サッカーコラム J3 Plus+ 

J1・J2・J3・日本代表などを幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |







最近のエントリー (15記事)

 2019/04/16  【SC相模原×ブラウブリッツ秋田】 天才・和田昌士は修行先で復活できるか?
 2019/04/16  【平成限定】 歴代の偉大な外国人Jリーガー・20人 (ボランチ編) (前編)
 2019/04/17  【平成限定】 歴代の偉大な外国人Jリーガー・20人 (ボランチ編) (後編)
 2019/04/17  【名古屋グランパス×コンサドーレ札幌】 初めて観た。アーリアが躍動するところ。
 2019/04/17  【ベガルタ仙台×セレッソ大阪】 新天地でも大きな存在感を発揮するFW都倉賢
 2019/04/17  【横浜Fマリノス×サガン鳥栖】 「J1屈指のCB」と言えるDFチアゴ・マルチンス
 2019/04/18  【平成限定】 歴代の偉大な外国人Jリーガー・20人 (アタッカー編) (前編)
 2019/04/18  【平成限定】 歴代の偉大な外国人Jリーガー・20人 (アタッカー編) (後編)
 2019/04/18  【清水エスパルス×湘南ベルマーレ】 セレッソ時代から天才と称された18才のMF鈴木冬一
 2019/04/18  【平成限定】 歴代の偉大な外国人Jリーガー・20人 (フォワード編) (上)
 2019/04/19  【平成限定】 歴代の偉大な外国人Jリーガー・20人 (フォワード編) (中)
 2019/04/19  【ガンバ大阪×ヴィッセル神戸】 MFセルジ・サンペールは韓国代表のGKキム・スンギュを外してまで使うべき選手なのか?
 2019/04/19  【平成限定】 歴代の偉大な外国人Jリーガー・20人 (フォワード編) (下)
 2019/04/19  【ヴァンフォーレ甲府×水戸ホーリーホック】 快進撃の立役者は左SBのDF志知孝明
 2019/04/19  全エントリーの一覧 (2011年-2019年)

お勧めしたいエントリー (15記事)

【ヴァンフォーレ甲府×水戸ホーリーホック】 快進撃の立役者は左SBのDF志知孝明 | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ J2の第9節

J2の第9節。ともに4勝4分け。開幕から8試合負けなし同士のヴァンフォーレ甲府と水戸ホーリーホックが山梨中銀スタジアムで対戦した。甲府は2位、水戸は3位。首位の山形との差は「1」のみ。絶好の位置に付けている。甲府は8試合で13得点/5失点、水戸は9試合で9得点/3失点。甲府の攻撃力の高さと水戸の守備の堅さがここまで目立っている。水戸の3失点というのはJ2の22クラブの中で最少となる。

ホームの甲府は「3-4-2-1」。GK河田。DF武岡、小出、エデル・リマ。MF横谷、小椋、田中佑、内田健、ドゥドゥ、ジュニオール・バホス。FWピーター・ウタカ。新加入のFWピーター・ウタカは7試合で5ゴールと活躍中。福岡から復帰して来たMFドゥドゥも8試合で3ゴールを挙げている。MFジュニオール・バホスは今シーズン3回目のスタメンとなったがここまでの5試合でゴールなし。まだエンジンがかかっていない。

対するアウェイの水戸は「4-2-2-2」。GK松井。DF岸田、伊藤槙、細川、志知。MF白井永、前寛之、茂木駿、木村祐。FW黒川、村田航。7試合で3ゴールを挙げているFW清水慎はベンチスタート。大卒ルーキーのFW村田航が2トップの一角でスタメン起用された。5節の大宮戦(A)でJリーグ初ゴールを記録している。GK松井、DF伊藤槙、DF志知、MF前寛之の4人は開幕から8試合連続でスタメンフル出場を続けている。


【平成限定】 歴代の偉大な外国人Jリーガー・30人 (フォワード編) (下) | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

21人目 : FW アルシンド (鹿島アントラーズなど)

