サッカーコラム J3 Plus+ 

J1・J2・J3・日本代表などを幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |






最近のエントリー (20記事)

 2019/12/01 【J1・J2・J3】 今オフの移籍市場の注目選手・30名の動向を予想する。 (アタッカー編) (下)
 2019/12/02 【J1・J2・J3】 今オフの移籍市場の注目選手・30名の動向を予想する。 (フォワード編) (上)
 2019/12/02 【J2】 2019年の年間ベストイレブンを選出してみた。 (J3+選定)
 2019/12/02 【J1・J2・J3】 今オフの移籍市場の注目選手・30名の動向を予想する。 (フォワード編) (中)
 2019/12/02 【移籍市場】 「今オフにヴァンフォーレ甲府が獲得できたら面白いと思う選手」を10名だけ挙げてみた。
 2019/12/03 【サッカー限定】 2019年の新語・流行語のランキングを勝手に作ってみた。 (1位-10位)
 2019/12/03 【移籍市場】 「今オフにサンフレッチェ広島が獲得できたら面白いと思う選手」を10名だけ挙げてみた。
 2019/12/03 【J1・J2・J3】 今オフの移籍市場の注目選手・30名の動向を予想する。 (フォワード編) (下)
 2019/12/03 【移籍市場】 「今オフに栃木SCが獲得できたら面白いと思う選手」を10名だけ挙げてみた。
 2019/12/04 【J2】 「面白いサッカーを見せたチーム (1位-5位)」を勝手に表彰する。 (2019年版)
 2019/12/04 【いわてグルージャ盛岡】 秋田豊さんの監督就任が事実ならば驚きと言うしかない。
 2019/12/04 【移籍市場】 「今オフにジュビロ磐田が獲得できたら面白いと思う選手」を10名だけ挙げてみた。
 2019/12/05 【J1】 「面白いサッカーを見せたチーム(1位-5位)」を勝手に表彰する。 (2019年版)
 2019/12/05 【J1・J2・J3】 今シーズン限りで契約満了になったプレーヤーの短評 (その4)~我那覇和樹・増川隆洋・丹野研太など~
 2019/12/05 【移籍市場】 「今オフにベガルタ仙台が獲得できたら面白いと思う選手」を10名だけ挙げてみた。
 2019/12/06 【移籍市場】 「今オフに鹿島アントラーズが獲得できたら面白いと思う選手」を10名だけ挙げてみた。
 2019/12/06 【松本山雅】 「反町康治監督の続投」というのはあり得ない選択である。
 2019/12/06 【移籍市場】 「今オフに松本山雅が獲得できたら面白いと思う選手」を10名だけ挙げてみた。
 2019/12/07 【移籍市場】 「今オフに浦和レッズが獲得できたら面白いと思う選手」を10名だけ挙げてみた。
 2019/12/07 【移籍市場】 「今オフにロアッソ熊本が獲得できたら面白いと思う選手」を10名だけ挙げてみた。
 2019/12/07 【移籍市場】 「今オフに大宮アルディージャが獲得できたら面白いと思う選手」を10名だけ挙げてみた。



 2019/12/07 全エントリーの一覧 (2011年-2019年) → 過去のエントリーを読むときはこちらから!!!


最近のJ3+メルマ (10記事)

 #2384  2019/11/21  【親善試合】 日本代表 vs ベネズエラ代表 採点&寸評
 #2385  2019/11/22  【J2】 自動昇格争い・プレーオフ争い・残留争いの展望
 #2386  2019/11/23  【J1】 優勝争い・ACLの出場権争い・残留争いの展望
 #2387  2019/11/24  【J3】 昇格争いの展望
 #2388  2019/11/26  松本山雅×横浜FM、FC東京×湘南、札幌×磐田、横浜FC×愛媛FC
 #2389  2019/11/27  金沢×大宮、柏×京都、藤枝MYFC×秋田、近江高×草津東高
 #2390  2019/11/28  【J2】 2019年のプレーオフの展望
 #2391  2019/11/29  【J1】 DF藤本康太(セレッソ大阪)の現役引退について
 #2392  2019/12/01  C大阪U-23×FC東京U-23、新潟×長崎、磐田×名古屋、湘南×広島
 #2393  2019/12/02  【J2】 プレーオフの1回戦のレビュー

お勧めしたいエントリー (15記事)

【朗報】 Jリーグの53クラブのうち25クラブが「2016年に過去最高の営業収益」を記録した件 | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ 2016年に過去最高を記録したのは25クラブ

Jリーグの各クラブの「個別情報開示資料」が公表されるようになったのは2005年以降の話である。つい先日、公表された2016年版が12回目となるが、各クラブの営業収益を見ると「各クラブがどういう具合に発展・衰退して来たのか?」が良く分かる。表1は各クラブの年度別の営業収益を示しているが、左側に書き出している数字は「2016年シーズンの営業収益がクラブ史上何番目だったのか?」を示している。

もちろん、「J3に所属するクラブの多くはJリーグに昇格してから数年のみ」という点を考慮する必要があるが「2016年の営業収益がクラブ史上最高だった。」というチームが全部で25クラブもある。Jリーグのクラブ数は53クラブなので「約半分のクラブが過去最高の営業収益を記録した。」ということになる。メディアでは「Jリーグ人気は低迷している。」と言われることが多いが、各クラブは着実に前進している。

過去最高の営業収益を記録したクラブの名前を挙げていくと鹿島・G大阪・名古屋・川崎F・神戸・広島・新潟・鳥栖・札幌・福岡・湘南・岡山・山口・北九州・長野・愛媛FC・町田・讃岐・金沢・水戸・鹿児島・福島・秋田・相模原・藤枝となる。鹿児島・福島・秋田・相模原・藤枝あたりはJリーグのクラブとしては歴史の浅いクラブになるが、鹿島・G大阪・名古屋・広島といったオリジナル10のクラブも含まれる。

