サッカーコラム J3 Plus+ 

J1・J2・J3・日本代表などを幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |






最近のエントリー (20記事)

 2019/10/16 【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきキーパーを20名だけ挙げてみた。 (後編) (2019年版)
 2019/10/17 【W杯】 「ラグビー選手=紳士」というイメージは本当に正しいのか?
 2019/10/17 【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべき右SB/WBを20名だけ挙げてみた。 (前編) (2019年版)
 2019/10/17 【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべき右SB/WBを20名だけ挙げてみた。 (後編) (2019年版)
 2019/10/18 【Jリーグ】 もはや浦和レッズのサポーターは「Jリーグのお荷物」だ。
 2019/10/18 【J2】 柳下監督(ツエーゲン金沢)の試合後のインタビューが怖かった件 (vs 横浜FC)
 2019/10/18 【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきCBを20名だけ挙げてみた。 (前編) (2019年版)
 2019/10/19 【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきCBを20名だけ挙げてみた。 (後編) (2019年版)
 2019/10/19 【移籍市場】 2019年-2020年オフの補強ポイントについて考える。 (湘南ベルマーレ編)
 2019/10/19 【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべき左SB/WBを20名だけ挙げてみた。 (前編) (2019年版)
 2019/10/20 【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべき左SB/WBを20名だけ挙げてみた。 (後編) (2019年版)
 2019/10/20 【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきボランチを30名だけ挙げてみた。 (上) (2019年版)
 2019/10/20 【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきボランチを30名だけ挙げてみた。 (中) (2019年版)
 2019/10/21 【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきボランチを30名だけ挙げてみた。 (下) (2019年版)



 2019/10/21 全エントリーの一覧 (2011年-2019年) → 過去のエントリーを読むときはこちらから!!!


最近のJ3+メルマ (10記事)

 #2345  2019/10/03  【J2】 22クラブのオフの監督人事について考える。(上)
 #2346  2019/10/04  【J2】 22クラブのオフの監督人事について考える。(下)
 #2347  2019/10/06  リバプール×ザルツブルク、C大阪×G大阪、仙台×横浜FM、松本山雅×FC東京
 #2348  2019/10/07  広島×名古屋、川崎F×神戸、磐田×横浜FM、G大阪×札幌
 #2349  2019/10/08  横浜FC×柏、水戸×大宮、浦和×清水、鳥栖×FC東京
 #2350  2019/10/09  【U-17W杯】 本大会に出場する日本代表21名について
 #2351  2019/10/11  【J1】 18クラブのオフの監督人事について考える。(上)
 #2352  2019/10/12  【J1】 18クラブのオフの監督人事について考える。(下)
 #2353  2019/10/13  FC岐阜×山口、北九州×C大阪U-23、C大阪×鹿島、湘南×川崎F
 #2354  2019/10/14  【J3】 昇格争いの展望

お勧めしたいエントリー (15記事)

ACLにおけるJクラブの成績に関する2つの気になるデータ | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ 合わせて0勝3敗1分けのスタート

2015年のACLの第1節は2月24日(火)と2月25日(水)に行われたが、日本勢は大苦戦した。G大阪はホームで中国の広州富力に0対2で敗れて、鹿島もホームでアジア王者のウェスタン・シドニー・ワンダラーズに1対3で敗れて、浦和はアウェイで水原三星に1対2で逆転負け。唯一、柏はアウェイで全北現代と対戦して0対0の引き分けで勝ち点「1」を獲得したが、4チーム合わせて0勝3敗1分けというのは情けない話である。

もちろん、敗因というのは各々のチームで異なるので、杓子定規に敗因を語るのは軽率な行為である。G大阪はほとんどの時間帯でボールを支配していたが、大黒柱のMF遠藤の出来が極めて悪かったことがなかなか決定機を作れない最大の要因だった。鹿島は出来としてはかなり良かったと思うが、逆転ゴールを奪うためにやや前掛かりになったところを突かれて勝ち越しゴールとダメ押しゴールを許した。

一方、浦和は「(アウェイなので)引き分けでもOK」という試合だった。その目論見通りに1対1のままで終盤戦を迎えたが、後半の終了間際にセットプレーから逆転ゴールを許した。ここでの失点シーンはチームとして落ち度があったというよりは、決勝ゴールを奪ったFWレオにマンマークで対峙していたDF森脇の個人としてのミスが原因で、「全くボールの行方を見ない。」というかなり奇妙な対応になってしまった。

