隠せないのかなと思った。

MF 岡崎慎司 5
いつものように裏を取る動きや前線からの守備は素晴らしかったが、ゴールシーンには全く絡めず、調子が悪かったように感じた。

MF 本田圭佑 6
この試合のホンダは間違いなく調子は悪かった。しかしながら、悪いなりにもタメを作るというホンダの役割を果たしていたように思う。何よりホンダが入った時のチームの勢いが今までと全く違った。プレーに関してはこの採点だが、改めてこのチームはホンダのチームなのだと感じさせられるようなそんな存在だった。

MF 香川真司 6
バイタルで縦パスを受けてからターンして前を向く技術はやはり一級品。体のキレもよく幾度となく相手ゴールに迫った。ただ、前半の決定機は決めてほしかった。

FW 前田遼一 4.5
最近の前田は消えている時間が本当に多い。ポストの役割もあまり果たせておらず、相手の裏を取る動きもあまり見られない。ザックがなぜ使い続けるのか不思議。

<途中出場>
DF 栗原勇蔵 
採点はつけられないが、吉田や今野のように攻撃の起点になるような縦パスを供給することができないため、彼らの代役にはなれていない。

FW ハーフナー・マイク、清武弘嗣
そもそもハーフナーの役割はハイボールに競り勝ってボールを落とすポストプレイ的な役割であるはずなのに、ザックの意図を他の選手が汲み取っていない気がする。ハーフナーが入ってもハーフナーをめがけたクロスは全くなく、そのために清武を入れたはずなのに清武にボールが集まることもない。試合後のホンダのコメントに「点を取られた後に、俺とシンジで強引にボールを運ぶ」とあったが、まだハーフナーがチームメイトに認められていないのかと思った。

【 試合の感想等があればお書きください。(省略可) 】:


【 日本代表に招集して欲しい選手がいれば記述してください。(省略可) 】:

今後選手を変えるとすれば、CFとボランチ。特にボランチ探しは急務。ザックJAPANがさらに強くなるためには、攻撃力の高いボランチが必要であり、今のところ呼んでほしい選手は柴崎。CFは今のところ見当たらないが、いないのであれば、ゼロトップにしてホンダを真ん中、左香川、右岡崎、ボランチの前に新たに一人置くか、ボランチの二人を一枚あげて、CBとボランチの間にアンカーを置くかもできるが、今のところ現状のメンバー以外でこの選手を使ってもらいたいという選手が見当たらない…




関連記事

トラックバック

トラックバックURL:https://llabtooflatot.blog.fc2.com/tb.php/4113-56565e82





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2011-2020) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!



Since 2007/4/30




にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


最近のエントリー (100記事)



07月06日
全エントリーの一覧 (2011年-2020年)

07月06日
【お知らせ】 ユーチューブ(サッカーコラム J3 Plus チャンネル)を始めました。

07月06日
【JリーグのNo.1は?】「チャント総選挙」を開催します。~清き一票 お願いします~


07月06日
【清水×名古屋】 新型コロナから復帰。GKランゲラックは好セーブで勝利に貢献。

07月06日
【磐田×岡山】 神がかり的な活躍を見せたGKポープ・ウィリアム。ドローに大貢献。

07月06日
【FC今治×熊本】 神奈川県2部からJリーグへ・・・。異例の大出世を果たしたMF相澤祥太。

07月05日
【川崎F×鹿島】 衰えを隠しきれなくなってきた32歳のDF内田篤人

07月05日
【大分×鳥栖】 MF田中達也が途中出場で2ゴール。GK高木駿の活躍も目立つ。

07月04日
【SC相模原×Y.S.C.C.横浜】 鮮烈なデビューを飾った19歳のMF松田詠太郎(横浜FMユース出身)

07月04日
【讃岐×G大阪U-23】 11試合で10ゴール!!!17歳のFW唐山翔自が凄すぎる!!!

07月04日
【J3】 18クラブの中で 「良さげなチーム」はどこだろうか? (1節が終了)

07月03日
【山形×栃木SC】 誰がMF坂元達裕(セレッソ大阪)の穴を埋めるか?最有力候補はMF渡邊凌磨。

07月03日
【福島×八戸】 ブレイクなるか!?ナイジェリア人のFWイスマイラ。

07月03日
【富山×長野】 新しい時代に突入したヤング・パルセイロ

07月02日
【J2】 22クラブの中で 「ヤバそうなチーム」はどこだろうか?

