サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |






最近のエントリー (15記事)

 2018/12/13 【J2】 ストーブリーグの序盤戦の勝ち組はどこだろうか? (上) (2018年-2019年オフ)
 2018/12/13 【J2】 ストーブリーグの序盤戦の勝ち組はどこだろうか? (下) (2018年-2019年オフ)
 2018/12/13 【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (右SB/WB編) (2018年の最終版)
 2018/12/14 【J1・J2・J3】 今シーズン限りで契約満了になった選手を評価する。 (2018年-2019年オフ) (その12)
 2018/12/14 【Jリーグ】 MF安部裕葵(鹿島アントラーズ)のベストヤングプレーヤー賞は本当に妥当なのか?
 2018/12/14 【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (CB編) (2018年版)
 2018/12/14 【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (左SB/WB編) (2018年版)
 2018/12/15 【J1】 ストーブリーグの序盤戦の勝ち組はどこだろうか? (上) (2018年-2019年オフ)
 2018/12/15 【J1】 今オフの移籍市場の序盤戦の雑感 (横浜Fマリノス・湘南ベルマーレ・松本山雅) (2018年-2019年)
 2018/12/15 【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年-2019年オフ) (その2)
 2018/12/16 【クラブW杯:鹿島×グアダラハラ】 19才のMF安部裕葵が躍動。Rマドリーとの再戦へ・・・。
 2018/12/16 【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (ボランチ編) (2018年版)
 2018/12/16 【J1】 今オフの移籍市場の序盤戦の雑感 (清水エスパルス・ジュビロ磐田・名古屋グランパス) (2018年-2019年)
 2018/12/16 【移籍市場】 MF米原秀亮(ロアッソ熊本→松本山雅)の移籍への評価は難しい・・・。
 2018/12/17 【移籍市場】 理解に苦しむFW都倉賢の移籍(コンサドーレ札幌→セレッソ大阪?)



J3+(メルマ)のエントリー (10記事)

 #2100  2018/11/28  鳥栖×横浜FM、広島×名古屋、鹿児島×沼津、盛岡×C大阪U-23
 #2101  2018/11/29  【女子】 U-17W杯の総括 (ウルグアイ大会)
 #2102  2018/12/01  【J2】 ロアッソ熊本のJ3降格について
 #2103  2018/12/02  【J3】 鹿児島ユナイテッドのJ2昇格について
 #2104  2018/12/03  川崎F×磐田、横浜FM×C大阪、名古屋×湘南、横浜FC×東京V
 #2105  2018/12/04  【J2】 プレーオフの年間順位ごとの成績を調べてみた。
 #2106  2018/12/06  【2018年】 M-1グランプリの炎上騒動で感じること (上)
 #2107  2018/12/07  柏×G大阪、長崎×清水、神戸×仙台、SC相模原×鹿児島
 #2108  2018/12/08  【2018年】 M-1グランプリの炎上騒動で感じること (下)
 #2109  2018/12/09  【J3+アウォーズ】 2018年のJ1の各賞が決まりました。

 #0000  2018/12/08  全記事一覧(2005年-2018年)


【日韓W杯】 あれから10年 (チュニジア戦) | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

運命の6月14日となりました。初戦でベルギーと引き分けて、2戦目でロシアに勝利したトルシエジャパンは、決勝トーナメント進出を賭けて、アフリカ代表のチュニジアと対戦しました。GLの中では、チュニジアが、「もっとも力の劣る相手」と思われていましたが、1998年のフランスW杯では、同じように、組み易しと思われたジャマイカに1対2で敗れているので、油断している人はいませんでした。

1勝1分けの日本は、勝てば首位でグループリーグを突破できます。また、1点差負けでも、グループ2位になることが出来ます。ただ、グループHは、決勝トーナメントの1回戦で、グループCを勝ち上がってきたチームと対戦するので、グループCを首位で通過したブラジル代表との対戦を避ける意味でも、首位で通過したいところです。

とは言っても、このときは、首位通過も、2位通過も関係なくて、ほとんどの人は、「GLを突破すること」を最優先に考えていました。幸運なことに、ロシア戦の翌日に行われたベルギーとチュニジアの試合が引き分けに終わったので、チュニジアに1点差で敗れても、2位で通過できるという非常に有利な立場でチュニジア戦を迎えましたが、これは、精神的な余裕をもたらしました。