実は4チームの中で一番苦しい戦いになったのは柏である。序盤から全北現代にかなり攻め込まれたが、GK菅野やDF鈴木大らの活躍もあって何とか勝ち点「1」を獲得した。最大のライバルと言える全北現代とのアウェイ戦で勝ち点「1」を獲得した柏はいいスタートを切ったが、G大阪と浦和は痛い負けで、鹿島はH組が強豪揃いであることを考えると早くも決勝トーナメント進出に黄色信号が灯ったと言える。

■ 2011年以前と2012年以降で大きな差

ここからの巻き返しを期待したいが、ACLに関して気になることが2つある。1つはここ数年で日本勢の成績が急落している点である。ACLは2009年から「GLで2位以内に入ったチームが決勝トーナメントに進出できる。」というレギュレーションになったので、2009年以降の日本勢の出場チームと勝敗をまとめてみると表1のようになる。(※ その前の2007年に浦和、2008年にG大阪がアジアを制覇している。)

これを見ると分かるとおり、2011年までは大きく勝ち越しているが、2012年以降はほぼイーブンである。決勝トーナメントに進出した数は2009年が4チーム、2010年が2チーム、2011年が4チーム、2012年が3チーム、2013年が1チーム、2014年が3チームなので70.8%の確率で決勝トーナメントに進んでいる。この数字は決して低くはないが、細かく見ていくと、やはり、2011年以前と2012年以降で大きな差がある。

2009年から2011年までの3年間は12チーム中10チームが決勝トーナメントに進んでいるので確率は83.3%となるが、2012年から2014年の3年間は12チーム中7チームなので58.3%と急落している。2011年あたりまでは殆どのチームが少なくとも決勝トーナメントには進出することができたが、2012年以降は半数近くがGLで姿を消している。(ほとんど上位に進出できていない点は変わらないが・・・。)

表2. 日本勢のGLの成績 (2009年以降)
  TOTAL順位
  平均勝ち点勝ち負け分け1位2位3位4位
2009年鹿島・川崎F・名古屋・G大阪2.0815453100
2010年鹿島・川崎F・G大阪・広島1.8814731120
2011年名古屋・G大阪・C大阪・鹿島1.8313651300
2012年柏・名古屋・G大阪・FC東京1.429870301
2013年広島・仙台・浦和・柏1.388791012
2014年広島・横浜FM・川崎F・C大阪1.5010860301
2015年G大阪・浦和・鹿島・柏0.25031
 TOTAL1.6469433661134


■ ACLでの苦戦の原因は選手のレベルの低下なのか?

何故、これだけの差があるのか?当然、いくつかの理由が考えられるが、一番、大きいのは、このあたりの時期(2011年あたり)から海外組が激増したことである。日本代表の主力級だけでなく、その下の代表クラス、さらに言うと代表クラスに届いていないような選手まで欧州のクラブからオファーを受けてJリーグを飛び出していった。こうなるとJリーグ全体の層が薄くなってACLで勝つのはなかなか難しくなる。

「日本人選手のレベルが下がったことがACLで苦戦している原因だ。」という人もいるがこれは正しいとは言えない。普通に考えると分かる話であるが、日本人選手のレベルが上がれば上がるほど、現地での日本人選手の評価が高まれば高まるほど、欧州のクラブから目を付けられて欧州移籍を希望する選手が増えるので、いい選手が流出する可能性が高くなって、ACLで勝ち進むのは難しくなる。

「日本人選手のレベルが上がればACLで好成績を残すことが出来て、日本人選手のレベルが下がったときはACLで好成績を残すことが出来ない。」というのであれば、比較的、話は簡単である。とにかく、いい選手をたくさん育てれば道が開けていくが、現状はむしろ逆である。いい選手が増えたとしたら、さらに日本人選手の欧州移籍に拍車がかかるので、それまで以上にACLで好成績を残すのが難しくなる。

究極はたくさんの有力な選手が欧州に移籍したとしても、残った選手たちで中国や韓国やオーストラリアなどのクラブを上回ることであるが、これはなかなか難しい。現状はアジアの中でそこまで日本サッカー界が突出しているわけではないし、ライバルを出し抜いて日本サッカー界が突出するのは相当に難しい。「それが可能である。」と考える人は『現実が見えていない。』と他者から言われても仕方がないだろう。

「欧州組が活躍すればするほど、いい選手がたくさん出てくれば出てくるほど、日本人選手の欧州移籍に拍車がかかるので、ACLで勝つのが難しくなる。」というのはもどかしいところである。早い話、日本サッカー界のシンボルと言えるMF本田圭やDF長友やMF香川やMF内田篤などが欧州のステージで居場所を失って撤退を余儀なくされたとしたら、日本勢はACLで好成績を残すようになるだろう。