→ ユニークなヘアスタイルと圧倒的な得点力を武器に活躍した草創期のJリーグを代表するスター選手。Jリーグブームの象徴的な存在と言える。1993年は28試合で22ゴール、1994年は43試合で28ゴールを記録。V川崎に移籍した1995年も38試合で19ゴールを記録。実力も超・一級品だった。アデランスのCMにも出演。『アルシンドになっちゃうよ!』、『友達ならあたりまえ』のフレーズは一世を風靡した。



22人目 : FW ウィル (コンサドーレ札幌など)

→ 1998年に大分に加入。2001年は札幌でプレーしたがJ1で26試合で24ゴール。J1の得点王に輝く大活躍を見せた。札幌の躍進に大きく貢献したが無類のトラブルメーカーとして知られている。横浜FM時代の2002年には「試合中に自分にパスを出さなかったMF奥に暴力行為を働く。」という前代未聞の騒動を起こして横浜FMを解雇されるなどたくさんのトラブルを起こした。「俺王(様)」と呼ばれることもあった。



23人目 : FW フォルラン (セレッソ大阪)

→ ウルグアイ代表として112試合で36ゴール。2010年の南アフリカW杯のときは7試合で5ゴール。得点王とMVPをダブル受賞した世界的なストライカー。「セレ女フィーバー」で大人気だったC大阪に加入。とてつもなく大きな注目が集まったがJ1では26試合で7ゴールのみ。チームはJ2降格となった。力を出せなかったが翌2015年はJ2で16試合で10ゴール。右足のキックの精度の高さはやはり世界レベルだった。


【ガンバ大阪×ヴィッセル神戸】 MFセルジ・サンペールは韓国代表のGKキム・スンギュを外してまで使うべき選手なのか? | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ J1の第5節

J1の第5節。2勝2敗のガンバ大阪はホームのパナソニックスタジアム吹田でヴィッセル神戸と対戦した。2節は清水、4節は川崎Fにともにアウェイで勝利したが、1節は横浜FM、3節は名古屋にともにホームで敗戦。ホームでは2連敗、アウェイでは2連勝と好対照の成績になっている。一方の神戸はここまで2勝1敗1分け。開幕戦こそ、C大阪に0対1で敗れたが、2節以降は2勝1分け。3試合で5ゴールを奪っている。

ホームのG大阪は「4-2-3-1」。GK東口。DF三浦弦、菅沼、キム・ヨングォン、藤春。MF高宇洋、倉田、小野瀬、遠藤、アデミウソン。FWファン・ウィジョ。元日本代表のMF今野はベンチスタート。20才のMF高宇洋がスタメンで起用された。日本代表のDF三浦弦はこの日も右SBでスタメン出場。CBにはDF菅沼が起用された。元・神戸のFW渡邉千はベンチスタート。2018年の途中まで神戸で主力として活躍した。

対するアウェイの神戸は「4-1-2-3」。GK前川。DF西大伍、ダンクレー、大崎玲、初瀬。MFセルジ・サンペール、山口蛍、イニエスタ。FWポドルスキ、ダビド・ビジャ、古橋。バルセロナから加入したMFセルジ・サンペールはJ1では初スタメンとなった。4節の清水戦(A)は途中出場でJリーグデビューを飾った。外国人枠の問題からGKキム・スンギュはベンチ外。大卒3年目のGK前川が2試合連続スタメンとなった。


【平成限定】 歴代の偉大な外国人Jリーガー・30人 (フォワード編) (中) | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

11人目 : FW ウェズレイ (名古屋グランパスなど)

→ 「ピチブー(猛犬)」の愛称で親しまれたパワフルなストライカー。J1通算では217試合で124ゴール。これは歴代8位。外国人選手に限定するとFWマルキーニョスに次いで2位となる。名古屋時代は2001年~2003年まで3年連続で20ゴール以上を記録。2003年には得点王に輝いている。晩年はスピードがなくなったが名古屋時代は裏への飛び出しからのゴールも多かった。右足のシュートは強烈でかつ正確。



12人目 : FW エバイール (横浜フリューゲルス)

→ 「パルメイラス・トリオ」の1人。1995年にMFジーニョならびにMFサンパイオとともに横浜Fに加入すると1995年は36試合で15ゴール、1996年は23試合で20ゴールと活躍。1996年の横浜Fの躍進に大きく貢献した。現役のブラジル代表クラスの選手だったMFジーニョやMFサンパイオの方が期待と注目を集めたが得点源として十分すぎるほどの結果を残した。ブラジル代表でプレーした経験も持っている。