07月02日
【FC岐阜×FC今治】 元・日本代表のDF駒野友一(38歳)の右足は健在。

07月02日
【J2】 22クラブの中で 「良さげなチーム」はどこだろうか? (後編)

07月01日
【J2】 22クラブの中で 「良さげなチーム」はどこだろうか? (前編)

07月01日
【群馬×水戸】 大卒ルーキーのMF松崎快(大宮ユース出身)という選手は面白い。

07月01日
【金沢×松本山雅】 侮りがたい今シーズンの松本山雅

06月30日
【岩手×秋田】 「Jリーグ最速」と言っても過言ではないFW齋藤恵太のスピード

06月30日
【岡山×山口】 新外国人のFWイウリ(レノファ山口)はかなり凄そうだ。

06月30日
【甲府×新潟】 覚醒しつつある24歳のストライカーのFW渡邉新太

06月29日
【京都サンガ×ジュビロ磐田】 新・スタジアムでの初戦。FWピーター・ウタカは驚異だった。

06月29日
【ロアッソ熊本×鹿児島ユナイテッド】 今年のロアッソ熊本には期待できるか?否か?

06月28日
【愛媛FC×徳島ヴォルティス】 「21世紀の愛媛FCのベストゲームは決まり!!!」 四国ダービーでの大逆転勝利!!!

06月28日
【J2】 2020年に期待したい選手を3人だけ挙げてみた。 (町田ゼルビア編)

06月27日
【J3】 2020年の開幕直前の大展望 (下) ~ダークホースは岩手とFC今治!?期待したい選手は・・・。~

06月27日
【J2】 2020年に期待したい選手を3人だけ挙げてみた。 (東京ヴェルディ編)

06月26日
【J3】 2020年の開幕直前の大展望 (上) ~「4強」が中心。本命は富山、追うのは熊本・鹿児島・FC岐阜か!?~

06月26日
【J2】 2020年に期待したい選手を3人だけ挙げてみた。 (ジェフ千葉編)

06月26日
【J1】 2020年のコロナ再開直前の大展望 (下) ~サプライズを起こすのは清水か?鳥栖?湘南か?横浜FCか?~

06月25日
【J1】 2020年のコロナ再開直前の大展望 (中) ~初優勝を目指すC大阪・神戸・FC東京・札幌など~

06月25日
【J2】 2020年に期待したい選手を3人だけ挙げてみた。 (大宮アルディージャ編)

06月25日
【移籍市場】 「いい補強」に思えるDFオ・ジェソク(ガンバ大阪→名古屋グランパス???)の獲得

06月24日
【J1】 2020年のコロナ再開直前の大展望 (上) ~「7強」が中心。本命は川崎F、追うのは横浜FMか!?~

06月24日
【J2】 2020年に期待したい選手を3人だけ挙げてみた。 (ザスパクサツ群馬編)

06月24日
【J1】 2020年に期待したい選手を3人だけ挙げてみた。 (浦和レッズ編)

06月23日
【J1】 2020年に期待したい選手を3人だけ挙げてみた。 (鹿島アントラーズ編)

06月23日
【J2】 2020年に期待したい選手を3人だけ挙げてみた。 (栃木SC編)

06月23日
【J2】 2020年のコロナ再開直前の大展望 (下) ~若手軍団の町田・山口・金沢・北九州がサプライズ候補~

06月22日
【移籍問題】 FWジョー(名古屋グランパス)には「Jリーグを舐めるな!」と言いたい。

06月22日
【J2】 2020年に期待したい選手を3人だけ挙げてみた。 (水戸ホーリーホック編)

06月22日
【J2】 2020年のコロナ再開直前の大展望 (中) ~J1復帰を目指す徳島・長崎・新潟・松本山雅など~

06月21日
【J2】 2020年のコロナ再開直前の大展望 (上) ~自動昇格争いは磐田と大宮が中心か!?~

06月21日
【J3】 有望株がたくさん!2020年のFC岐阜は面白そうだ。

06月21日
【J1】 2020年に期待したい選手を3人だけ挙げてみた。 (ベガルタ仙台編)

06月20日
【Jリーグ】 次にJ1童貞を卒業しそうなクラブ (1位-10位)

06月20日
【J2】 2020年に期待したい選手を3人だけ挙げてみた。 (モンテディオ山形編)