Jリーグに戻って来る彼らが大きな戦力になるだけでなく、後に続くはずだった若手選手が海外のクラブに移籍する確率も低くなるので、優秀な選手の流出は抑えられる。本当にACLのことだけを考えると万々歳であるが、当然のことながら、そういうことが現実になったとしたら、「日本サッカー界は危機的状況を迎えた。」と言えるので、そうなることを望む人は誰もいないはずである。

■ 極端に悪いACLの1節と2節の成績

個人的には現時点ではCLに出場する選手が何人かいて、ELに出場する選手も少なくない。浦和とG大阪がACLを制覇した時代と比べてACLよりもはるかにレベルの高いステージで活躍している選手は格段に増えているので、日本勢がACLで勝てなくなるのはある程度は仕方がないことで、日本サッカー界全体のことを考えると「Jリーグにとどまる選手が増えてACLで好成績を残すようになる。」というよりはいいと思う。

優秀な選手を輩出することが必ずしもACLでの好成績を約束されないことは大きなジレンマと言えるが、バックアップ体制をさらに強化することでACLで好成績を残す可能性を高めることができるのは間違いない。金銭的な面でさらなる援助をすることも1つであるが、「Jリーグの開幕の時期を早める。」という手も考えられる。(ACL組をバックアップするために考えざる得ない状況になってきていると思う。)

今度の表2は2009年以降にACLに出場した日本のクラブの節ごとの成績である。2015年は1節のみを反映させているが、「何が問題なのか?」は一目瞭然で1節と2節の成績が非常に悪い。ACLの序盤で躓いてしまうチームが多いが、これを改善するためにはJ1の開幕戦をACLの開幕戦よりも前に持ってきて、「ACLの開幕戦を新シーズンになって最初の公式戦にはしないようにする。」ということも考えざる得ない。

表2. ACLの日本勢の節ごとの成績 (2009年以降)
 平均勝ち点勝ち負け分け
1節1.219127
2節1.29897
3節1.711275
4節1.921347
5節2.131536
6節1.671284


今シーズンはACLの1節と2節を戦った後、3月7日(土)と3月8日(日)にJ1の開幕戦が行われるが、実は今年はちょっと特殊である。調べてみると2010年から2014年までの5年間はACLの初戦を終えた後にJ1の開幕戦を行っている。一方、2009年はJ1の開幕戦を戦った後にACLの初戦を迎えている。(ちなみに、2009年は鹿島と川崎FとG大阪と名古屋が出場しているが、ACLの1節は3勝1敗と好成績を残している。)

また、表2のとおり、最終節となる6節はちょっと落ちるが、1節→2節→3節→4節→5節はキレイに右肩上がりに平均勝ち点が増えていく。もちろん、節が進むにつれて試合の重要度は増していくのが普通なので、右肩下がりになるよりはマシと言えるが、やはり、1節と2節の出遅れは非常に気になるところである。これがACLに出場する日本勢の大きな問題点であり、好成績を阻んでいる原因の1つであることは確かである。

ただ、「J1の開幕時期を早めればいい。」と口で言うのは簡単であるが、実行に移すのは相当に難しい。ACLの開幕戦よりも前にJ1の開幕戦を行おうとすると各チームは今よりも2週間ほど始動を早くする必要がある。昨シーズンのように「天皇杯の決勝を早めに行う。」という風に変えてしまえば不可能ではないが、山形など北国のチームは4節あるいは5節あたりまでホームで試合を開催できなくなる恐れがある。

「しのごの言わずに日程はこれまでどおり。各チームがACLの開幕戦に合わせて調整すべき。」という意見もあると思うが、そうなると、長いシーズンを乗り切るのが難しくなる。ACLのステータスが高くて、勝ち進むメリットが大きいのであれば、そういうやり方をするチームも出てくると思うが、現状はそこまでのリスクを賭けるメリットがACLには無い。問題点は見つかるが、解決策はなかなか見つからない。




◆ ACLの第2節のオッズはどうなっているのか???