13人目 : FW エメルソン (浦和レッズなど)

→ 2000年に札幌に加入するとJ2で34試合で31ゴール。驚異的な活躍を見せて札幌のJ1昇格に大きく貢献した。2001年の途中に川崎Fから浦和に移籍するとエースとしてゴールを量産。圧倒的なパワーとスピードを生かしてJ1で大暴れした。J1通算では100試合で71ゴール、J2では52試合で50ゴールを挙げているが無類のトラブルメーカーとしても知られており、年齢詐称で逮捕された経験を持っている。


【平成限定】 歴代の偉大な外国人Jリーガー・30人 (フォワード編) (上) | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

1人目 : FW エムボマ (ガンバ大阪など)

→ 「浪速の黒豹」あるいは「ボマちゃん」と呼ばれた元カメルーン代表のストライカー。1997年にG大阪に加入すると驚異的な身体能力を駆使して日本サッカー界に衝撃を与えた。28試合で25ゴールを記録。得点王に輝いている。この年の平塚戦で決めたリフティングからのボレーシュートは「Jリーグ史上屈指のスーパーゴール」と言われている。日本で成長してカメルーン代表でも中心として大活躍した。



2人目 : FW ミューレル (柏レイソル)

→ ブラジル代表として56試合20ゴール。1986年大会から3大会連続でW杯メンバーに選ばれた世界的なストライカー。1995年に柏に加入。「FWカレカとFWミューレルの2トップ」が柏の目玉だったが11試合で5ゴール。まずまずのペースでゴールを決めていたが早期退団となった。「柏市の細かすぎるごみの分別方法に奥さんがキレた。」というのが退団理由とされているが本当なのか?ウソなのか?定かではない。



3人目 : FW ディアス (横浜マリノス)

→ Jリーグの初代の得点王で草創期のJリーグを代表するストライカー。1993年は32試合で28ゴールを記録。精度の高い左足から繰り出される正確なシュートでゴールを量産した。172センチなのでサイズのある選手ではなかったがトラップの技術は並外れたものがあった。ゴールへの形を持った選手だった。アルゼンチン代表としては22試合で10ゴール。王様であるMFマラドーナとは犬猿の仲だった。


【平成限定】 歴代の偉大な外国人Jリーガー・20人 (アタッカー編) (後編) | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

11人目 : MF ストイコビッチ (名古屋グランパス)

→ 元ユーゴスラビア代表のスター選手。1990年のイタリアW杯のときはオシム監督の元、ベスト8に入ったユーゴスラビアの大黒柱として大活躍。決勝Tの1回戦のスペイン戦では2ゴールの活躍。大会の主役の1人になった。1994年の夏に名古屋に加入。「Jリーグ史上最高のプレーヤー」、「Jリーグ史上最高の外国人プレーヤー」、「Jリーグ史上最高のファンタジスタ」と称される。瞬間湯沸かし器だった。



12人目 : MF アジエル (湘南ベルマーレなど)

→ 2006年~2011年まで湘南で10番を背負ったブラジル人のアタッカー。2000年は浦和でプレーしたが目立った活躍は出来ず。当時の浦和はJ2所属。また、湘南がJ1だった2010年シーズンは大怪我の影響でプレーできなかったのでJ1でプレーした経験は一度もない。全てJ2で通算196試合で50ゴールを挙げている。圧倒的なテクニックと正確なパスが武器。ドリブルと左足を駆使してたくさんのチャンスを演出した。



13人目 : MF 朴智星 (京都サンガ)

→ 韓国代表として100試合に出場。3大会連続でW杯に出場しているレジェンド。長きに渡ってマンチェスターUで活躍。「アジアサッカー史上でも屈指のプレーヤー」と評価されている。豊富な運動量が最大の武器だった。大学在学中の2000年に京都に加入すると主力として大活躍。2002年の日韓W杯のときは主力としてベスト4進出に大きく貢献した。2011年のアジア杯の準決勝の日本戦が代表ラストマッチになった。


【清水エスパルス×湘南ベルマーレ】 セレッソ時代から天才と称された18才のMF鈴木冬一 | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ J1の第5節