表1. 年度別の営業収益について
クラブ名 ランク 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年
鹿島 1 3,156 3,381 3,983 4,180 4,408 4,466 4,165 4,160 4,122 4,003 4,311 5,582
G大阪 1 3,418 3,361 3,212 4,399 4,078 3,346 3,817 3,285 2,786 3,863 4,282 5,146
名古屋 1 3,720 3,801 3,635 4,071 4,506 4,103 4,196 3,993 4,226 4,042 4,446 4,713
川崎F 1 1,913 2,780 3,105 3,320 3,604 3,540 3,275 3,073 3,214 3,359 4,077 4,254
神戸 1 1,876 1,362 1,865 2,026 2,446 2,035 2,059 2,250 1,960 2,471 3,663 3,865
広島 1 2,304 2,267 2,626 2,287 2,728 2,605 2,676 3,176 3,198 3,149 3,610 3,794
新潟 1 2,639 2,793 2,661 2,590 2,418 2,216 2,227 2,405 2,548 2,748 2,510 2,908
鳥栖 1 428 705 572 702 676 816 689 1,454 1,704 1,885 2,489 2,766
札幌 1 1,254 1,177 1,255 1,618 1,548 1,132 1,297 1,347 1,071 1,328 1,420 1,902
福岡 1 1,220 1,575 1,421 1,157 1,006 938 1,246 854 871 947 1,654 1,836
湘南 1 733 709 970 930 1,066 1,288 670 869 1,191 1,121 1,561 1,627
岡山 1 - - -   639 695 797 878 1,034 1,103 1,174 1,271
山口 1 - - - - - - - - - 156 384 880
北九州 1 - - -     495 521 682 686 747 777 855
長野 1 - - -             426 597 687
愛媛FC 1 - 435 466 492 503 472 499 504 522 576 569 630
町田 1 - - - - - - - 493 - 363 443 626
讃岐 1 - - -             584 575 613
金沢 1 - - - - - - - - - 302 584 612
水戸 1 310 341 301 349 413 366 436 483 508 518 561 589
鹿児島 1 - - - - - - - - - - 247 377
福島 1 - - - - - - - - - 311 317 326
秋田 1 - - - - - - - - - 216 262 288
相模原 1 - - - - - - - - - 199 224 263
藤枝 1 - - - - - - - - - 126 140 165
FC東京 2 3,168 3,299 3,347 3,433 3,763 3,671 3,334 3,865 3,545 3,859 4,678 4,541
松本 2 - - -         893 939 1,185 2,149 1,935
山形 2 582 665 539 626 1,163 1,229 1,239 1,047 1,041 1,399 1,813 1,497
FC岐阜 2 - - - 401 420 519 448 528 576 831 999 932
YS横浜 2 - - - - - - - - - 179 192 189
横浜FM 3 4,822 4,559 4,909 4,092 3,505 3,565 3,463 3,717 4,315 4,590 4,567 4,696
C大阪 3 2,311 2,108 2,066 1,940 2,241 2,554 2,527 2,618 3,213 3,771 2,712 3,008
仙台 3 1,607 1,609 1,543 1,421 1,529 2,041 2,097 2,303 2,429 2,249 2,239 2,285
甲府 3 670 1,343 1,655 1,263 1,094 1,067 1,465 1,179 1,481 1,518 1,525 1,523
徳島 3 596 636 634 638 759 854 967 1,050 1,211 2,104 1,741 1,443
長崎 3 - - -           718 894 897 749
熊本 3 - - - 537 616 668 631 678 680 750 756 720
琉球 3 - - - - - - - - - 233 261 194
盛岡 3 - - - - - - - - - 163 200 142
浦和 4 5,805 7,078 7,964 7,091 6,432 5,625 5,382 5,353 5,786 5,854 6,088 6,606
清水 5 3,077 2,986 3,180 3,457 3,514 3,486 3,118 3,449 3,084 3,248 3,142 3,341
横浜FC 5 642 1,195 1,706 1,164 966 948 1,046 1,054 1,152 1,042 1,002 1,064
大宮 6 2,242 2,376 2,842 3,059 3,553 3,308 2,775 3,344 3,228 3,422 3,005 3,203
千葉 6 2,722 2,887 3,112 3,564 2,683 2,306 2,422 2,408 2,330 2,300 2,504 2,556
東京V 6 3,077 2,143 2,672 4,144 888 718 1,075 1,470 1,236 1,220 1,311 1,391
鳥取 6 - - -       610 576 646 460 426 412
磐田 7 3,890 3,717 3,594 3,387 3,422 3,151 3,151 3,391 3,298 3,027 2,996 3,303
栃木SC 7 - - -   580 661 748 791 876 941 936 639
群馬 8 518 586 553 544 536 512 562 496 469 555 548 522
富山 8 - - -   610 573 574 599 701 735 531 515
10 3,874 3,244 3,143 2,997 2,859 2,743 3,543 3,551 3,412 3,165 3,019 2,874
京都 12 2,058 2,230 2,125 2,502 2,416 2,311 2,140 2,039 1,930 1,761 1,897 1,743
大分 12 1,502 1,800 2,261 2,184 1,915 1,108 960 986 1,406 1,006 958 797


■ 2011年と比較すると約4倍になったサガン鳥栖

次の表2は2011年と2016年の営業収益を比較したものである。増減率の大きいチームから順番に書き出しているが鳥栖が401.5%で最高となる。2011年というと鳥栖がJ2で2位に入って初めてJ1昇格を果たしたメモリアルシーズンになるがこのときは6.89億円。2016年は27.66億円ということでほぼ4倍である。Cygamesマネーの効果は大きくて新潟や柏とほぼ同等。千葉や仙台や京都などを一気に追い抜いた。