06月20日
【J1】 2020年に期待したい選手を3人だけ挙げてみた。 (コンサドーレ札幌編)

06月19日
【J2】 2020年の順位予想をしてみた。 (下位グループ編)

06月19日
【J3】 2020年シーズンの再・戦力分析 (Y.S.C.C.横浜編)

06月19日
【J3】 2020年の開幕直前 順位予想のまとめ (46名) ~1:富山、2:熊本、3:鹿児島、4:FC岐阜、5:藤枝、6:鳥取~

06月18日
【J3】 2020年シーズンの再・戦力分析 (アスルクラロ沼津編)

06月18日
【J2の本命か?】 ジュビロ磐田の若手が練習試合で躍動している件

06月17日
【Jリーグ】 サッカーファンから高く評価されている主審 (1位-10位)

06月17日
【J2】 「選手層が厚い。」と言えるクラブはどこだろうか? (後編)

06月16日
【横断幕の禁止】 「さすが」と言える浦和レッズ。過敏な対応には疑問。

06月16日
【J2】 「選手層が厚い。」と言えるクラブはどこだろうか? (後編)

06月16日
【J2】 「選手層が厚い。」と言えるクラブはどこだろうか? (前編)

06月15日
【J1】 「選手層が厚い。」と言えるクラブはどこだろうか? (後編)

06月15日
【J3】 2020年シーズンの再・戦力分析 (福島ユナイテッド編)

06月15日
【J1】 「選手層が厚い。」と言えるクラブはどこだろうか? (前編)

06月15日
【J2】 今シーズンの町田ゼルビアはかなり面白そうだ。

06月15日
【J3】 2020年シーズンの再・戦力分析 (ヴァンラーレ八戸編)

06月14日
【鹿島アントラーズ】 ザーゴ新監督をサポーターはどこまで我慢できるか?

06月13日
【J3】 2020年シーズンの再・戦力分析 (カマタマーレ讃岐編)

06月13日
【J3】 2020年シーズンの再・戦力分析 (SC相模原編)

06月12日
【J3】 2020年シーズンの再・戦力分析 (FC今治編)

06月12日
【J3】 2020年シーズンの再・戦力分析 (ガイナーレ鳥取編)

06月11日
【J3】 2020年シーズンの再・戦力分析 (ブラウブリッツ秋田編)

06月11日
【J3】 2020年シーズンの再・戦力分析 (長野パルセイロ編)

06月10日
【Jリーグ】 新外国人選手の発掘が上手なクラブ (1位-10位)

06月10日
【J3】 2020年シーズンの再・戦力分析 (いわてグルージャ盛岡編)

06月10日
【J3】 2020年シーズンの再・戦力分析 (カターレ富山編)

06月09日
【J3】 2020年シーズンの再・戦力分析 (FC岐阜編)

06月09日
【J3】 2020年シーズンの再・戦力分析 (鹿児島ユナイテッド編)

06月09日
【Jリーグ】 若手育成力の高いクラブ (1位-10位)

06月08日
【Jリーグ】 補強の上手なクラブ (1位-10位)

06月08日
【J2】 2020年シーズンの再・戦力分析 (FC琉球編)

06月08日
【J3】 2020年シーズンの再・戦力分析 (ロアッソ熊本編)

06月07日
【名古屋グランパス】 退団濃厚のFWジョー。ちゃんと移籍金を獲得できるのか?否か?

06月07日
【J2】 2020年シーズンの再・戦力分析 (V・ファーレン長崎編)

06月07日
【J1】 2020年シーズンの再・戦力分析 (大分トリニータ編)

06月06日
【サガン鳥栖】 佐賀県からの1億円の支援は妥当ではない!!!

06月06日
【J2】 2020年シーズンの再・戦力分析 (ギラヴァンツ北九州編)

06月06日
【J1】 2020年シーズンの再・戦力分析 (サガン鳥栖編)

06月05日
【J2】 2020年シーズンの再・戦力分析 (アビスパ福岡編)

06月05日
【J2】 2020年シーズンの再・戦力分析 (愛媛FC編)

06月05日
【J1】 2020年シーズンの再・戦力分析 (サンフレッチェ広島編)

06月04日
【Jリーグ】 何故にFW金崎夢生(名古屋グランパス)だけが批判されるのか?