J1の第5節。開幕から4試合勝ちなしと出遅れた清水エスパルスはホームのIAIスタジアム日本平で湘南ベルマーレと対戦した。ヤン・ヨンソン監督になって2年目の清水は上位候補に挙げられていたが4試合で0勝2敗2分け。エースのFWドウグラスを欠いた影響は大きい。一方の湘南は2勝2敗で勝ち点「6」を獲得。まずまずのスタートを切った。開幕戦はホームで札幌に勝利して、4節もホームで仙台に勝利した。

ホームの清水は「4-2-2-2」。GK六反。DFエウシーニョ、立田、ファン・ソッコ、松原后。MF河井、竹内涼、金子翔、石毛。FW鄭大世、北川航。4節の神戸戦(A)の後半43分に価値ある同点ゴールを決めたFW鄭大世がスタメン出場。アジア杯の日本代表のFW北川航と2トップを組む。不整脈の影響で欠場が続いていたFWドウグラスがベンチ入りを果たした。長崎から加入したMF中村慶は体調不良の影響で欠場。

対するアウェイの湘南は「3-4-2-1」。GK秋元。DF山根視、フレイレ、小野田。MF松田天、菊地俊、鈴木冬、杉岡、武富、梅崎。FW山崎凌。3バックの中央でプレーするDFフレイレは古巣対決となる。右WBは2試合連続で高卒ルーキーのMF鈴木冬が起用された。C大阪の下部組織で育ってちょうど1年前に「長崎総合科学大附属高に転入する。」という異色の経歴を持っている。U-20日本代表にも選出されている。


【平成限定】 歴代の偉大な外国人Jリーガー・20人 (アタッカー編) (前編) | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

1人目 : MF ジーコ (鹿島アントラーズなど)

→ 「白いペレ」と呼ばれた世界のサッカー史に残るクラッキ。ブラジル代表として71試合で48ゴールを挙げている。MFジーコ、MFファルカン、MFソクラテス、MFトニーニョ・セレーゾの4人で構成した中盤は「黄金の中盤」と呼ばれて世界中から称賛された。1991年に日本リーグ2部の住友金属に加入。一度は現役を引退していたが復帰して草創期の鹿島の主軸として活躍。Jリーグでは23試合で14ゴール。



2人目 : MF ウーゴ・マラドーナ (PJMフューチャーズなど)

→ 世界的なスーパースターであるMFマラドーナの弟。1992年にサガン鳥栖の前身であるPJMフューチャーズ(当時の所属は東海リーグ)に加入すると主力として活躍した。1995年に福岡ブルックス(現:アビスパ福岡)に移籍するとJFLで27試合に出場して27ゴール。福岡のJリーグ昇格に大きく貢献した。1997年と1998年は札幌でプレー。札幌のJリーグ昇格にも貢献した。プレースタイルや体格は兄とほとんど同じ。



3人目 : MF レオナルド (鹿島アントラーズ)

→ 「貴公子」と呼ばれた元ブラジル代表。1994年のブラジルW杯の優勝メンバーの1人でレギュラーの左SBだったが決勝Tの1回戦のアメリカ戦で暴力行為を働いて一発レッド。4試合の出場停止処分を受けた。現役を引退したMFジーコの後継者として1994年の夏に来日するとワールドクラスのプレーでサポーターを魅了。横浜F戦で決めたリフティングからのボレーシュートは「Jリーグ史上最高のゴール」と言われる。


【横浜Fマリノス×サガン鳥栖】 「J1屈指のCB」と言えるDFチアゴ・マルチンス | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ J1の第5節

J1の第5節。2勝1敗1分けとまずまずのスタートを切った横浜Fマリノスはホームの日産スタジアムでサガン鳥栖と対戦した。開幕2連勝した後、3節の神奈川ダービーは終盤に追いついてドロー。4節はアウェイで大分に敗れて初黒星となった。一方の鳥栖は開幕から3連敗スタートだったが4節の磐田戦(H)は期待の新加入のMFクエンカが後半47分に決勝ゴールを奪って劇的な形で初勝利を手にした。