大一番のチュニジア戦の前に、当時のトルシエ監督は、選手たちに次のように語りかけました。

「今日という日は、本当に素晴らしい1日になるだろう。1つの長い過程の結果だから。そして、ワールドカップの決勝トーナメント進出がかかっている試合だから。それは、みんな子供の時から夢で見てきたことだから。」

フランス人のトルシエ監督は、エキセントリックな人物でしたが、フランス人らしく、言葉を使って、選手を奮い立たせる能力に長けていました。いわゆる、モチベーターとしての能力に優れたものがあったと思います。そして、その言葉どおり、2002年6月14日は、素晴らしい1日となりました。




前半は、膠着状態になりました。日本は、疲れもあったのか、ロシアのようなパフォーマンスはできず、なかなか、チャンスを作れません。15:30キックオフの試合で、暑さとの戦いもあって、体の重い選手が目立ちました。よって、猛攻を期待していたサポーターにとっては、苛立ちの募る前半となりました。

結局、前半は0対0で終了しますが、後半開始から、トルシエ監督は、MF稲本とFW柳沢を下げて、MF市川とMF森島を投入します。「0対0のままでもOK」どころか、「0対1で敗れても大丈夫」という状況なので、ハーフタイムに二人の選手を代えるというのは、相当なギャンブルでしたが、結果的には、この積極的な交代策が実を結びます。

均衡を破ったのは、途中出場した森島寛晃でした。後半3分に相手のクリアボールを拾ったMF森島が右足でシュートを放つと、これが鮮やかにネットを揺らして、待望の制ゴールをマークします。試合後に、MF森島自身が、「あんなの決めたことないよ。」というくらいの見事なシュートでした。

このゴールは、「六月の勝利の歌を忘れない」というDVDの中で、山本昌邦氏が、「ファーストタッチだろう。」とはしゃいだこともあって、ファーストタッチでゴールを決めたと思っている人も多いと思いますが、キックオフのときに、ボールを触っているので、厳密には、ファーストタッチではありません。いわゆる「ガセネタ」ですが、確かに、流れの中ではファーストタッチでした。




そして、このゴールは、MF森島がキャリアの中でマークしたたくさんのゴールの中でも、もっとも重要なゴールであり、もっとも記憶に残るゴールとなりました。言うまでもなく、長居スタジアムは自分のホームグラウンドで、ここで決勝トーナメント進出に大きく近づく先制ゴールを決めるというのは、これ以上ない栄誉です。

MF森島は、「初代・ミスターセレッソ」で、誰からも愛された選手でした。得点力のある選手でしたが、何と言っても、献身的なプレースタイルが特徴で、トルシエ監督にも、ジョーカー役として、高く評価されていました。彼がピッチに入ると、攻撃の流れが良くなるので、ジョーカー役としては最適の選手でした。

この日、彼が、大阪の地でヒーローになりましたが、我の強い人が多い大阪という街で、謙虚なMF森島が活躍したというのも、面白いところです。「もっとも腰の低いJリーガー」と言われましたが、謙虚さはプレースタイルにもよく表れています。人を惹きつける魅力を持った選手で、あれだけゴールを量産した香川真司も、C大阪では、偉大な先輩を超えることはできませんでした。




先制ゴールを奪って、スタジアムはヒートアップしましたが、後半30分に途中出場したMF市川がまたぎフェイントから素晴らしいクロスを供給して、大黒柱のMF中田英にW杯初ゴールが生まれました。このゴールで、MF中田英は、U-17W杯・U-20W杯・五輪・W杯・コンフェデレーションズカップという主要な世界大会の全てでゴールを決めていた初の日本人選手となりました。

見事なアシストを決めたMF市川も、トルシエ監督が大きな期待を抱いた選手の一人で、2002年になって、代表に呼ばれるようになりました。トルシエ監督は、左右のアウトサイドにボランチやゲームメーカータイプの選手を起用することを好みましたが、2002年になって、MF市川とMFアレックスという本格派のサイドアタッカーを代表で試してきましたが、これが実を結びました。

2対0とリードしてからは、目前に迫った歓喜の瞬間を待つまでの、幸福な時間となりました。その過程では、追加点のチャンスもありましたが、決めることはできず、「ダメ押し」はできませんでしたが、そのまま、2対0で日本が勝利して、見事にグループ首位で決勝トーナメント進出を決めました。




この結果を受けて、日本中は大騒ぎになりました。2002年6月というのは、日本国中がお祭り騒ぎになった特別な1か月間でしたが、中でも、6月9日と6月14日の熱狂ぶりは、今でも忘れられません。日本であって、日本でないような不思議な感覚でした。