06月04日
【J2】 2020年シーズンの再・戦力分析 (徳島ヴォルティス編)

06月03日
【新型コロナ】 ショッキングなFW金崎夢生(名古屋グランパス)の感染だが・・・。

06月03日
【J2】 2020年シーズンの再・戦力分析 (レノファ山口編)

06月03日
【J1】 2020年シーズンの再・戦力分析 (セレッソ大阪編)

06月02日
【J2】 2020年シーズンの再・戦力分析 (ファジアーノ岡山編)

06月02日
【J2】 2020年シーズンの再・戦力分析 (京都サンガ編)

06月02日
【J1】 2020年シーズンの再・戦力分析 (ガンバ大阪編)

06月01日
【J2】 2020年シーズンの再・戦力分析 (ジュビロ磐田編)

06月01日
【J2】 2020年シーズンの再・戦力分析 (ツエーゲン金沢編)

06月01日
【J1】 2020年シーズンの再・戦力分析 (名古屋グランパス編)

05月31日
【J1】 2020年シーズンの再・戦力分析 (清水エスパルス編)

05月31日
【J2】 2020年シーズンの再・戦力分析 (アルビレックス新潟編)

05月31日
【J1】 2020年シーズンの再・戦力分析 (湘南ベルマーレ編)

05月30日
【Jリーグ】 人気チャント・総選挙 2020 「21位~30位」 (中間発表)

05月30日
【J2】 2020年シーズンの再・戦力分析 (松本山雅編)

05月30日
【J1】 2020年シーズンの再・戦力分析 (横浜FC編)

05月29日
【日本代表】 歴代の名勝負 (1位-10位) (1992年-2020年)

05月29日
【J2】 2020年シーズンの再・戦力分析 (ヴァンフォーレ甲府編)

05月29日
【J1】 2020年シーズンの再・戦力分析 (横浜Fマリノス編)

05月28日
【Jリーグ】 「地域密着に成功している。」と思うクラブ (1位-10位)

05月28日
【J2】 2020年シーズンの再・戦力分析 (町田ゼルビア編)

05月28日
【J1】 2020年シーズンの再・戦力分析 (川崎フロンターレ編)

05月27日
【Jリーグ】 「コロナ禍」によるダメージが大きそうなクラブ (1位-10位)

05月27日
【J2】 2020年シーズンの再・戦力分析 (東京ヴェルディ編)

05月27日
【J1】 2020年シーズンの再・戦力分析 (FC東京編)

05月26日
【Jリーグ】 「コロナ禍」がプラスになりそうなクラブ (1位-10位)

05月26日
【J2】 2020年シーズンの再・戦力分析 (ジェフ千葉編)

05月26日
【J2】 2020年シーズンの再・戦力分析 (大宮アルディージャ編)

05月25日
【J2限定】 ホームで強いチームはどこだ? (1位-10位)

05月25
【J2】 2020年シーズンの再・戦力分析 (ザスパクサツ群馬編)

05月25日
【J1】 2020年シーズンの再・戦力分析 (柏レイソル編)

05月23日
【J2】 2020年シーズンの再・戦力分析 (栃木SC編)

05月23日
【J2】 2020年シーズンの再・戦力分析 (水戸ホーリーホック編)

05月23日
【J2】 2020年シーズンの再・戦力分析 (モンテディオ山形編)

05月22日
【J1】 2020年シーズンの再・戦力分析 (浦和レッズ編)

05月22日
【J1】 2020年シーズンの再・戦力分析 (鹿島アントラーズ編)

05月22日
【J3】 2020年シーズンの再展望~サプライズを起こすのはどのチームか?~

05月21日
【J1】 2020年シーズンの再・戦力分析 (ベガルタ仙台編)

05月21日
【J3】 2020年シーズンの再展望~中心となるのは富山・熊本・鹿児島・FC岐阜の4強か!?~

05月21日
【J1】 2020年シーズンの再・戦力分析 (コンサドーレ札幌編)

05月20日
【J2】 2020年シーズンの再展望~サプライズを起こすのはどのチームか?~

05月20日
【J1】 2020年シーズンの再展望~サプライズを起こすのはどのチームか?~

05月19日
【J2】 2020年シーズンの再展望~昇格争いの中心は磐田と大宮の2チームか!?~

05月19日
【J1】 2020年シーズンの再展望~コロナ後も優勝争いの中心は変わらず3強か!?~

05月19日
【Jリーグ】 コロナ禍のダメージが大きそうなクラブはどこだろうか?