続くのは湘南で242.8%。2011年は6.70億円だったが2016年は16.27億円になった。3位はFC岐阜で208.0%。ラモスフィーバーが巻き起こった2014年に営業収益が一気に増えて以降も着実に数字を伸ばしている。2016年の営業収益はJ2の中では11番目。もはや、J2の中で底辺のクラブではない。いくつかの幸運が重なると「悲願のJ1昇格」のチャンスが巡って来ても不思議はないほどの体力を身に付けつつある。

4番目は神戸で187.7%。FWポドルスキが加入したことで大注目を浴びているが2011年が20.59億円で、2016年は38.65億円。2016年の営業収益はJ1で8番目。J1でも上位クラスの資金力を持っている。5番目は北九州で164.1%。残念ながら、今シーズンはJ3での戦いを余儀なくされているが着実に前進しているクラブの1つと言える。6番目は岡山で159.5%。7番目は徳島、8番目は福岡、9番目は札幌と続いていく。

100%を越えているのは31クラブで、100%未満なのは7クラブとなる。100%に満たないのは群馬・富山・栃木SC・大分・京都・柏・鳥取の7クラブになるが、富山と栃木SCと大分と鳥取はいずれも2011年はJ2所属だったが、2016年はJ3所属だった。大分は2016年のJ3を制覇して無事に「1年でのJ2復帰」を果たしたが、やはり、J2からJ3(あるいはJFL)に降格すると経営的に相当に厳しくなることが良く分かる。

表2. 2011年と2016年の営業収益の比較
クラブ名 増減率 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年
鳥栖 401.5% 428 705 572 702 676 816 689 1,454 1,704 1,885 2,489 2,766
湘南 242.8% 733 709 970 930 1,066 1,288 670 869 1,191 1,121 1,561 1,627
FC岐阜 208.0% - - - 401 420 519 448 528 576 831 999 932
神戸 187.7% 1,876 1,362 1,865 2,026 2,446 2,035 2,059 2,250 1,960 2,471 3,663 3,865
北九州 164.1% - - -     495 521 682 686 747 777 855
岡山 159.5% - - -   639 695 797 878 1,034 1,103 1,174 1,271
徳島 149.2% 596 636 634 638 759 854 967 1,050 1,211 2,104 1,741 1,443
福岡 147.4% 1,220 1,575 1,421 1,157 1,006 938 1,246 854 871 947 1,654 1,836
札幌 146.6% 1,254 1,177 1,255 1,618 1,548 1,132 1,297 1,347 1,071 1,328 1,420 1,902
広島 141.8% 2,304 2,267 2,626 2,287 2,728 2,605 2,676 3,176 3,198 3,149 3,610 3,794
FC東京 136.2% 3,168 3,299 3,347 3,433 3,763 3,671 3,334 3,865 3,545 3,859 4,678 4,541
横浜FM 135.6% 4,822 4,559 4,909 4,092 3,505 3,565 3,463 3,717 4,315 4,590 4,567 4,696
水戸 135.1% 310 341 301 349 413 366 436 483 508 518 561 589
G大阪 134.8% 3,418 3,361 3,212 4,399 4,078 3,346 3,817 3,285 2,786 3,863 4,282 5,146
鹿島 134.0% 3,156 3,381 3,983 4,180 4,408 4,466 4,165 4,160 4,122 4,003 4,311 5,582
新潟 130.6% 2,639 2,793 2,661 2,590 2,418 2,216 2,227 2,405 2,548 2,748 2,510 2,908
川崎F 129.9% 1,913 2,780 3,105 3,320 3,604 3,540 3,275 3,073 3,214 3,359 4,077 4,254
東京V 129.4% 3,077 2,143 2,672 4,144 888 718 1,075 1,470 1,236 1,220 1,311 1,391
愛媛FC 126.3% - 435 466 492 503 472 499 504 522 576 569 630
浦和 122.7% 5,805 7,078 7,964 7,091 6,432 5,625 5,382 5,353 5,786 5,854 6,088 6,606
山形 120.8% 582 665 539 626 1,163 1,229 1,239 1,047 1,041 1,399 1,813 1,497
C大阪 119.0% 2,311 2,108 2,066 1,940 2,241 2,554 2,527 2,618 3,213 3,771 2,712 3,008
大宮 115.4% 2,242 2,376 2,842 3,059 3,553 3,308 2,775 3,344 3,228 3,422 3,005 3,203
熊本 114.1% - - - 537 616 668 631 678 680 750 756 720
名古屋 112.3% 3,720 3,801 3,635 4,071 4,506 4,103 4,196 3,993 4,226 4,042 4,446 4,713
仙台 109.0% 1,607 1,609 1,543 1,421 1,529 2,041 2,097 2,303 2,429 2,249 2,239 2,285
清水 107.2% 3,077 2,986 3,180 3,457 3,514 3,486 3,118 3,449 3,084 3,248 3,142 3,341
千葉 105.5% 2,722 2,887 3,112 3,564 2,683 2,306 2,422 2,408 2,330 2,300 2,504 2,556
磐田 104.8% 3,890 3,717 3,594 3,387 3,422 3,151 3,151 3,391 3,298 3,027 2,996 3,303
甲府 104.0% 670 1,343 1,655 1,263 1,094 1,067 1,465 1,179 1,481 1,518 1,525 1,523
横浜FC 101.7% 642 1,195 1,706 1,164 966 948 1,046 1,054 1,152 1,042 1,002 1,064
群馬 92.9% 518 586 553 544 536 512 562 496 469 555 548 522
富山 89.7% - - - - 610 573 574 599 701 735 531 515
栃木SC 85.4% - - - - 580 661 748 791 876 941 936 639
大分 83.0% 1,502 1,800 2,261 2,184 1,915 1,108 960 986 1,406 1,006 958 797
京都 81.4% 2,058 2,230 2,125 2,502 2,416 2,311 2,140 2,039 1,930 1,761 1,897 1,743
81.1% 3,874 3,244 3,143 2,997 2,859 2,743 3,543 3,551 3,412 3,165 3,019 2,874
鳥取 67.5% - - - - - - 610 576 646 460 426 412


