サッカーコラム J3 Plus+ 

J1・J2・J3・日本代表などを幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |






最近のエントリー (20記事)

 2019/01/17  【J1】 2019年シーズンの展望 (下) ~降格候補は松本山雅・磐田・仙台・鳥栖など~
 2019/01/17  【Jリーグ】 2019年にブレイクが期待される若手Jリーガー (1位-10位) (CB編)
 2019/01/17  【Jリーグ】 プレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年-2019年オフ) (その34)
 2019/01/18  【アジア杯:3戦目】 日本 vs ウズベキスタンで「出来が良かった。」と思うのは?
 2019/01/18  【アジア杯:日本×ウズベキスタン】 ボランチのMF塩谷司(アル・アイン)が森保JAPANを救うのか?
 2019/01/18  【地域リーグ】 サウルコス福井の新チーム名がダサすぎる。
 2019/01/18  【Jリーグ】 2019年にブレイクが期待される若手Jリーガー (1位-10位) (左SB/WB編)
 2019/01/19  【Jリーグ】 2019年にブレイクが期待される若手Jリーガー (1位-10位) (ボランチ編)
 2019/01/19  【J3】 2019年シーズンの展望 (上) ~本命はロアッソ熊本、対抗はザスパクサツ群馬とブラウブリッツ秋田~
 2019/01/19  【Jリーグ】 2019年にブレイクが期待される若手Jリーガー (1位-10位) (アタッカー編)
 2019/01/20  【Jリーグ】 プレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年-2019年オフ) (その35)
 2019/01/20  【日本代表】 森保JAPANのメンバーは誰がベストなのか?を考える。 (GK編)
 2019/01/20  【J2】 2019年の開幕前の補強診断ならびに戦力分析 (モンテディオ山形)
 2019/01/21  【J2】 2019年の開幕前の補強診断ならびに戦力分析 (水戸ホーリーホック)
 2019/01/21  【J1】 2019年の開幕前の補強診断ならびに戦力分析 (コンサドーレ札幌)
 2019/01/21  【J2】 2019年の開幕前の補強診断ならびに戦力分析 (栃木SC)
 2019/01/21  【J1】 2019年の開幕前の補強診断ならびに戦力分析 (ベガルタ仙台)
 2019/01/21  【アジア杯:ラウンド16】 日本 vs サウジアラビアで「出来が良かった。」と思うのは?
 2019/01/22  【アジア杯:日本×サウジアラビア】 大苦戦のようにも見える楽な試合
 2019/01/22  【日本代表】 森保監督のサッカーは何故に面白くないのか?

 2019/01/22  【J1】 順位予想バトル 2019年版 受付開始 (現在の参加者→132名) → 追加(16名:1月19日up)、エラー投稿(1名)
 2019/01/22  【J2】 順位予想バトル 2019年版 受付開始 (現在の参加者→44名) → 追加(5名:1月19日up)、エラー投稿(2名)
 2019/01/22  【J3】 順位予想バトル 2019年版 受付開始 (現在の参加者→19名) → 追加(4名:1月19日up)
 2019/01/22  全記事一覧(2005年-2019年)


お勧めしたいエントリー (15記事)

【J2】 2019年の開幕前の補強診断ならびに戦力分析 (大宮アルディージャ) | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

大宮アルディージャ A-

→ 「1年でのJ1復帰」に失敗した大宮は石井監督が退任。長崎で実績を積んだ高木琢也監督を招聘した。実績十分の日本人指揮官の招聘に成功したことは大宮にとって今オフ最大のニュースといえる。地方のスモールクラブだった長崎を率いてわずか5年でJ1まで引き上げた実績は輝いている。近年の大宮は監督選びの部分で苦労してきたがようやく信頼できる指導者を手に入れることが出来た。

どちらかというと資金力の乏しいクラブだった長崎に対して大宮はJ2屈指の資金力を持ったクラブである。J1の中に混じっても資金力は上位クラスに入るので「思い通りの補強が出来る可能性が高い大宮で高木監督がどんな成績を残すのか?」は興味深いが今オフの動きはそこまで活発ではなかった。選手の入れ替えは最小限にとどまったと言える。移籍市場の話題の中心になることが多い大宮にしては静かである。

2018年の攻撃陣を牽引したFW大前とMFマテウスの去就が注目されていたが名古屋が興味を示したエースのFW大前の引き止めに成功した。J2で24ゴールを挙げた絶対的なエースが今シーズンも大宮でプレーすることになったのは大きい。その一方でMFマテウスは名古屋に移籍となった。J2屈指のチャンスメーカーのMFマテウスを失ったダメージは相当に大きい。「大きな穴が空いてしまった。」と言わざる得ない。