決勝トーナメント進出を決めた日本は、その後、6月18日に宮城スタジアムでトルコと対戦しましたが、MFアレックスとFW西澤をスタメンで起用するという奇策が成功せず、0対1で敗れてしまいます。「勝ているときはいじらない。」という鉄則を守れなかったことで、トルシエ監督は批判を浴びましたが、さらに上に進むためには、新たな力が必要だったことも事実で、一概には、責められないと思います。

また、決勝トーナメントで、イタリアとスペインを撃破してベスト4に進出した韓国代表と比べる論調も目立ちましたが、あのときの日本には、ベスト4に入る力はなかったと思いますし、いろいろな策を講じて、背伸びをして、ベスト4に進出するよりも、ベスト16という身の丈にあった成績で大会を終えたことは、悪いことでは無かったと思います。

あれから10年が経って、現在の日本代表の主力選手は、北京世代(1985年~1988年生まれ)が中心になっています。彼らは、2002年の頃は、中学生や高校生で、トルシエジャパンから大きな刺激を受けたと想像できます。




Jリーグが誕生して20年が経過しました。そして、W杯で決勝トーナメントに進んでから、10年が経ちました。若い世代には、世界レベルの選手が生まれてきています。

FW三浦知、MFラモス、DF井原の時代は、海外クラブに移籍するだけでも、光栄なことでした。その後、MF中田英が欧州の道を切り開くと、黄金世代の選手が次々に海を渡って、一定の評価を得ることに成功しました。そして、今、MF本田圭、DF長友、MF香川の時代となって、彼らは、欧州のクラブでポジションを確保するだけでなく、リーグ内で大きな存在感を示して、CLに出場するような大きなクラブに引き抜かれるようになりました。

日本サッカー協会は、「2050年までにW杯を制覇する。」という大きな目標を掲げています。その目標を公表したときは、「ちょっと難しいのでは?」と感じましたが、今、少し時間が経過して、「もしかしたらチャンスがあるかもしれない。」と感じるようになってきました。夢のような話だったW杯制覇も、全く無理な話ではないのかもしれません。

Jリーグが誕生してから、日韓W杯までの10年間は、世界でも例がないほど、日本サッカーは、急激な進歩を遂げて、世界中から称賛されましたが、日韓W杯から今までの10年間も、負けず劣らずの進化を見せました。果たして、これからの10年は、どんな10年になるのでしょうか。


関連エントリー

 2008/11/20  もう一度行きたくなる日本のサッカースタジアム 10選
 2008/11/21  もう一度行きたくなる日本のサッカースタジアム 番外編
 2008/12/07  【C大阪×愛媛FC】 モリシ ラストマッチ (生観戦記 #19)
 2010/07/16  日本サッカーに求められるもの
 2011/02/02  はじめてのサッカースタジアム
 2011/09/29  韓国サッカーとは、どのように付き合っていくべきか?
 2012/06/04  【日韓W杯】 あれから10年 (ベルギー戦)
 2012/06/09  【日韓W杯】 あれから10年 (ロシア戦)



トラックバック

トラックバックURL:https://llabtooflatot.blog.fc2.com/tb.php/3212-461b53bc
-
管理人の承認後に表示されます
2012/06/19(火) 04:21:06 |


| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2018) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!



Since 2007/4/30



最近のエントリー (50記事)


12月17日
全記事一覧(2005年-2018年)


12月17日
【移籍市場】 理解に苦しむFW都倉賢の移籍(コンサドーレ札幌→セレッソ大阪?)

12月16日
【移籍市場】 MF米原秀亮(ロアッソ熊本→松本山雅)の移籍への評価は難しい・・・。

12月16日
【J1】 今オフの移籍市場の序盤戦の雑感 (清水エスパルス・ジュビロ磐田・名古屋グランパス) (2018年-2019年)

12月16日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (ボランチ編) (2018年版)

12月16日
【クラブW杯:鹿島×グアダラハラ】 19才のMF安部裕葵が躍動。Rマドリーとの再戦へ・・・。

12月15日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年-2019年オフ) (その2)

12月15日
【J1】 今オフの移籍市場の序盤戦の雑感 (横浜Fマリノス・湘南ベルマーレ・松本山雅) (2018年-2019年)

12月15日
【J1】 ストーブリーグの序盤戦の勝ち組はどこだろうか? (上) (2018年-2019年オフ)

12月14日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (左SB/WB編) (2018年版)

12月14日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (CB編) (2018年版)

12月14日
【Jリーグ】 MF安部裕葵(鹿島アントラーズ)のベストヤングプレーヤー賞は本当に妥当なのか?