■ ずっと前年比の営業収益を上回っている岡山と北九州

表3は「各クラブの営業収益の前年比」の数字を書き出したものである。数値に着目したとき、200%を越えているのは2006年の甲府、2012年の鳥栖、2015年の山口、2016年の山口の4ケースのみ。200%というのは「営業収益が前年比で2倍以上になったこと」を意味するが10数年の歴史の中でも4ケースのみ。極めて珍しい。JFL→J3、J3→J2とステップアップして来た山口のこれからに期待したいところである。

四捨五入をして前年比が101%以上になったときを「プラス」、100%のときを「横ばい」、99%以下だったときを「マイナス」と表現したとき、プラスの数が最も多かったのは水戸で9回。2007年と2010年こそマイナスだったが、それ以外のシーズンは全てプラスになっている。水戸は一時期を比べるとホーム戦の観客動員数が激増しているがクラブとしてゆっくりではあるが着実に前進してきていると言える。

注目したいのは岡山と北九州の2チームである。岡山は2009年、北九州は2010年に初めてJ2昇格を果たしたが、この2チームは全ての年度で前年の営業収益を上回っている。毎年、右肩上がりで成長を続けてきたことになる。他には愛媛FC・鳥栖・川崎F・徳島・神戸・鹿島あたりもプラスの数字が多い。愛媛FCは粉飾決算の問題で揺れた時期があったが、水戸と同様でゆっくりではあるが着実に前進している。

逆にマイナスが多いのは柏。プラスになったのは1回だけでマイナスになったのが9回もある。2016年の営業収益は28.74億円。これはJリーグの53クラブの中では15番目。J1の中では13番目なので決して悪い数字ではないが着実にあるいは一気に営業収益を伸ばしているクラブが多いことを考えると相対的な地位は下がっている。「クラブとして衰退している。」という印象はないのでかなり意外な結果と言える。

表3. 各クラブの営業収益の前年比について
クラブ名 プラス 横ばい マイナス 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年
水戸 9 0 2 110% 88% 116% 118% 89% 119% 111% 105% 102% 108% 105%
愛媛FC 8 0 2 - 107% 106% 102% 94% 106% 101% 104% 110% 99% 111%
鳥栖 8 0 3 165% 81% 123% 96% 121% 84% 211% 117% 111% 132% 111%
川崎F 8 0 3 145% 112% 107% 109% 98% 93% 94% 105% 105% 121% 104%
徳島 8 1 2 107% 100% 101% 119% 113% 113% 109% 115% 174% 83% 83%
神戸 8 0 3 73% 137% 109% 121% 83% 101% 109% 87% 126% 148% 106%
岡山 7 0 0 - - - - 109% 115% 110% 118% 107% 106% 108%
山形 7 0 4 114% 81% 116% 186% 106% 101% 85% 99% 134% 130% 83%
鹿島 7 1 3 107% 118% 105% 105% 101% 93% 100% 99% 97% 108% 129%
大宮 7 0 4 106% 120% 108% 116% 93% 84% 121% 97% 106% 88% 107%
FC東京 7 0 4 104% 101% 103% 110% 98% 91% 116% 92% 109% 121% 97%
名古屋 7 0 4 102% 96% 112% 111% 91% 102% 95% 106% 96% 110% 106%
広島 7 0 4 98% 116% 87% 119% 95% 103% 119% 101% 98% 115% 105%
湘南 7 0 4 97% 137% 96% 115% 121% 52% 130% 137% 94% 139% 104%
札幌 7 0 4 94% 107% 129% 96% 73% 115% 104% 80% 124% 107% 134%
仙台 6 2 3 100% 96% 92% 108% 133% 103% 110% 105% 93% 100% 102%
FC岐阜 6 0 2 - - - 105% 124% 86% 118% 109% 144% 120% 93%
北九州 6 0 0 - - - - - 105% 131% 101% 109% 104% 110%
横浜FC 6 0 5 186% 143% 68% 83% 98% 110% 101% 109% 90% 96% 106%
福岡 6 0 5 129% 90% 81% 87% 93% 133% 69% 102% 109% 175% 111%
浦和 6 0 5 122% 113% 89% 91% 87% 96% 99% 108% 101% 104% 109%
千葉 6 0 5 106% 108% 115% 75% 86% 105% 99% 97% 99% 109% 102%
清水 6 0 5 97% 106% 109% 102% 99% 89% 111% 89% 105% 97% 106%
横浜FM 6 0 5 95% 108% 83% 86% 102% 97% 107% 116% 106% 99% 103%
C大阪 6 0 5 91% 98% 94% 116% 114% 99% 104% 123% 117% 72% 111%
東京V 6 0 5 70% 125% 155% 21% 81% 150% 137% 84% 99% 107% 106%
甲府 5 2 4 200% 123% 76% 87% 98% 137% 80% 126% 102% 100% 100%
熊本 5 1 2 - - - 115% 108% 94% 107% 100% 110% 101% 95%
新潟 5 1 5 106% 95% 97% 93% 92% 100% 108% 106% 108% 91% 116%
栃木SC 5 0 2 - - - - 114% 113% 106% 111% 107% 99% 68%
G大阪 5 0 6 98% 96% 137% 93% 82% 114% 86% 85% 139% 111% 120%
大分 4 0 7 120% 126% 97% 88% 58% 87% 103% 143% 72% 95% 83%
富山 3 1 3 - - - - 94% 100% 104% 117% 105% 72% 97%
磐田 3 1 7 96% 97% 94% 101% 92% 100% 108% 97% 92% 99% 110%
松本 3 0 1 - - - - - - - 105% 126% 181% 90%
群馬 3 0 8 113% 94% 98% 99% 96% 110% 88% 95% 118% 99% 95%
京都 3 0 8 108% 95% 118% 97% 96% 93% 95% 95% 91% 108% 92%
山口 2 0 0 - - - - - - - - - 246% 229%
町田 2 0 0 - - - - - - - - - 122% 141%
藤枝 2 0 0 - - - - - - - - - 111% 118%
相模原 2 0 0 - - - - - - - - - 113% 117%
長野 2 0 0 - - - - - - - - - 140% 115%
秋田 2 0 0 - - - - - - - - - 121% 110%
金沢 2 0 0 - - - - - - - - - 193% 105%
福島 2 0 0 - - - - - - - - - 102% 103%
長崎 1 1 1 - - - - - - - - 125% 100% 84%
1 1 9 84% 97% 95% 95% 96% 129% 100% 96% 93% 95% 95%
鹿児島 1 0 0 - - - - - - - - - - 153%
讃岐 1 0 1 - - - - - - - - - 98% 107%
YS横浜 1 0 1 - - - - - - - - - 107% 98%
鳥取 1 0 4 - - - - - - 94% 112% 71% 93% 97%
琉球 1 0 1 - - - - - - - - - 112% 74%
盛岡 1 0 1 - - - - - - - - - 123% 71%