新たに加入が決まったのはFWファンマ(長崎)、MF小野雅(明治大)、FW吉永(大宮ユース)、MF石川俊(湘南)の4人のみ。FW吉永は年代別代表を経験しているマルチプレーヤーになる。彼が即戦力になる可能性はあまり高くないことを考えると、即、プラスの効果を生み出す可能性があるのはそれ以外の3人になる。J1復帰を果たすためにはFWファンマ、MF小野雅、MF石川俊の3人に大きな期待がかかる。


【J1】 2019年の開幕前の補強診断ならびに戦力分析 (鹿島アントラーズ) | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

鹿島アントラーズ A-

→ 悲願のアジア制覇を果たした鹿島だったが今オフは苦戦を強いられている。クラブW杯を戦った関係でオフに突入した時期がJリーグのクラブの中では最も遅かったことも大きく関係しているとは思うが戦力アップに成功したとは言い難い。FWレアンドロ・ダミアンやMF山村和を獲得した王者の川崎Fとの差は広がっており、FW杉本健やMF山中を獲得するなど大型補強を敢行した浦和よりも現時点での評価は下になる。

守備の要として活躍してきたDF昌子(→トゥールーズ)が抜けた穴はやはり大きい。最終ラインの要であり、精神的な支柱だったので大きな流出と言える。昨夏にはDF植田直(セルクル・ブルージュ)が欧州に旅立ったがさすがの鹿島でも代表クラスのCBが短期間で2人も抜けてしまうと穴を埋めるのは難しくなる。「高校ナンバー1のCB」と評されるDF関川(流通経済大柏高)にかかる期待は大きいが時間はかかるだろう。

現時点でCBを主戦場とする選手はDF犬飼、DFチョン・スンヒョン、DFブエノ、DF関川、DF町田の5人になる。韓国代表のDFチョン・スンヒョンは大きな可能性を秘めた選手であるが、DFブエノはJ2の徳島であまり出場機会を得られず。DF関川は高卒ルーキーで、DF町田は怪我の影響もあってやや伸び悩んでいる。DF犬飼もCBとしてのスペックが高い選手ではないことを考えるとCBは質も量も十分ではない。

鹿島というと伝統的に代表クラスのCBを中心とした堅守で勝ち点を積み上げてきたチームである。ここまでCBが不安いっぱいの状態になったのはクラブ史上初と言える。現時点でDF昌子の穴を埋めることができる即戦力CBの補強はない。今後、開幕までに新たなCBの補強があっても何ら不思議はないが日本人の有力なCBをこれから獲得するのは不可能に近い。外国人に絞らざる得ないが外国人枠もあまり余裕はない。


【日本代表】 森保監督のサッカーは何故に面白くないのか? | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ サウジアラビアを下してベスト8入り

アジア杯は決勝Tがスタートした。2大会ぶりのアジア制覇を目指す日本は宿敵のサウジアラビアと対戦したが前半20分にCKからDF冨安が決勝ゴールを決めて1対0で勝利した。アジア制覇の回数は日本が4回、サウジアラビアが3回。ともにロシアW杯に出場して勝利を手にしているアジア屈指の強豪国なので「ラウンド16の中では屈指の好カード」と言われていたが日本がベスト8に進出。これで4連勝となった。

この試合の日本のボール支配率は23.7%だった。どちらかというとボールを保持して攻め込みたいタイプの日本にしては極めて珍しいほどの低いパーセンテージだったがサウジアラビアがどのくらいの決定機を作ったのか?というと非常に少なかった。後半17分にDF吉田が軽率な対応を見せてサイドを突破されたシーンは「サウジアラビアにとって最大の決定機」と言えたがそれ以外はほとんどなかったと言える。

この試合はGK権田がスタメンで起用されたが「GK権田の見せ場」は少なかった。彼の好セーブでピンチを防いだ回数はゼロ。サウジアラビアは15本のシュートを放っているのでシュートチャンスは少なくなかったが枠に飛んだシュートはほとんどなかった。サウジアラビアにとって痛かったのはセットプレーがほとんどチャンスにつながらなかった点になる。CKやFKを獲得する回数は多かったが日本の守備陣が対応した。


【アジア杯:日本×サウジアラビア】 大苦戦のようにも見える楽な試合 | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ アジア杯の決勝Tの1回戦