ホームの横浜FMは「4-1-2-3」。GK朴一圭。DF松原健、チアゴ・マルチンス、畠中、広瀬陸。MF喜田拓、三好、天野純。FW仲川、FWエジガル・ジュニオ、マルコス・ジュニオール。GK飯倉はベンチスタート。2018年のFC琉球のJ3優勝に大きく貢献したGK朴一圭がJ1初スタメンとなった。3月末の2連戦の日本代表に選出されたDF畠中はスタメン出場。DF高野が長期離脱となった左SBはDF広瀬陸が起用された。

対するアウェイの鳥栖は「4-2-2-2」。GK大久保。DF原輝綺、藤田優、ブルシッチ、三丸。MF高橋秀、福田晃、高橋義、原川。FW金崎、豊田。怪我のFWフェルナンド・トーレスは欠場。FW豊田がスタメンで起用された。J1では94ゴールを記録しており、大台の100ゴールまであと「6」に迫っている。バルセロナでプレーした経験のあるMFクエンカはベンチスタート。高校3年生のMF松岡大もベンチスタートになった。


【ベガルタ仙台×セレッソ大阪】 新天地でも大きな存在感を発揮するFW都倉賢 | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ J1の第5節

J1の第5節。開幕4試合で0勝3敗1分け。まだ未勝利のベガルタ仙台はホームのユアテックスタジアムでセレッソ大阪と対戦した。オフにMF奥埜やDF板倉やMF野津田など主力数名が抜けた仙台は開幕戦こそ浦和と引き分けたが2節から3連敗と苦しんでいる。一方のC大阪も開幕戦はホームで神戸に勝利したが2節から3連敗。どちらもリーグ戦は3連敗中。浮上のきっかけを掴みたい両チームの対戦になった。

ホームの仙台は「3-4-2-1」。GKシュミット・ダニエル。DF平岡、大岩、金正也。MF富田晋、兵藤、道渕、石原崇、ハモン・ロペス、MF吉尾。FW長沢駿。横浜FMから期限付き移籍のMF吉尾がシャドーの位置でスタメン起用された。左ストッパーはこれまではDF永戸が起用されることが多かったがDF金正也がスタメン出場。右WBはMF蜂須賀がベンチスタート。甲府から移籍したMF道渕がスタメンで起用された。

対するアウェイのC大阪は「3-4-2-1」。GKキム・ジンヒョン。DF片山瑛、マテイ・ヨニッチ、木本。MF奥埜、ソウザ、松田陸、丸橋、柿谷、清武。FW都倉。オフに仙台からC大阪に移籍したMF奥埜は古巣との対戦になる。新加入のFW都倉はまだゴールなし。MF柿谷とMF清武も今シーズンはゴールなし。C大阪は4試合で2ゴールを奪っているが得点者はDF山下とMFソウザの2人だけ。攻撃陣は仕事が出来ていない。


次のページ>


| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2018) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!



Since 2007/4/30



最近のエントリー (100記事)


04月19日
全エントリーの一覧 (2011年-2019年)


04月19日
【平成限定】 歴代の偉大な外国人Jリーガー・20人 (フォワード編) (中)

04月19日
【ガンバ大阪×ヴィッセル神戸】 MFセルジ・サンペールは韓国代表のGKキム・スンギュを外してまで使うべき選手なのか?

04月18日
【平成限定】 歴代の偉大な外国人Jリーガー・20人 (フォワード編) (上)

04月18日
【平成限定】 歴代の偉大な外国人Jリーガー・20人 (アタッカー編) (後編)

04月18日
【平成限定】 歴代の偉大な外国人Jリーガー・20人 (アタッカー編) (前編)

04月18日
【清水エスパルス×湘南ベルマーレ】 セレッソ時代から天才と称された18才のMF鈴木冬一

04月17日
【横浜Fマリノス×サガン鳥栖】 「J1屈指のCB」と言えるDFチアゴ・マルチンス

04月17日
【ベガルタ仙台×セレッソ大阪】 新天地でも大きな存在感を発揮するFW都倉賢

04月17日
【名古屋グランパス×コンサドーレ札幌】 初めて観た。アーリアが躍動するところ。

04月17日
【平成限定】 歴代の偉大な外国人Jリーガー・20人 (ボランチ編) (後編)

04月16日
【平成限定】 歴代の偉大な外国人Jリーガー・20人 (ボランチ編) (前編)

04月16日
【SC相模原×ブラウブリッツ秋田】 天才・和田昌士は修行先で復活できるか?