投票

 ・【J1】 「あなたが選ぶ前半戦のJ1のベストイレブン」はどんな11人ですか? → 899票
 ・【J2】 「あなたが選ぶ前半戦のJ2のベストイレブン」はどんな11人ですか? → 321票
 ・【J3】 「あなたが選ぶ前半戦のJ3のベストイレブン」はどんな11人ですか? → 55票

 ・【J1】 「前半戦の最優秀監督賞の候補」に推したい監督は誰ですか? → 254票
 ・【J2】 「前半戦の最優秀監督賞の候補」に推したい監督は誰ですか? → 75票


関連エントリー

 2017/04/12  【J1】 18クラブの中で「面白いサッカーをしているクラブ」はどこだろうか?
 2017/04/12  【J2】 22クラブの中で「面白いサッカーをしているクラブ」はどこだろうか?
 2017/07/07  【J1】 2017年の前半戦のベストイレブンを選出してみた。 (サッカーコラム J3PLUS+ 選定)
 2017/07/09  【J2】 2017年の前半戦のベストイレブンを選出してみた。 (サッカーコラム J3PLUS+ 選定)
 2017/07/17  【サッカー】 上西小百合さん(衆議院議員)に絡んだJリーガーならびにサポーターは反省すべき。
 2017/07/19  【DAZN限定】 サポーターに人気のサッカー解説者(1位~10位)を書き出してみた。
 2017/07/19  【DAZN限定】 サポーターに不人気なサッカー解説者(1位~10位)を書き出してみた。
 2017/07/21  全記事一覧(2005年-2017年)


関連記事





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2011-2019) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!



Since 2007/4/30




にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


最近のエントリー (100記事)



12月07日
全エントリーの一覧 (2011年-2019年)


12月07日
【移籍市場】 「今オフに大宮アルディージャが獲得できたら面白いと思う選手」を10名だけ挙げてみた。

12月07日
【移籍市場】 「今オフにロアッソ熊本が獲得できたら面白いと思う選手」を10名だけ挙げてみた。

12月07日
【移籍市場】 「今オフに浦和レッズが獲得できたら面白いと思う選手」を10名だけ挙げてみた。

12月06日
【移籍市場】 「今オフに松本山雅が獲得できたら面白いと思う選手」を10名だけ挙げてみた。

12月06日
【松本山雅】 「反町康治監督の続投」というのはあり得ない選択である。

12月06日
【移籍市場】 「今オフに鹿島アントラーズが獲得できたら面白いと思う選手」を10名だけ挙げてみた。

12月05日
【移籍市場】 「今オフにベガルタ仙台が獲得できたら面白いと思う選手」を10名だけ挙げてみた。

12月05日
【J1・J2・J3】 今シーズン限りで契約満了になったプレーヤーの短評 (その4)~我那覇和樹・増川隆洋・丹野研太など~

12月05日
【J1】 「面白いサッカーを見せたチーム(1位-5位)」を勝手に表彰する。 (2019年版)

12月04日
【移籍市場】 「今オフにジュビロ磐田が獲得できたら面白いと思う選手」を10名だけ挙げてみた。

12月04日
【いわてグルージャ盛岡】 秋田豊さんの監督就任が事実ならば驚きと言うしかない。

12月04日
【J2】 「面白いサッカーを見せたチーム (1位-5位)」を勝手に表彰する。 (2019年版)

12月03日
【移籍市場】 「今オフに栃木SCが獲得できたら面白いと思う選手」を10名だけ挙げてみた。

12月03日
【移籍市場】 「今オフにサンフレッチェ広島が獲得できたら面白いと思う選手」を10名だけ挙げてみた。

12月03日
【サッカー限定】 2019年の新語・流行語のランキングを勝手に作ってみた。 (1位-10位)

12月03日
【移籍市場】 「今オフにヴァンフォーレ甲府が獲得できたら面白いと思う選手」を10名だけ挙げてみた。

12月02日
【J1・J2・J3】 今オフの移籍市場の注目選手・30名の動向を予想する。 (フォワード編) (中)