12月14日
【J1・J2・J3】 今シーズン限りで契約満了になった選手を評価する。 (2018年-2019年オフ) (その12)

12月13日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (右SB/WB編) (2018年の最終版)

12月13日
【J2】 ストーブリーグの序盤戦の勝ち組はどこだろうか? (下) (2018年-2019年オフ)

12月13日
【J2】 ストーブリーグの序盤戦の勝ち組はどこだろうか? (上) (2018年-2019年オフ)

12月12日
【J1】 今オフの移籍市場の序盤戦の雑感 (浦和レッズ・FC東京・川崎フロンターレ) (2018年-2019年)

12月12日
DF初瀬亮(ガンバ大阪→ヴィッセル神戸?)は過大評価されているのでは?と思う。

12月12日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年-2019年オフ) (その1)

12月11日
【移籍市場】 MF岩崎悠人(京都サンガ)の移籍先はどこがベターか?~コンサドーレ札幌?FC東京?鹿島アントラーズ?ユベントス?etc.~

12月11日
【移籍市場】 MF山口蛍(セレッソ大阪→ヴィッセル神戸)の移籍(?)について

12月11日
【J1】 今オフの移籍市場の序盤戦の雑感 (コンサドーレ札幌・ベガルタ仙台・鹿島アントラーズ) (2018年-2019年)

12月10日
【J1】 どこよりも早い2019年シーズンの展望 (下) ~残留争いに巻き込まれるのは?~

12月10日
【J1】 どこよりも早い2019年シーズンの展望 (中) ~2強を追うのはどこになるか?~

12月10日
【J1】 どこよりも早い2019年シーズンの展望 (上) ~2強時代は続くのか?~

12月09日
【J2】 どこよりも早い2019年シーズンの展望 (下) ~残留争いに巻き込まれるのはどのチームか?~

12月09日
【J2】 どこよりも早い2019年シーズンの展望 (中) ~躍進が期待されるのはどのチームか?~

12月09日
【J2】 どこよりも早い2019年シーズンの展望 (上) ~柏レイソルが大本命、対抗馬はどこか?~

12月08日
【J1・J2・J3】 今シーズン限りで契約満了になった選手を評価する。 (2018年-2019年オフ) (その11)

12月08日
【移籍市場】 FW玉田圭司(名古屋グランパス)の契約満了について

12月08日
【Jリーグ】 「獲得できたら効果的な補強になる。」と思える契約満了になった選手(30名) (下) (2018年版)

12月07日
【Jリーグ】 「獲得できたら効果的な補強になる。」と思える契約満了になった選手(30名) (中) (2018年版)

12月07日
【Jリーグ】 「獲得できたら効果的な補強になる。」と思える契約満了になった選手(30名) (上) (2018年版)

12月07日
【J1・J2・J3】 今シーズン限りで契約満了になった選手を評価する。 (2018年-2019年オフ) (その10)

12月07日
【J1・J2・J3】 今シーズン限りで契約満了になった選手を評価する。 (2018年-2019年オフ) (その9)

12月06日
【J1・J2・J3】 今シーズン限りで契約満了になった選手を評価する。 (2018年-2019年オフ) (その8)

12月06日
【J1・J2・J3】 今シーズン限りで契約満了になった選手を評価する。 (2018年-2019年オフ) (その7)

12月05日
【J2】 今オフの移籍市場の序盤戦の雑感 (大宮アルディージャ・ジェフ千葉・東京ヴェルディ) (2018年-2019年)

12月05日
【Jリーグ】 「今オフ、J2のクラブが獲得できたら美味しい。」と思う選手・10名 (フォワード編)

12月05日
【Jリーグ】 「今オフ、J1のクラブが獲得できたら美味しい。」と思う選手・10名 (フォワード編)

12月04日
【J2】 今オフの移籍市場の序盤戦の雑感 (モンテディオ山形・水戸ホーリーホック・栃木SC) (2018年-2019年)

12月04日
【Jリーグ】 「今オフ、J2のクラブが獲得できたら美味しい。」と思う選手・10名 (アタッカー編)

12月03日
【Jリーグ】 「今オフ、J1のクラブが獲得できたら美味しい。」と思う選手・10名 (アタッカー編)