04月16日
【セレッソ大阪U-23×ザスパクサツ群馬】 桐光学園高のMF西川潤 まずまずのJ3デビューを飾る。

04月16日
【J2】 京都サンガの「1試合平均のクロス数」が少なすぎる件

04月15日
【J2】 ギャンブル要素の強いアルビレックス新潟の監督交代
 
04月15日
【J3】 ポジション別の個人評価ランキング (01位-10位) (フォワード編)

04月15日
【J3】 ポジション別の個人評価ランキング (01位-10位) (アタッカー編)

04月14日
【J3】 ポジション別の個人評価ランキング (01位-10位) (ボランチ編)

04月14日
【J3】 ポジション別の個人評価ランキング (左SB/WB編) (01位-10位) (2019年の序盤戦)

04月14日
【東京ヴェルディ×FC琉球】 地元に戻って輝きを放つMF上里一将

04月13日
【J3】 ポジション別の個人評価ランキング (右SB/WB編) (01位-10位) (2019年の序盤戦)

04月13日
【J3】 ポジション別の個人評価ランキング (GK編) (01位-10位) (2019年の序盤戦)

04月13日
【平成限定】 歴代の忘れられない個性派のJリーガー・20人 (フォワード編) (後編)

04月13日
【平成限定】 歴代の忘れられない個性派のJリーガー・20人 (フォワード編) (前編)

04月12日
【ブラウブリッツ秋田×セレッソ大阪U-23】 勝負の1年になるだろう右SBのDF沖野将基

04月12日
【平成限定】 歴代の忘れられない個性派のJリーガー・20人 (アタッカー編) (後編)

04月12日
【平成限定】 歴代の忘れられない個性派のJリーガー・20人 (アタッカー編) (前編)

04月11日
【水戸ホーリーホック×徳島ヴォルティス】 覚醒しつつある21才のFW黒川淳史

04月11日
【平成限定】 歴代の忘れられない個性派のJリーガー・10人 (ボランチ編)

04月11日
【J2】 22チームの中で「ここから浮上していく可能性が高いチーム」はどこだろうか? (後編)

04月11日
【J2】 22チームの中で「ここから浮上していく可能性が高いチーム」はどこだろうか? (前編)

04月11日
【ガンバ大阪U-23×FC東京U-23】 大きな可能性を秘めた20才のFW食野亮太郎

04月10日
【ロアッソ熊本×SC相模原】 167センチのMF上米良柊人(新潟医療福祉大)とは何者だ?

04月10日
【Y.S.C.C.横浜×ザスパクサツ群馬】 国士舘大出身のMF飯野七聖がいいのぉと思う。

04月09日
【平成限定】 独断と偏見で選んだ日本人選手のベスト20 (フォワード編) (後編)

04月09日
【平成限定】 独断と偏見で選んだ日本人選手のベスト20 (フォワード編) (前編)

04月09日
【平成限定】 独断と偏見で選んだ日本人選手のベスト20 (アタッカー編) (後編)

04月09日
【平成限定】 独断と偏見で選んだ日本人選手のベスト20 (アタッカー編) (前編)

04月08日
【横浜FC×アビスパ福岡】 パリ世代の17歳のMF斉藤光毅が凄い。

04月08日
【愛媛FC×FC岐阜】 散々なデビュー戦となった20才のDFタビナス・ジェファーソン

04月08日
【FC琉球×柏レイソル】 Jリーグ屈指の難読ネームのMF上門知樹

04月07日
【ギラヴァンツ北九州×SC相模原】 止まらない快進撃。さすがの小林伸二監督。

04月07日
【長野パルセイロ×グルージャ盛岡】 開幕5試合勝ちなし・・・。方向性は間違っているのか?