12月02日
【J2】 2019年の年間ベストイレブンを選出してみた。 (J3+選定)

12月02日
【J1・J2・J3】 今オフの移籍市場の注目選手・30名の動向を予想する。 (フォワード編) (上)

12月01日
【J1・J2・J3】 今オフの移籍市場の注目選手・30名の動向を予想する。 (アタッカー編) (下)

12月01日
【Jリーグ】 今季限りで契約満了になったプレーヤーの短評 (その3)~枝村匠馬・寺田紳一・神田夢実など~

12月01日
【J1・J2・J3】 今オフの移籍市場の注目選手・30名の動向を予想する。 (アタッカー編) (中)

11月30日
【J1・J2・J3】 今オフの移籍市場の注目選手・30名の動向を予想する。 (アタッカー編) (上)

11月30日
【Jリーグ】 今季限りで契約満了になったプレーヤーの短評 (その2)~田中達也・松田力・林堂眞など~

11月29日
【移籍市場】 「今オフに京都サンガが獲得できたら面白いと思う選手」を10名だけ挙げてみた。

11月29日
【J1・J2・J3】 今オフの移籍市場の注目選手・20名の動向を予想する。 (ボランチ編) (後編)

11月29日
「今オフにアビスパ福岡が獲得できたら面白いと思う選手」を10名だけ挙げてみた。

11月29日
【J1・J2・J3】 今オフの移籍市場の注目選手・20名の動向を予想する。 (ボランチ編) (前編)

11月29日
【移籍市場】 19歳のMF本間至恩(アルビレックス新潟)は残留するのがベストだと思う。

11月28日
【J1・J2・J3】 今オフの移籍市場の注目選手・20名の動向を予想する。 (左SB/WB編) (後編)

11月28日
【移籍市場】 「今オフに横浜FCが獲得できたら面白いと思う選手」を10名だけ挙げてみた。

11月28日
【J1・J2・J3】 今オフの移籍市場の注目選手・20名の動向を予想する。 (左SB/WB編) (前編)

11月28日
【移籍市場】 2019年-2020年オフの補強ポイントについて考える。 (栃木SC編)

11月27日
【J1・J2・J3】 今オフの移籍市場の注目選手・20名の動向を予想する。 (CB編) (後編)

11月27日
【J1・J2・J3】 今オフの移籍市場の注目選手・20名の動向を予想する。 (CB編) (前編)

11月27日
【J1・J2・J3】 今オフの移籍市場の注目選手・20名の動向を予想する。 (右SB/WB編) (後編)

11月26日
【J1・J2・J3】 今オフの移籍市場の注目選手・20名の動向を予想する。 (右SB/WB編) (前編)

11月26日
【Jリーグ】 MF前川大河(アビスパ福岡)のバックパスはプロ失格 (vs ツエーゲン金沢)

11月26日
【移籍市場】 MF小塚和季(大分トリニータ)は浦和レッズ向きの選手ではない。

11月25日
【一三スコア】 筋違いに感じる柏レイソルへのバッシング (vs 京都サンガ)

11月25日
【Jリーグ】 今オフの移籍市場の注目選手・20名の動向を予想する。 (キーパー編) (下)

11月25日
【一三スコア】 「京都サンガが1対13で大敗した理由」を13個だけ挙げてみた。 (VS 柏レイソル)

11月24日
【Jリーグ】 今オフの移籍市場の注目選手・20名の動向を予想する。 (キーパー編) (上)

11月24日
【移籍市場】 「今オフにいわてグルージャ盛岡が獲得できたら面白いと思う選手」を10名だけ挙げてみた。

11月24日
【J1・J2・J3】 今シーズン限りで契約満了になったプレーヤーの短評 (その1)~清原翔平・矢野貴章・小椋祥平など~

11月23日
【移籍市場】 「今オフにガンバ大阪が獲得できたら面白いと思う選手」を10名だけ挙げてみた。

11月23日
【なでしこ1部:昇格】 セレッソ大阪堺レディースのメンバーが若すぎる。~最年少は14才~

11月23日
【移籍市場】 「今オフにFC琉球が獲得できたら面白いと思う選手」を10名だけ挙げてみた。

11月22日
【移籍市場】 「今オフに名古屋グランパスが獲得できたら面白いと思う選手」を10名だけ挙げてみた。

11月22日
【命名権】 「町田GIONスタジアム→Gスタ」という略し方は正解なのか? (町田ゼルビア)

11月22日
【Jリーグ】 長野パルセイロの横山雄次監督の続投は愚策だ。

11月22日
【移籍市場】 「今オフに大分トリニータが獲得できたら面白いと思う選手」を10名だけ挙げてみた。

11月21日
【サッカー】 「11人全員が○○だったら」で現役最強のJリーガーは誰だ? (2019年版)

11月21日
【J1】 「10月以降の成績が優れているチーム(1位-10位)」を書き出してみた。(2003年-2019年)

11月20日
【五輪代表】 堂安律なのか?久保建英なのか?併用なのか?どちらも外すのか? (下)

11月20日
【五輪代表】 堂安律なのか?久保建英なのか?併用なのか?どちらも外すのか? (上)

11月20日
【親善試合:日本×ベネズエラ】 65年ぶりの失態。65年前ってどんな時代だったか?