05月18日
【Jリーグ】 コロナ禍がプラスになりそうなクラブはどこだろうか?



YouTube


 第01位  Jリーグの人気チャントのランキング (1位-10位) (2020年版)  → 再生数:209,203回

 第02位  【Jリーグ】 好きなサッカースタジアム (1位-10位)  → 再生数:104,727回

 第03位  【Jリーグ】 サポーターの応援が凄いクラブ (1位~10位)  → 再生数:87,052回

 第04位  【Jリーグ】 サポーターが温かいクラブ (1位~10位)  → 再生数:60,502 回

 第05位  【J2限定】 人気チャントのランキング (1位-10位)  → 再生数:51,640回

 第06位  【J2限定】 2020年の若手のブレイク候補 (1位~20位)  → 再生数:39,348回

 第07位  【Jリーグ】 「地域密着に成功している。」と思うクラブ (1位-10位)  → 再生数:32,512回

 第08位  Jリーグの人気チャントのランキング (11位-20位) (2020年版)  → 再生数:27,229回

 第09位  【Jリーグ】 試合中の雰囲気のいいスタジアム (トップ10)  → 再生数:18,401 回

 第10位  【Jリーグ】 補強が上手なクラブ (1位-10位)  → 再生数:17,819回

 第11位  【Jリーグ】 「クラブ名がかっこいい。」と思うクラブ (1位-10位)  → 再生数:17,474回

 第12位  【Jリーグ】 「コロナ禍」がプラスになりそうなクラブ (1位-10位)  → 再生数:16,062回

 第13位  【Jリーグ】 46クラブのサポーター なんでもベスト10 (第1弾)  → 再生数:15,425回

 第14位  【Jリーグ】 新外国人選手の発掘が上手なクラブ (1位-10位)  → 再生数:14,052回

 第15位  【Jリーグ】 「コロナ禍」によるダメージが大きそうなクラブ (1位-10位)  → 再生数:12,127回

 第16位  【Jリーグ】 応援が面白いクラブ (1位~10位)  → 再生数:12,003回

 第17位  【J2】 2020年の順位予想をしてみた。 (上位グループ編)  → 再生数:11,484回

 第18位  【J1限定】 ホームで強いチーム (1位-10位)  → 再生数:10,719回

 第19位  【J2】 2020年の順位予想をしてみた。 (下位グループ編)  → 再生数:10,673回

 第20位  【Jリーグ】 若手育成力の高いクラブ (1位-10位)  → 再生数:10,296回

 第21位  【Jリーグ】 「ユニフォームがかっこいい。」と思うクラブ (1位-10位)  → 再生数:10,160回

 第22位  【Jリーグ】 好きなJ1のクラブはどこですか? (1位-10位)  → 再生数:10,079回

 第23位  【Jリーグ】 46クラブのサポーター なんでもベスト10 (第2弾)  → 再生数:9,243回

 第24位  【Jリーガー】 好きな個人用のチャント (1位~10位)  → 再生数:9,105回

 第25位  【Jリーグ】 かっこいいと思うチャント (10選)  → 再生数:6,857回

 第26位  【経営危機:サガン鳥栖】 竹原社長のヤバいエピソード (10選)  → 再生数:5,980回

 第27位  【Jリーグ】 スタジアムグルメの充実度 (1位-10位)  → 再生数:6,621回

 第28位  【Jリーグ】 「面白いチャント」を10個だけ選んでみた。  → 再生数:6,478回

 第29位  【Jリーガー】 好きな個人用のチャント (11位~20位)  → 再生数:6,456回

 第30位  【J2限定】 ホームで強いチーム (1位-10位)  → 再生数:5,791回

 第31位  【Jリーグ】 次にJ1童貞を卒業しそうなクラブ (1位-10位)  → 再生数:5,469回

 第32位  【Jリーグ】 46クラブのサポーター なんでもベスト10 (第3弾)  → 再生数:5,398回

 第33位  【Jリーグ/日本代表】 嫌いなサッカー解説者(1位~10位)  → 再生数:5,034回

 第34位  【何でもベスト10】 「Jリーグを代表するサポーター」というと・・・。  → 再生数:3,840回

 第35位  【Jリーグ】 過去5年間の平均年齢の低いクラブ (1位-10位)  → 再生数:3,659回

 第36位  【Jリーグ】 人気チャント・総選挙 「21位~30位の発表です」  → 再生数:3,618回

 第37位  【Jリーグ】 推定年俸ランキング ベスト50 (2002年-2020年)  → 再生数:3,602回

 第38位  【J1】 2020年に注目したい若手プレーヤー(20人)を挙げてみた。  → 再生数:3,337回

 第39位  セレッソサポーターの威圧感のある大ブーイング (京都サンガの選手の登場時)  → 再生数:2,924回

 第40位  【Jリーグ通への挑戦状】 簡単なクイズを作ってみたので挑戦してください。 (全部で15問)  → 再生数:2,565回

 第41位  【Jリーグ】 人気チャント・総選挙 「11位~20位の発表です」  → 再生数:2,518回

 第42位  【Jリーグ】 誰かに言いたくなるムダ知識 (30連発!!!)  → 再生数:2,496回

 第43位  セレッソ大阪のサポーターの「き!よ!きよたけ!」(サンガスタジアム by Kyocera)  → 再生数:2,487回

 第44位  【Jリーグ】 サガン鳥栖の育成力は日本屈指だ。ただし・・・。  → 再生数:2,418回

 第45位  【Jリーグ】 面白いサッカーを見せたチーム (1993年-2020年)  → 再生数:2,260回

 第46位  【Jリーガー】 現代の優秀なプレイスキッカー (トップ10)  → 再生数:2,191回

 第47位  【J2限定】 Jリーグの若手有望株を20名だけ挙げてみた。(2020年版)  → 再生数:2,189回

 第48位  セレッソ大阪の歴代ベストイレブンを考えてみた。  → 再生数:2,046回

 第49位  【Jリーグ/日本代表】 好きなサッカー解説者(1位~10位)  → 再生数:1,969回

 第50位  紫魂 (京都サンガのサポーターの応援)→セレッソ大阪側のバックスタンド3階席から  → 再生数:1,964回

 第51位  【サッカー】 「死語」になったワードを20個だけ挙げてみた。  → 再生数:1,823回

 第52位  【Jリーグ】 大分トリニータを数字で語りたい。  → 再生数:1,513回

 第53位  【Jリーグ】いろいろな個人スタッツのベスト10  → 再生数:1,401回