アジア杯の決勝Tの1回戦。3連勝でGL首位を果たした日本代表は難敵のサウジアラビアと対戦した。サウジアラビアは2勝1敗でGLは2位。GLの最終節はカタールに0対2で敗れている。日本とサウジアラビアは過去に何度もアジア杯の舞台で直接対決をしているが1992年や2000年のアジア杯では決勝で対戦して日本が1対0で勝利するなど相性は悪くない。ただ、2007年のときは準決勝で2対3で敗れている。

日本は「4-2-3-1」。GK権田(鳥栖)、DF酒井宏(マルセイユ)、DF冨安(シントトロイデン)、DF吉田(サウサンプトン)、DF長友(ガラタサライ)。MF遠藤航(シントトロイデン)、MF柴崎岳(ヘタフェ)、MF堂安(フローニンゲン)、MF南野(ザルツブルク)、MF原口(ハノーファー96)。FW武藤嘉(ニューカッスル)。2試合連続スタメンとなったのはFW武藤嘉のみ。GLの3戦目からスタメン10人を入れ替えてきた。

ベンチスタートになったのはGK東口(G大阪)、GKシュミット・ダニエル(仙台)、DF室屋(FC東京)、DF三浦弦(G大阪)、DF槙野(浦和)、DF佐々木翔(広島)、MF塩谷(アル・アイン)、MF 伊東純也 (柏レイソル)、MF 乾貴士 (ベティス)、FW北川航(清水)、FW大迫(ブレーメン)の11名。ボランチのMF青山敏は怪我の影響でベンチにも入らず。2試合連続欠場中のFW大迫に出番が回ってくるのか?が注目点になる。


【アジア杯:ラウンド16】 日本 vs サウジアラビアで「出来が良かった。」と思うのは? (2019年1月21日) → 56票 | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ 2大会ぶりのアジア制覇を目指す

アジア杯は決勝トーナメントがスタートした。3連勝で首位通過を果たした日本は難敵のサウジアラビアと対戦しました。従来のカウンターサッカーからは一変してボールを保持するサッカーにシフトチェンジしたサウジアラビアにボールを持たれる展開になりましたが前半20分にMF柴崎岳のCKからDF冨安がヘディングシュートを決めてやや劣勢だった日本が先制に成功します。DF冨安は代表初ゴールとなりました。

1対0で迎えた後半も引き続いてボールを保持される展開になりましたがDF吉田とDF冨安を中心に守り抜きました。何度か危ないシーンを作られましたがそのときは体を張って対応。GK権田が好セーブで相手のシュートを防ぐシーンは前半も後半もありませんでした。1対0で勝利した日本は前回大会に続いてベスト8入り。準々決勝でベトナムと対戦することになりました。2大会ぶりのアジア制覇が見えてきました。

 前半20分 (日本)  MF 柴崎岳 → DF 冨安健洋


※ 当サイトでは日本代表や五輪代表やJリーグ等のビッグマッチが開催された後は『○○戦で「出来が良かった。」と思う選手は誰ですか?』という形でアンケートを実施しています。出来るだけ多くの方に投票していただきたいと思っています。簡単に投票することができますのでご協力お願いします。



★ 現在の投票数 → 56票

   → 最大で8人まで選択して投票することができます。
   → 「コメント」のところは何も書かなくてもOKです。(投票可能です。)



関連エントリー

 2018/10/22  【日本サッカー界】 トッププロスペクト(将来有望な若手)のベスト10を考える。 (GK編)
 2018/10/22  【日本サッカー界】 トッププロスペクト(将来有望な若手)のベスト10を考える。 (右SB編)
 2018/10/22  【日本サッカー界】 トッププロスペクト(将来有望な若手)のベスト10を考える。 (CB編)
 2018/10/23  【日本サッカー界】 トッププロスペクト(将来有望な若手)のベスト10を考える。 (左SB編)
 2018/10/24  【日本サッカー界】 トッププロスペクト(将来有望な若手)のベスト10を考える。 (ボランチ編)
 2018/10/24  【日本サッカー界】 トッププロスペクト(将来有望な若手)のベスト10を考える。 (アタッカー編)
 2018/10/25  【日本サッカー界】 トッププロスペクト(将来有望な若手)のベスト10を考える。 (フォワード編)
 2019/01/07  【J1】 順位予想バトル 2019年版 受付開始 (現在の参加者→80名)
 2019/01/06  【J2】 順位予想バトル 2019年版 受付開始 (現在の参加者→28名)
 2019/01/13  J3+(アンテナ) ・・・ 人気のあるサッカーサイトの最新記事 (4つ)



【J1】 2019年の開幕前の補強診断ならびに戦力分析 (ベガルタ仙台) | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