11月19日
【移籍市場】 「今オフに町田ゼルビアが獲得できたら面白いと思う選手」を10名だけ挙げてみた。

11月19日
【J3降格】 前途多難なFC岐阜~「1年でのJ2復帰」が至上命題になるが・・・。~

11月19日
【移籍市場】 「今オフにレノファ山口が獲得できたら面白いと思う選手」を10名だけ挙げてみた。

11月18日
【移籍市場】 「今オフにFC今治が獲得できたら面白いと思う選手」を10名だけ挙げてみた。

11月18日
【移籍市場】 「今オフにFC岐阜が獲得できたら面白いと思う選手」を10名だけ挙げてみた。

11月18日
【移籍市場】 「今オフにファジアーノ岡山が獲得できたら面白いと思う選手」を10名だけ挙げてみた。

11月17日
【U-22:日本×コロンビア】 「本番では使えそうもない選手」がはっきりした試合

11月17日
【移籍市場】 2019年-2020年オフの補強ポイントについて考える。 (ロアッソ熊本編)

11月17日
【移籍市場】 「今オフに柏レイソルが獲得できたら面白いと思う選手」を10名だけ挙げてみた。

11月16日
【サッカー】 「Jリーグのバンディエラ(旗手)」を20名だけ挙げてみた。 (後編)

11月16日
【移籍市場】 2019年-2020年オフの補強ポイントについて考える。 (サガン鳥栖編)

11月16日
【サッカー】 「Jリーグのバンディエラ(旗手)」を20名だけ挙げてみた。 (前編)

11月15日
【移籍市場】 「今オフにアルビレックス新潟が獲得できたら面白いと思う選手」を10名だけ挙げてみた。

11月15日
【W杯予選:キルギス×日本】 チームを救ったのは守護神のGK権田修一

11月15日
【Jリーグ】 ガンバ大阪のサポーターのMF田中達也への試合中のブーイングの是非について (vs 大分トリニータ)

11月14日
【移籍市場】 「今オフに横浜Fマリノスが獲得できたら面白いと思う選手」を10名だけ挙げてみた。

11月14日
【移籍市場】 「今オフに愛媛FCが獲得できたら面白いと思う選手」を10名だけ挙げてみた。

11月14日
【移籍市場】 「今オフに川崎フロンターレが獲得できたら面白いと思う選手」を10名だけ挙げてみた。

11月13日
【移籍市場】 「今オフにコンサドーレ札幌が獲得できたら面白いと思う選手」を10名だけ挙げてみた。

11月13日
【移籍市場】 「今オフにツエーゲン金沢が獲得できたら面白いと思う選手」を10名だけ挙げてみた。

11月13日
【移籍市場】 「今オフにセレッソ大阪が獲得できたら面白いと思う選手」を10名だけ挙げてみた。

11月12日
【移籍市場】 「今オフにジェフ千葉が獲得できたら面白いと思う選手」を10名だけ挙げてみた。

11月12日
【Jリーグ】 「今オフの移籍はあり得ない。」と思える選手を10名だけ挙げてみた。 (フォワード編)

11月12日
【Jリーグ】 「今オフの移籍はあり得ない。」と思える選手を10名だけ挙げてみた。 (アタッカー編)

11月12日
【Jリーグ】 「今オフの移籍はあり得ない。」と思える選手を10名だけ挙げてみた。 (ボランチ編)

11月11日
【Jリーグ】 「今オフの移籍はあり得ない。」と思える選手を10名だけ挙げてみた。 (左SB/WB編)

11月11日
【Jリーグ】 「今オフの移籍はあり得ない。」と思える選手を10名だけ挙げてみた。 (CB編)

11月10日
【Jリーグ】 「今オフの移籍はあり得ない。」と思える選手を10名だけ挙げてみた。 (右SB/WB編)

11月10日
【Jリーグ】 「今オフの移籍はあり得ない。」と思える選手を10名だけ挙げてみた。 (キーパー編)

11月10日
【移籍市場】 2019年-2020年オフの補強ポイントについて考える。 (ベガルタ仙台編)

11月09日
【U-17日本代表】 西川潤や若月大和らの世代~将来性を感じる選手は誰か?そうでもない選手は誰か?~

11月09日
【移籍市場】 2019年-2020年オフの補強ポイントについて考える。 (ヴィッセル神戸編)

11月09日
【Jリーグ】 ツエーゲン金沢の「うんこドリルとコラボ」はくだらなすぎた。

11月08日
【Jリーグ】 2019年-2020年オフの移籍市場はどうなる?(下) ~移籍市場で人気銘柄になるのは誰か?~

11月08日
【Jリーグ】 2019年-2020年オフの移籍市場はどうなる?(中) ~トレンドは若手の海外進出や外国人キーパーなど~

11月08日
【Jリーグ】 あまりにも下品な鹿島アントラーズの女性サポーター4人組の中指騒動

11月07日
【Jリーグ】 2019年-2020年オフの移籍市場はどうなる?(上) ~有名外国人選手のJリーグ進出&パワハラ問題の余波~

11月07日
【J3】 2019年にブレイクした選手を選んでみた。 (01位-10位)

11月07日
【J3】 2019年にブレイクした選手を選んでみた。 (11位-20位)

11月06日
【J1】 2019年にブレイクした選手を選んでみた。 (01位-10位)

11月06日
【J1】 2019年にブレイクした選手を選んでみた。 (11位-20位)

11月06日
【J2】 2019年にブレイクした選手を選んでみた。 (01位-10位)

11月05日
【J2】 2019年にブレイクした選手を選んでみた。 (11位-20位)

11月05日
【Jリーグ】 コンサドーレ札幌がMFダビド・シルバを獲得できたら面白い。

11月05日
【移籍市場】 2019年-2020年オフの補強ポイントについて考える。 (FC岐阜編)

11月04日
【移籍市場】 2019年-2020年オフの補強ポイントについて考える。 (鹿児島ユナイテッド編)