 第54位  【日本代表】 歴代の名勝負(トップ10) (1992年-2020年)  → 再生数:769回



カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----チャナティップ (8)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----庄司悦大 (22)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----岩波拓也 (20)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (25)
 -----李忠成 (23)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----江坂任 (9)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----小泉慶 (12)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----齋藤学 (30)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----中澤佑二 (19)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----表原玄太 (13)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 -----立田悠悟 (9)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----カミンスキー (16)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (38)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----片山瑛一 (11)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (18)
 -----山口蛍 (55)
 -----山村和也 (22)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----城福浩 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)
 -----吉田豊 (10)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----鈴木武蔵 (20)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (69)
 -----石崎信弘 (19)
 -----中村駿太 (9)
 -----坂井達弥 (9)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 ├栃木SC (32)
 -----大黒将志 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----大前元紀 (15)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----林陵平 (11)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (21)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----松井大輔 (12)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----永井龍 (21)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----安田理大 (31)
 ├ツエーゲン金沢 (16)
 -----清原翔平 (13)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (16)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----喜山康平 (8)
 -----齊藤和樹 (16)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----高木大輔 (20)
 -----丸岡満 (11)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 -----森本貴幸 (12)
 ├ロアッソ熊本 (74)
 -----上村周平 (10)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)
 -----宮阪政樹 (18)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (8)
 ├ブラウブリッツ秋田 (28)
 -----中村亮太 (9)
 -----藤田祥史 (11)
 ├福島ユナイテッド (12)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----風間宏希 (15)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----平繁龍一 (12)
 -----松下裕樹 (9)
 ├Y.S.C.C.横浜 (6)
 -----後藤京介 (6)
 ├SC相模原 (6)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├長野パルセイロ (18)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├藤枝MYFC (9)
 ├アスルクラロ沼津 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (16)
 -----森岡隆三 (14)
 -----加藤潤也 (6)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 ├鹿児島ユナイテッド (8)
 -----藤澤典隆 (10)
 ├FC琉球 (17)
 -----播戸竜二 (14)
 ├FC東京U-23 (0)
 -----久保建英 (8)
 ├ガンバ大阪U-23 (8)
 ├セレッソ大阪U-23 (7)
 -----喜田陽 (8)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:


PVアクセスランキング にほんブログ村