04月07日
【平成限定】 独断と偏見で選んだ日本人選手のベスト20 (ボランチ編) (後編)

04月07日
【平成限定】 独断と偏見で選んだ日本人選手のベスト20 (ボランチ編) (前編)

04月06日
【セレッソ大阪U-23×藤枝MYFC】 伸び悩み気味の19才のFW安藤瑞季だが・・・。

04月06日
【ヴァンラーレ八戸×Y.S.C.C.横浜】 ほぼ無名軍団 vs ほぼ無名軍団の戦い

04月05日
【平成限定】 歴代の偉大な外国人Jリーガー・10人 (左SB/WB編)

04月05日
【平成限定】 歴代のここで語っておきたいJリーガー・10人 (左SB/WB編)

04月05日
【平成限定】 歴代の忘れられない個性派のJリーガー・10人 (左SB/WB編)

04月04日
【平成限定】 独断と偏見で選んだ日本人選手のベスト10 (左SB/WB編)

04月04日
【平成限定】 歴代のここで語っておきたいJリーガー・10人 (CB編)

04月04日
【平成限定】 歴代の偉大な外国人Jリーガー・10人 (CB編)

04月04日
【平成限定】 歴代の忘れられない個性派のJリーガー・10人 (CB編)

04月03日
【平成限定】 独断と偏見で選んだ日本人選手のベスト10 (CB編)

04月03日
【平成限定】 歴代のここで語っておきたいJリーガー・10人 (右SB/WB編)

04月03日
【平成限定】 歴代の偉大な外国人Jリーガー・10人 (右SB/WB編)

04月03日
【平成限定】 歴代の忘れられない個性派のJリーガー・10人 (右SB/WB編)

04月02日
【平成限定】 独断と偏見で選んだ日本人選手のベスト10 (右SB/WB編)

04月02日
【平成限定】 歴代のここで語っておきたいJリーガー・10人 (キーパー編)

04月02日
【平成限定】 歴代の偉大な外国人Jリーガー・10人 (キーパー編)

04月02日
【平成限定】 歴代の忘れられない個性派のJリーガー・10人 (キーパー編)

04月01日
【平成限定】 独断と偏見で選んだ日本人選手のベスト10 (キーパー編)

03月31日
【東京ヴェルディ×柏レイソル】 円熟期を迎える32才のFW林陵平

03月31日
【徳島ヴォルティス×アルビレックス新潟】 面白い存在になりそうな19才のMF渡井理己(静岡学園高出身)

03月31日
【ロアッソ熊本×カマタマーレ讃岐】 古巣相手にリベンジしたいMF池谷友喜

03月30日
【サッカー】 2019年に注目したい(ほぼ)無名のJリーガー (11位-20位)

03月30日
【モンテディオ山形×FC琉球】 失地回復!!!DF熊本雄太が値千金の同点ゴール!!!

03月30日
【J2】 ポジション別の個人評価ランキング (フォワード編) (01位-10位)

03月29日
【J2】 ポジション別の個人評価ランキング (フォワード編) (11位-20位)

03月29日
【J2】 ポジション別の個人評価ランキング (アタッカー編) (01位-10位)

03月29日
【J2】 ポジション別の個人評価ランキング (アタッカー編) (11位-20位)

03月29日
【J2】 ポジション別の個人評価ランキング (ボランチ編) (01位-10位)

03月28日
【アジア予選:U-22日本×U-22ミャンマー】 10番のMF三好康児の成長が著しい。

03月28日
【J2】 ポジション別の個人評価ランキング (ボランチ編) (11位-20位)

03月28日
【J2】 ポジション別の個人評価ランキング (左SB/WB編) (01位-10位)

03月28日
【J2】 ポジション別の個人評価ランキング (CB編) (01位-10位)

03月27日
【J2】 ポジション別の個人評価ランキング (CB編) (11位-20位)

03月27日
【J2】 ポジション別の個人評価ランキング (右SB/WB編) (1位-10位) (2019年の序盤戦)

03月27日
【J2】 ポジション別の個人評価ランキング (GK編) (1位-10位) (2019年の序盤戦)

03月27日
【親善試合:日本×ボリビア】 素晴らしいデビューを飾ったMF橋本拳人(FC東京)

03月26日
【親善試合】 日本 vs ボリビアで「出来が良かった。」と思う選手は誰ですか?

03月26日
【横浜FC×FC岐阜】 新天地で躍動するドリブラーのMF松浦拓弥

03月26日
【大宮アルディージャ×水戸ホーリーホック】 エースの大前元紀は必要なのか?不要なのか?