11月04日
【ヴィッセル神戸】 GK飯倉大樹に対してMFイニエスタが怒るのも当然だ。

11月04日
【U-17日本代表】 ガンバ大阪ユースのFW唐山翔自くんについて

11月03日
【J2】 FC岐阜のサポーターはブーイングをするべきだったのか?否か? (vs 徳島ヴォルティス)

11月03日
【U-17W杯:日本×セネガル】 エースのFW西川潤(桐光学園高)が決勝ゴール。首位通過を果たす。

11月03日
【J3】 残りは6節。昇格争いの展望~ダークホースは5位のカターレ富山~

11月02日
【Jリーグ】 オフの移籍市場で「J1 or J2のクラブへの個人昇格」がありそうな選手 (20名) (後編)



最近のメルマ (30記事)


2019/09/27
【女子U-16日本代表】 4試合で19得点/0失点。中国を下してU-17W杯の出場権ゲット。

2019/09/28
【五輪代表】 U-23アジア選手権の組み合わせ抽選会について

2019/09/29
FC琉球×山形、浦和×Honda FC、日本×中国、鳥栖×浦和

2019/10/01
愛媛FC×栃木SC、岡山×千葉、柏×東京V、日本×北朝鮮

2019/10/02
【J2】 上位争いと残留争いの展望

2019/10/03
【J2】 22クラブのオフの監督人事について考える。(上)

2019/10/04
【J2】 22クラブのオフの監督人事について考える。(下)

2019/10/06
リバプール×ザルツブルク、C大阪×G大阪、仙台×横浜FM、松本山雅×FC東京

2019/10/07
広島×名古屋、川崎F×神戸、磐田×横浜FM、G大阪×札幌

2019/10/08
横浜FC×柏、水戸×大宮、浦和×清水、鳥栖×FC東京

2019/10/09
【U-17W杯】 本大会に出場する日本代表21名について

2019/10/11
【J1】 18クラブのオフの監督人事について考える。(上)

2019/10/12
【J1】 18クラブのオフの監督人事について考える。(下)

2019/10/13
FC岐阜×山口、北九州×C大阪U-23、C大阪×鹿島、湘南×川崎F

2019/10/14
【J3】 昇格争いの展望

2019/10/16
柏×水戸、C大阪U-23×福島、鳥取×G大阪U-23、U-22ブラジル×U-22日本

2019/10/17
【東京五輪】 五輪代表の「ポジション争いについて考える。 (前編)

2019/10/18
【東京五輪】 五輪代表の「ポジション争いについて考える。 (後編)

2019/10/19
もしJリーグにもドラフト会議があったならば・・・。

2019/10/21
松本山雅×鹿島、浦和×大分、名古屋×仙台、大宮×徳島

2019/10/22
磐田×鳥栖、横浜FM×湘南、G大阪×川崎F、京都×横浜FC

2019/10/23
岡山×長崎、栃木SC×FC琉球、千葉×柏、群馬×藤枝MYFC

2019/10/24
「野球人気の低下」と「ラグビー人気の高さ」について

2019/10/26
富山×熊本、YS横浜×岩手、ザルツブルク×ナポリ、鳥取×群馬

2019/10/27
八戸×SC相模原、神戸×FC東京、熊本×藤枝MYFC、札幌×C大阪

2019/10/28
福島×秋田、川崎F×札幌、FC琉球×大宮、徳島×水戸

2019/10/29
町田×FC岐阜、岡山×栃木SC、山形×愛媛FC、鹿島×Honda FC

2019/10/31
広島×浦和、日本×オランダ、群馬×富山、G大阪U-23×C大阪U-23

2019/11/01
鹿児島×FC岐阜、熊本×沼津、長野×YS横浜、日本×ミャンマー

カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----チャナティップ (8)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----庄司悦大 (22)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----岩波拓也 (20)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (25)
 -----李忠成 (23)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----江坂任 (9)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----小泉慶 (12)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----齋藤学 (30)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----中澤佑二 (19)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----表原玄太 (13)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 -----立田悠悟 (9)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----カミンスキー (16)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (38)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----片山瑛一 (11)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (18)
 -----山口蛍 (55)
 -----山村和也 (22)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----城福浩 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)
 -----吉田豊 (10)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----鈴木武蔵 (20)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (69)
 -----石崎信弘 (19)
 -----中村駿太 (9)
 -----坂井達弥 (9)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 ├栃木SC (32)
 -----大黒将志 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----大前元紀 (15)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----林陵平 (11)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (21)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----松井大輔 (12)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----永井龍 (21)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----安田理大 (31)
 ├ツエーゲン金沢 (16)
 -----清原翔平 (13)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (16)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----喜山康平 (8)
 -----齊藤和樹 (16)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----高木大輔 (20)
 -----丸岡満 (11)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 -----森本貴幸 (12)
 ├ロアッソ熊本 (74)
 -----上村周平 (10)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)
 -----宮阪政樹 (18)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (8)
 ├ブラウブリッツ秋田 (28)
 -----中村亮太 (9)
 -----藤田祥史 (11)
 ├福島ユナイテッド (12)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----風間宏希 (15)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----平繁龍一 (12)
 -----松下裕樹 (9)
 ├Y.S.C.C.横浜 (6)
 -----後藤京介 (6)
 ├SC相模原 (6)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├長野パルセイロ (18)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├藤枝MYFC (9)
 ├アスルクラロ沼津 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (16)
 -----森岡隆三 (14)
 -----加藤潤也 (6)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 ├鹿児島ユナイテッド (8)
 -----藤澤典隆 (10)
 ├FC琉球 (17)
 -----播戸竜二 (14)
 ├FC東京U-23 (0)
 -----久保建英 (8)
 ├ガンバ大阪U-23 (8)
 ├セレッソ大阪U-23 (7)
 -----喜田陽 (8)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:


PVアクセスランキング にほんブログ村