ベガルタ仙台 D+

→ 天皇杯で決勝に進出するなど躍進した仙台だったがJ1のリーグ戦は11位。秋以降に失速して1桁順位は逃した。「内容的には優れているが思うような結果につながらない。」という試合が少なくなかった。34試合で13勝15敗6分け。黒星が先行したので満足できる成績とは言えないが攻撃型のチームに変貌して2年目の2018年はJ1で一定以上の存在感を発揮した。誰しもが一目置くチームになったと言える。

手倉森監督もかなりの長期政権だったが渡辺晋監督も長期政権になっている。2019年が早くも6年目のシーズンになるが2018年に達成できなかった「トップ5入り」が目標になるだろう。渡邉晋監督にとっては勝負のシーズンになるがオフの移籍市場は苦戦を強いられた。期限付き移籍だったMF野津田(→広島)とDF板倉(→フローニンゲン)の2人は是が非でも引き止めたかったが慰留することは出来なかった。

さらにはチームの象徴である「7番」を背負ってきたMF奥埜(→C大阪)が流出。長崎に修行に出た時期を除くとずっと仙台でプレーしてきた生え抜きだったのでショックは大きい。期限付き移籍だったMF矢島慎(→G大阪)とFWハーフナー・マイク(→バンコクU)もレンタル終了で、ドリブラーのMF中野嘉(→札幌)は完全移籍。クラブのレジェンドと言えたMF菅井は2018年限りで現役を引退することになった。

新たに加入したのはFW長沢駿(神戸)、MF松下佳(神戸)、MF兵藤(札幌)、MF吉尾(横浜FM)、MF石原崇(松本山雅)、MF飯尾竜(長崎)、DFシマオ・マテ(アル・アハリ)、MF道渕(甲府)あたりになる。資金力の問題も絡んでくるので仕方がないところもあるが効果的な補強が出来たとは言い難い。GKシュミット・ダニエルとDF大岩を引き止めることが出来たのは良かったが「オフの戦力収支はマイナス」と言わざる得ない。


【J2】 2019年の開幕前の補強診断ならびに戦力分析 (栃木SC) | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

栃木SC ・・・ D-

→ 昨シーズンまでJ3の福島を率いた田坂監督を招聘した栃木SCは監督が交代して新しいスタートを切ったが苦しいオフになっている。DFパウロン(→新潟)、DF服部康(→松本山雅)、DF福岡将(→徳島)という2018年の後半戦にCBのレギュラーを務めた3人が揃って流出する異常事態となった。前半戦はCBのレギュラーとして活躍したDF西河(→FC琉球)もレンタル終了となったのでCBが4人も抜けている。

2018年に一定以上の出場機会を得たCBでチームに留まったのは20試合に出場したDF田代雅くらい。長いJリーグの歴史を振り返ってみてもこれだけ一気にCBの主力が抜けたチームは無かったと言える。前代未聞の出来事と言えるので田坂監督は大変な状況でバトンを受け取る形になった。現時点では「降格候補の筆頭」と言われているのでまずは「J2に残留すること」が2019年の最初の大きな目標になる。

田坂監督は4バックを採用すると思われるが新たに加入したCBはDF森下怜(C大阪)、DF黒崎(法政大)、DFジョナス(バイーア)、DF伊藤竜(VONDS市原)の4人。2015年~2017年は金沢でプレーした190センチのDFメンデスは左膝前十字靭帯再断裂で長期離脱中で順調に回復したとしても復帰時期は6月末あたり。前半戦の出場は絶望的なのでDF田代雅、DF森下怜、DF黒崎、DFジョナスの4人が争いの中心になるだろう。

この中でJ1やJ2での実績があるのはDF田代雅くらい。CBについては「質も量もJ2の中では下位レベル」であることを否定するのは難しいが新加入選手の中で期待したいのはDF森下怜になる。J3のC大阪U-23では不動のレギュラーとして活躍。2018年の躍進にも大きく貢献した。180センチなのでサイズには恵まれていないが統率力があってフィード力が高くて安定感もある。J2の舞台で一気にブレイクする可能性がある。


【J1】 2019年の開幕前の補強診断ならびに戦力分析 (コンサドーレ札幌) | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

コンサドーレ札幌 ・・・ B+

→ ACLの出場権獲得は逃したもののクラブ史上最高の4位でフィニッシュした札幌は初タイトルとACLの出場権獲得を目指すシーズンになる。ほんの数年前までは「J2でも上位争いに参加できないケース」が少なくなかったことを考えると2016年以降の躍進ぶりは目を見張るものがある。「J1昇格」→「J1残留」→「ACL争い」と着実にステップアップしてきたがクラブに対する期待度の高さは過去最高と言える。