03月26日
【サッカー】 Jリーグの試合を観ていると「いちご」が食べたくなる。けれども・・・。

03月25日
【レノファ山口×栃木SC】 22才のDF菊池流帆は日本を代表するCBになり得る素材

03月25日
【アジア予選:U-22日本×U-22東ティモール】 当落線上のMF伊藤達哉はアピールできたか?

03月25日
【ジェフ千葉×京都サンガ】 江尻新監督の初戦はドロー。開幕から5試合勝ちなし。

03月24日
【徳島ヴォルティス×東京ヴェルディ】 五輪世代のFW岸本武流は飛躍のシーズンになるか?

03月24日
【柏レイソル×ファジアーノ岡山】 金星獲得!!!FWイ・ヨンジェの決勝ゴールはオフサイドだったか?

03月24日
【グルージャ盛岡×ブラウブリッツ秋田】 フィジカルモンスターのFW菊池将太(いわきFC出身)

03月24日
【アルビレックス新潟×アビスパ福岡】 2つの大きな誤審(?)が試合の行方を左右する。

03月23日
【五輪:アジア予選】 U-22日本 vs U-22マカオ 採点&寸評 (2019年3月22日)

03月23日
【日本代表】 初代表のFW鈴木武蔵(コンサドーレ札幌)をどう評価するべきか?

03月23日
【アジア予選:日本×マカオ】 ポスト・大迫は大学生のFW上田綺世なのか?

03月23日
【親善試合:日本×コロンビア】 スペシャルな存在になってきたMF中島翔哉

03月22日
【親善試合】 日本 vs コロンビア 採点&寸評 (2019年3月22日)

03月22日
【親善試合】 日本 vs コロンビアで「出来が良かった。」と思うのは? → 220票

03月22日
【日本代表】 川崎フロンターレの選手が「怪我で代表を離脱するケースが多い。」というのは本当か?ウソか?

03月22日
【セレッソ大阪U-23×Y.S.C.C.横浜】 195センチのGK茂木秀は底知れないポテンシャルを持つ。



公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----チャナティップ (8)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----庄司悦大 (22)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----岩波拓也 (20)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (25)
 -----李忠成 (23)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----江坂任 (9)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----小泉慶 (12)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----齋藤学 (30)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----中澤佑二 (19)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----表原玄太 (13)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 -----立田悠悟 (9)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----カミンスキー (16)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (38)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----片山瑛一 (11)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (18)
 -----山口蛍 (55)
 -----山村和也 (22)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----城福浩 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)
 -----吉田豊 (10)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----鈴木武蔵 (20)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (69)
 -----石崎信弘 (19)
 -----中村駿太 (9)
 -----坂井達弥 (9)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 ├栃木SC (32)
 -----大黒将志 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----大前元紀 (15)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----林陵平 (11)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (21)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----松井大輔 (12)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----永井龍 (21)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----安田理大 (31)
 ├ツエーゲン金沢 (16)
 -----清原翔平 (13)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (16)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----喜山康平 (8)
 -----齊藤和樹 (16)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----高木大輔 (20)
 -----丸岡満 (11)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 -----森本貴幸 (12)
 ├ロアッソ熊本 (74)
 -----上村周平 (10)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)
 -----宮阪政樹 (18)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (8)
 ├ブラウブリッツ秋田 (28)
 -----中村亮太 (9)
 -----藤田祥史 (11)
 ├福島ユナイテッド (12)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----風間宏希 (15)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----平繁龍一 (12)
 -----松下裕樹 (9)
 ├Y.S.C.C.横浜 (6)
 -----後藤京介 (6)
 ├SC相模原 (6)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├長野パルセイロ (18)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├藤枝MYFC (9)
 ├アスルクラロ沼津 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (16)
 -----森岡隆三 (14)
 -----加藤潤也 (6)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 ├鹿児島ユナイテッド (8)
 -----藤澤典隆 (10)
 ├FC琉球 (17)
 -----播戸竜二 (14)
 ├FC東京U-23 (0)
 -----久保建英 (8)
 ├ガンバ大阪U-23 (8)
 ├セレッソ大阪U-23 (7)
 -----喜田陽 (8)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)