12月03日
新語・流行語になったサッカー用語に関する話 ~半端ない・ケイスケホンダ・忖度JAPANなど~

12月03日
【プレーオフ】 東京ヴェルディの勝利(=昇格)を期待する4つの理由 (vs ジュビロ磐田)

12月03日
【移籍市場】 「お断りされた回数」のランキング ~4位はセレッソ大阪、2位は浦和レッズと横浜Fマリノス、1位は・・・。~

12月02日
【プレーオフ:横浜FC×東京ヴェルディ】 またもミラクル 11年ぶりのJ1昇格まであと1つ。

12月02日
【Jリーグ】 「今オフ、J1のクラブが獲得できたら美味しい。」と思う選手・10名 (ボランチ編)

12月02日
【Jリーグ】 「今オフ、J2のクラブが獲得できたら美味しい。」と思う選手・10名 (ボランチ編)

12月02日
【移籍市場】 ヴィッセル神戸の補強がいくら何でも凄すぎる件

12月01日
【Jリーグ】 「今オフ、J1のクラブが獲得できたら美味しい。」と思う選手・10名 (左SB/WB編)

12月01日
【Jリーグ】 「今オフ、J2のクラブが獲得できたら美味しい。」と思う選手・10名 (CB編)

11月30日
【Jリーグ】 「今オフ、J1のクラブが獲得できたら美味しい。」と思う選手・10名 (CB編)

11月30日
【Jリーグ】 「今オフ、J2のクラブが獲得できたら美味しい。」と思う選手・10名 (右SB/WB編)

11月30日
【移籍市場】 草刈り場になる可能性が出てきたセレッソ大阪

11月29日
【Jリーグ】 「今オフ、J1のクラブが獲得できたら美味しい。」と思う選手・10名 (右SB/WB編)

11月29日
【Jリーグ】 「今オフ、J2のクラブが獲得できたら美味しい。」と思う選手・10名 (キーパー編)

11月29日
【Jリーグ】 「今オフ、J1のクラブが獲得できたら美味しい。」と思う選手・10名 (キーパー編)

11月28日
【Jリーグ】 2018年限りで現役を引退した選手について (その1)

11月28日
【J1・J2・J3】 今シーズン限りで契約満了になった選手を評価する。 (2018年-2019年オフ) (その6)



公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----チャナティップ (8)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----庄司悦大 (22)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----岩波拓也 (20)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (25)
 -----李忠成 (23)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----江坂任 (9)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----小泉慶 (12)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----齋藤学 (30)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----中澤佑二 (19)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----表原玄太 (13)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 -----立田悠悟 (9)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----カミンスキー (16)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (38)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----片山瑛一 (11)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (18)
 -----山口蛍 (55)
 -----山村和也 (22)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----城福浩 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)
 -----吉田豊 (10)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----鈴木武蔵 (20)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (69)
 -----石崎信弘 (19)
 -----中村駿太 (9)
 -----坂井達弥 (9)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 ├栃木SC (32)
 -----大黒将志 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----大前元紀 (15)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----林陵平 (11)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (21)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----松井大輔 (12)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----永井龍 (21)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----安田理大 (31)
 ├ツエーゲン金沢 (16)
 -----清原翔平 (13)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (16)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----喜山康平 (8)
 -----齊藤和樹 (16)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----高木大輔 (20)
 -----丸岡満 (11)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 -----森本貴幸 (12)
 ├ロアッソ熊本 (74)
 -----上村周平 (10)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)
 -----宮阪政樹 (18)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (8)
 ├ブラウブリッツ秋田 (28)
 -----中村亮太 (9)
 -----藤田祥史 (11)
 ├福島ユナイテッド (12)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----風間宏希 (15)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----平繁龍一 (12)
 -----松下裕樹 (9)
 ├Y.S.C.C.横浜 (6)
 -----後藤京介 (6)
 ├SC相模原 (6)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├長野パルセイロ (18)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├藤枝MYFC (9)
 ├アスルクラロ沼津 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (16)
 -----森岡隆三 (14)
 -----加藤潤也 (6)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 ├鹿児島ユナイテッド (8)
 -----藤澤典隆 (10)
 ├FC琉球 (17)
 -----播戸竜二 (14)
 ├FC東京U-23 (0)
 -----久保建英 (8)
 ├ガンバ大阪U-23 (8)
 ├セレッソ大阪U-23 (7)
 -----喜田陽 (8)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)