シーズン中の勢いそのままにオフの補強も積極的に動いたが誤算もいくつかあった。やはり、大きいのはFW都倉(→C大阪)の流出になる。2018年はJ1で30試合に出場して12ゴールを挙げたチームの顔となる選手が抜けた影響は小さくない。単にゴール数を積み上げただけでなく勝負所でゴールを決めることができる選手だったので「数字から受ける印象以上にチームへの貢献度は高い選手だった。」と言える。

期限付き移籍だったMF三好(→横浜FM)も抜けたので「FW都倉とMF三好の穴をどのようにして埋めるのか?」が大きな注目点になる。新たに加入した攻撃的なポジションの選手はMFアンデルソン・ロペス(FCソウル)、MF岩崎(京都)、FW鈴木武蔵(長崎)など。MF中野嘉(仙台)とMFルーカス・フェルナンデス(ヴィトーリア)はシャドーの位置でもプレー出来ると思うがどちらもWBの位置が主戦場になると考えられる。

「1トップ+2シャドー」はFWジェイとMFチャナティップが中心。残りの1枠をMFアンデルソン・ロペスとMF岩崎とFW鈴木武蔵で争う形になるだろう。MFアンデルソン・ロペスは広島時代の2017年、FW鈴木武蔵は長崎時代の2018年にJ1で2桁ゴールを記録しているので実績はある。MF岩崎を含めたレギュラー候補の3人はいずれもノビシロの大きい選手なので引き続いて魅力的な陣容であることは間違いない。


【J2】 2019年の開幕前の補強診断ならびに戦力分析 (水戸ホーリーホック) | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

水戸ホーリーホック ・・・ D-

→ 長谷部監督の元、10位と躍進した水戸だったが一転してこのオフは苦しい流れになっている。期限付き移籍の選手が多かったので「主力をどこまで引き止められるのか?」がオフの注目点だったが34試合で11ゴールのFWジェフェルソン・バイアーノ(→山形)、同じく34試合で9ゴールのMF伊藤涼(→大分)が退団となった。総得点は「48」なので4割以上の得点を決めたコンビが他クラブに移ることになった。

また、一気にブレイクして中盤の要になったMF小島幹(→大宮)も退団。正確なパスで組み立ての中心になったMF小島幹はレンタルバックとなった。また、38試合で3ゴールを挙げたFW岸本(→徳島)もレンタル終了。左SBのレギュラーだったDFジエゴ(→徳島)もレンタル終了となった。資金力等を考えると致し方ないところもあるが「昨シーズンは期限付き移籍中の選手に頼ったチーム構成だった。」と言える。

さらには右SBのDF田向(→徳島)の流出も決定。クラブ生え抜きの選手あり、かつ、地元の水戸市出身の選手だったので、いろいろな意味で痛手である。重要な選手がたくさん抜けてしまったので「降格候補の1つ」に挙げられているが期限付き移籍だったMF前寛之とMF茂木駿を完全移籍で獲得できたのは良かった。また、MF黒川とFWバティスタ改めFWジョーの2人はレンタル延長。引き止めに成功した。


【J2】 2019年の開幕前の補強診断ならびに戦力分析 (モンテディオ山形) | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

モンテディオ山形 ・・・ C+

→ 就任3年目の木山監督にとって集大成のシーズンになるが補強自体はまずまずと言える。12ゴールを記録するなど得点源になったMF小林成(→大分)を引き止めることは出来なかったがMF井出(G大阪)の獲得に成功。G大阪のトップチームでは力を発揮できなかったがポテンシャルの高い選手である。得点力の高い選手ではないので12ゴールを上回るのは難しいと思うが同等の存在感を発揮できる可能性はある。

横浜FMユースから山形に進んでプロ5年目だったMF汰木(→浦和)が抜けたのは痛い。生え抜きのスター候補だったので残念に感じている人は多いと思うが山形でポテンシャルを発揮することは出来ずにいた。ポテンシャルに見合った結果を残せていなかった中、浦和というビッグクラブから引き抜きの打診があれば「チャレンジしたい。」と思うのは当然の話である。MF汰木を引き止めるのは難しかったと言える。

MF小林成とMF汰木が抜けたのでドリブルで仕掛けることが出来る選手が減った。そういう意味でもMF井出にかかる期待は大きい。また、上位進出のためには「軸になれるフォワード」が必要だったがJ2で11ゴールを記録したFWジェフェルソン・バイアーノ(水戸)を獲得。2018年の敵陣での空中戦勝率はわずか30.9%なので「身長が高い割には空中戦に強くない選手」と言えるが迫力のある突破は魅力いっぱいである。


次のページ>


| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2018) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!



Since 2007/4/30



最近のエントリー (100記事)


01月21日
全記事一覧(2005年-2019年)

01月22日
【J1】 順位予想バトル 2019年版 受付中 (現在の参加者→132名)

01月22日
【J2】 順位予想バトル 2019年版 受付中 (現在の参加者→44名)

01月22日
【J3】 順位予想バトル 2019年版 受付中 (現在の参加者→19名)


01月22日
【日本代表】 森保監督のサッカーは何故に面白くないのか?

  01月22日
【アジア杯:日本×サウジアラビア】 大苦戦のようにも見える楽な試合

01月21日
【アジア杯:ラウンド16】 日本 vs サウジアラビアで「出来が良かった。」と思うのは?

01月21日
【J1】 2019年の開幕前の補強診断ならびに戦力分析 (ベガルタ仙台)

01月21日
【J2】 2019年の開幕前の補強診断ならびに戦力分析 (栃木SC)

01月21日
【J1】 2019年の開幕前の補強診断ならびに戦力分析 (コンサドーレ札幌)

01月20日
【J2】 2019年の開幕前の補強診断ならびに戦力分析 (モンテディオ山形)

01月20日
【日本代表】 森保JAPANのメンバーは誰がベストなのか?を考える。 (GK編)

01月20日
【Jリーグ】 プレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年-2019年オフ) (その35)

01月19日
【Jリーグ】 2019年にブレイクが期待される若手Jリーガー (1位-10位) (アタッカー編)

01月19日
【J3】 2019年シーズンの展望 (上) ~本命はロアッソ熊本、対抗はザスパクサツ群馬とブラウブリッツ秋田~

01月19日
【Jリーグ】 2019年にブレイクが期待される若手Jリーガー (1位-10位) (ボランチ編)

01月18日
【Jリーグ】 2019年にブレイクが期待される若手Jリーガー (1位-10位) (左SB/WB編)

01月18日
【地域リーグ】 サウルコス福井の新チーム名がダサすぎる。

01月18日
【アジア杯:日本×ウズベキスタン】 ボランチのMF塩谷司(アル・アイン)が森保JAPANを救うのか?

01月18日
【アジア杯:3戦目】 日本 vs ウズベキスタンで「出来が良かった。」と思うのは?

01月17日
【Jリーグ】 プレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年-2019年オフ) (その34)

01月17日
【Jリーグ】 2019年にブレイクが期待される若手Jリーガー (1位-10位) (CB編)

01月17日
【J1】 2019年シーズンの展望 (下) ~降格候補は松本山雅・磐田・仙台・鳥栖など~

01月16日
【Jリーグ】 2019年にブレイクが期待される若手Jリーガー (1位-10位) (右SB/WB編)

01月16日
【J3】 全15クラブのオフの補強の充実度ランキング (01位-07位)

01月16日
【J1】 2019年シーズンの展望 (中) ~躍進候補は名古屋グランパス・ヴィッセル神戸・大分トリニータなど~

01月15日
【J2】 2019年シーズンの展望 (下) ~残留争いは栃木SC・愛媛FC・鹿児島ユナイテッドなどが中心か!?~

01月15日
【J2】 2019年シーズンの展望 (中) ~躍進候補はアルビレックス新潟・レノファ山口・FC岐阜など~

01月15日
【Jリーグ】 2019年にブレイクが期待される若手Jリーガー (1位-10位) (キーパー編)

01月14日
【Jリーグ】 プレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年-2019年オフ) (その33)

01月14日
【移籍市場】 理解しにくいFW田川亨介(サガン鳥栖→FC東京?)の移籍

  01月14日
【アジア杯:日本×オマーン】 FW北川航也(清水エスパルス)を責めるのは酷だろう。

01月14日
【アジア杯:2戦目】 日本 vs オマーンで「出来が良かった。」と思うのは?

01月13日
【J1】 2019年シーズンの展望 (上) ~「1強」と言える川崎フロンターレ。追うのは浦和レッズと鹿島アントラーズ~

01月13日
【J3】 全15クラブのオフの補強の充実度ランキング (08位-15位)

01月13日
【Jリーグ】 プレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年-2019年オフ) (その32)

01月12日
【J2】 2019年シーズンの展望 (上) ~大本命の柏レイソル。自動争いは3強が中心か!?~

01月12日
【J3】 2018年の順位予想バトルの最終結果 (個人成績・チーム成績) (参加者:74名)

01月11日
【Jリーグ】 プレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年-2019年オフ) (その31)

01月11日
【J1】 全18クラブのオフの補強の充実度ランキング (07位-12位)

01月10日
【Jリーグ】 プレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年-2019年オフ) (その29)

01月10日
【J1】 全18クラブのオフの補強の充実度ランキング (13位-18位)

01月10日
【アジア杯:日本×トルクメニスタン】 辛勝スタート。チームを救ったのはエースのFW大迫勇也。

01月09日
【アジア杯】 日本 vs トルクメニスタンで「出来が良かった。」と思うのは?

01月09日
【J2】 全22クラブのオフの補強の充実度ランキング (1位-7位)

01月09日
【J2】 全22クラブのオフの補強の充実度ランキング (8位-14位)

01月09日
【J2】 全22クラブのオフの補強の充実度ランキング (15位-22位)

01月08日
【Jリーグ】 プレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年-2019年オフ) (その28)

01月08日
【Jリーグ】 プレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年-2019年オフ) (その27)

01月07日
【Jリーグ】 プレーヤー別の戦力補強の評価 (その26)

01月07日
【J1】 全18クラブの戦力補強の中間評価 (サンフレッチェ広島・サガン鳥栖・大分トリニータ)

01月07日
【J1】 2018年の順位予想バトルの最終結果 (個人成績・チーム成績) (参加者:590名)

01月06日
【Jリーグ】 プレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年-2019年オフ) (その25)

01月06日
【J2】 全22クラブの戦力補強の中間評価 (レノファ山口・徳島ヴォルティス・愛媛FC)

01月06日
【J2】 2018年の順位予想バトルの最終結果 (個人成績・チーム成績) (参加者:243名)

01月05日
【Jリーグ】 プレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年-2019年オフ) (その24)

01月05日
【移籍市場】 理解できないMF道渕諒平の移籍(ヴァンフォーレ甲府→ベガルタ仙台)

01月05日
【J1】 全18クラブの戦力補強の中間評価 (ガンバ大阪・セレッソ大阪・ヴィッセル神戸)

01月04日
 【Jリーグ】 プレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年-2019年オフ) (その23)

01月04日
【J2】 全22クラブの戦力補強の中間評価 (FC岐阜・京都サンガ・ファジアーノ岡山) (2018年-2019年)

01月04日
【J1】 全18クラブの戦力補強の中間評価 (清水エスパルス・ジュビロ磐田・名古屋グランパス)

01月03日
【J2】 全22クラブの戦力補強の中間評価 (ヴァンフォーレ甲府・アルビレックス新潟・ツエーゲン金沢) (2018年-2019年)

01月03日
【J2】 全22クラブの戦力補強の中間評価 (東京ヴェルディ・町田ゼルビア・横浜FC) (2018年-2019年)

01月03日
【J1】 全18クラブの戦力補強の中間評価 (横浜Fマリノス・湘南ベルマーレ・松本山雅)

01月02日
【J3】 全18クラブの戦力補強の中間評価 (福島ユナイテッド・ザスパクサツ群馬・Y.S.C.C.横浜) (2018年-2019年)

01月02日
 【Jリーグ】 プレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年-2019年オフ) (その22)

01月01日
【J2】 全22クラブの戦力補強の中間評価 (大宮アルディージャ・ジェフ千葉・柏レイソル) (2018年-2019年)

01月01日
【J1】 全18クラブの戦力補強の中間評価 (浦和レッズ・FC東京・川崎フロンターレ) (2018年-2019年)

01月01日
 【Jリーグ】 プレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年-2019年オフ) (その21)

12月31日
 【Jリーグ】 プレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年-2019年オフ) (その20)

12月31日
【J3】 全18クラブの戦力補強の中間評価 (ヴァンラーレ八戸・グルージャ盛岡・ブラウブリッツ秋田) (2018年-2019年)

12月30日
 【Jリーグ】 プレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年-2019年オフ) (その19)

12月30日
【J3】 どこよりも早い2019年シーズンの展望 (下) ~ガイナーレ鳥取・カターレ富山なども昇格を狙う~

12月30日
【炎上騒動】 中田一三監督(京都サンガ)はツイッターを止めるべき。
12月29日
 【Jリーグ】 プレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年-2019年オフ) (その18)

12月29日
 【Jリーグ】 プレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年-2019年オフ) (その17)

12月29日
【J2】 全22クラブの戦力補強の中間評価 (モンテディオ山形・水戸ホーリーホック・栃木SC) (2018年-2019年)

12月29日
 【Jリーグ】 プレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年-2019年オフ) (その16)

12月28日
 【Jリーグ】 プレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年-2019年オフ) (その15)

12月28日
 【Jリーグ】 プレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年-2019年オフ) (その14)

12月28日
【J1】 全18クラブの戦力補強の中間評価 (コンサドーレ札幌・ベガルタ仙台・鹿島アントラーズ)

12月27日
 【Jリーグ】 プレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年-2019年オフ) (その13)

12月27日
 【Jリーグ】 プレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年-2019年オフ) (その12)

12月27日
【炎上騒動】 DF槙野智章(浦和レッズ)だけを批判するのが本当に正しいのか?

12月26日
 【Jリーグ】 プレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年-2019年オフ) (その11)

12月26日
【超・大型補強】 筋違いに感じるコンサドーレ札幌へのバッシング

12月26日
 【Jリーグ】 プレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年-2019年オフ) (その10)

12月25日
 【Jリーグ】 プレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年-2019年オフ) (その9)

12月25日
【Jリーグ】 MFイニエスタ(ヴィッセル神戸)のスプリント回数が凄い!凄すぎる!!!

12月25日
【J3】 どこよりも早い2019年シーズンの展望 (上) ~熊本・群馬・秋田などが昇格候補か!?~

12月24日
 【Jリーグ】 プレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年-2019年オフ) (その8)

12月24日
【前代未聞】 地味にマズイ状況になっている今オフの栃木SC

12月24日
【移籍市場】 納得しがたいFW加藤潤也の移籍(ガイナーレ鳥取→ザスパクサツ群馬)

12月23日
 【Jリーグ】 プレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年-2019年オフ) (その7)

12月23日
【J2】 「いい補強が出来ている。」と思うクラブ (1位-5位)

12月23日
【J1】 「いい補強が出来ている。」と思うクラブ (1位-5位)

12月22日
 【Jリーグ】 プレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年-2019年オフ) (その6)

12月22日
【Jリーグ】 アルビレックス新潟の是永大輔新社長に期待したい。

12月22日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年-2019年オフ) (その6)

12月21日
【Jリーグ】 アルビレックス新潟の是永大輔新社長に期待したい。

12月21日
 【Jリーグ】 プレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年-2019年オフ) (その5)

12月21日
【Jリーグ】 2019年の若手のブレイク候補を10名だけ挙げてみた。 (キーパー編)

12月20日
【移籍市場】 川崎フロンターレか?セレッソ大阪か?横浜Fマリノス?MF三好康児(コンサドーレ札幌)の移籍先を考える。



公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----チャナティップ (8)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----庄司悦大 (22)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----岩波拓也 (20)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (25)
 -----李忠成 (23)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----江坂任 (9)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----小泉慶 (12)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----齋藤学 (30)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----中澤佑二 (19)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----表原玄太 (13)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 -----立田悠悟 (9)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----カミンスキー (16)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (38)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----片山瑛一 (11)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (18)
 -----山口蛍 (55)
 -----山村和也 (22)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----城福浩 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)
 -----吉田豊 (10)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----鈴木武蔵 (20)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (69)
 -----石崎信弘 (19)
 -----中村駿太 (9)
 -----坂井達弥 (9)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 ├栃木SC (32)
 -----大黒将志 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----大前元紀 (15)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----林陵平 (11)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (21)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----松井大輔 (12)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----永井龍 (21)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----安田理大 (31)
 ├ツエーゲン金沢 (16)
 -----清原翔平 (13)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (16)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----喜山康平 (8)
 -----齊藤和樹 (16)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----高木大輔 (20)
 -----丸岡満 (11)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 -----森本貴幸 (12)
 ├ロアッソ熊本 (74)
 -----上村周平 (10)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)
 -----宮阪政樹 (18)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (8)
 ├ブラウブリッツ秋田 (28)
 -----中村亮太 (9)
 -----藤田祥史 (11)
 ├福島ユナイテッド (12)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----風間宏希 (15)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----平繁龍一 (12)
 -----松下裕樹 (9)
 ├Y.S.C.C.横浜 (6)
 -----後藤京介 (6)
 ├SC相模原 (6)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├長野パルセイロ (18)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├藤枝MYFC (9)
 ├アスルクラロ沼津 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (16)
 -----森岡隆三 (14)
 -----加藤潤也 (6)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 ├鹿児島ユナイテッド (8)
 -----藤澤典隆 (10)
 ├FC琉球 (17)
 -----播戸竜二 (14)
 ├FC東京U-23 (0)
 -----久保建英 (8)
 ├ガンバ大阪U-23 (8)
 ├セレッソ大阪U-23 (7)
 -----喜田陽 (8)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)