 → スポーツブックの36BOLで3月3日(火)と3月4日(水)に行われるACLの第2節の日本勢のオッズはどうなっているのか?を調べてみると、柏は「柏が勝利→1.15倍」なので大丈夫と言える。浦和も「浦和が勝利→1.55倍」なのでこちらも問題ないと思われる。また、城南と対戦するG大阪は「ガンバが勝利→2.39倍」。アウェイにもかかわらず「ガンバ勝利」の方が低いオッズになっている。対して、鹿島は「鹿島が勝利→3.01倍」なのでアウェイで苦しい戦いになることが予想されるが、「FCソウルが勝利→2.15倍」なので、『そこまで大きな差があるわけではない。』と思われているようだ。

表3. ACLの第2節のオッズ
E組山東魯能2.41
全北現代モータース2.74
引き分け3.12
E組柏レイソル1.15
ベカメックス・ビンズオン11.50
引き分け7.00
F組城南FC2.71
ガンバ大阪2.39
引き分け3.20
F組広州富力1.50
ブリーラム・ユナイテッド6.59
引き分け3.55
G組浦和レッズ1.55
ブリスベン・ロアー5.91
引き分け3.50
G組北京国安2.13
水原三星3.05
引き分け3.30
H組ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ4.11
広州恒大1.79
引き分け3.32
H組FCソウル2.15
鹿島アントラーズ3.01
引き分け3.30


関連エントリー

 2008/07/23  秋-春制にはNO!!!(その1)
 2008/07/25  秋-春制にはNO!!!(その2)
 2014/02/18  日テレのACLの扱いに苦言を呈する。
 2014/04/20  支持したい鹿島アントラーズの非フェアプレー
 2014/04/23  奇想天外な京都サンガのセットプレー
 2014/04/25  韓国代表キーパーのGKキム・ジンヒョン(C大阪)について
 2014/04/27  ACLで頑張ったチームと選手はもっと評価されるべきだと思う。
 2014/06/01  【J論】 「数字が語るACL。Jリーグ勢最大の敵は広州恒大にあらず。」を寄稿しました。
 2014/06/11  コートジボワール戦とギリシャ戦の予想は難しい。


関連記事





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2011-2019) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!



Since 2007/4/30




にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


最近のエントリー (100記事)



10月21日
全エントリーの一覧 (2011年-2019年)


10月21日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきボランチを30名だけ挙げてみた。 (下) (2019年版)

10月20日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきボランチを30名だけ挙げてみた。 (中) (2019年版)

10月20日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきボランチを30名だけ挙げてみた。 (上) (2019年版)

10月20日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべき左SB/WBを20名だけ挙げてみた。 (後編) (2019年版)

10月19日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべき左SB/WBを20名だけ挙げてみた。 (前編) (2019年版)

10月19日
【移籍市場】 2019年-2020年オフの補強ポイントについて考える。 (湘南ベルマーレ編)

10月19日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきCBを20名だけ挙げてみた。 (後編) (2019年版)

10月18日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきCBを20名だけ挙げてみた。 (前編) (2019年版)

10月18日
【J2】 柳下監督(ツエーゲン金沢)の試合後のインタビューが怖かった件 (vs 横浜FC)

10月18日
【Jリーグ】 もはや浦和レッズのサポーターは「Jリーグのお荷物」だ。

10月17日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべき右SB/WBを20名だけ挙げてみた。 (後編) (2019年版)

10月17日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべき右SB/WBを20名だけ挙げてみた。 (前編) (2019年版)

10月17日
【W杯】 「ラグビー選手=紳士」というイメージは本当に正しいのか?

10月17日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきキーパーを20名だけ挙げてみた。 (後編) (2019年版)

10月16日
【W杯予選:タジキスタン×日本】 覚醒中のMF南野拓実(ザルツブルク)

10月16日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきキーパーを20名だけ挙げてみた。 (前編) (2019年版)

10月15日
【Jリーグ】 なぜ、9月の月間優秀監督賞がロティーナ監督(セレッソ大阪)でなかったのか?

10月15日
【五輪代表】 U-22ブラジル代表の選手の試合後の振る舞いはダサかった。

10月15日
【U-22:ブラジル×日本】 ゴラッソ3発!!!大金星の立役者はMF田中碧(川崎フロンターレ)!!!

10月14日
【Jリーグ】 オフの移籍市場で「J1のクラブへの個人昇格」がありそうな選手 (30名) (下)

10月14日
【Jリーグ】 オフの移籍市場で「J1のクラブへの個人昇格」がありそうな選手 (30名) (中)

10月14日
【Jリーグ】 オフの移籍市場で「J1のクラブへの個人昇格」がありそうな選手 (30名) (上)

10月13日
【移籍市場】 2019年-2020年オフの補強ポイントについて考える。 (町田ゼルビア編)

10月13日
【Jリーグ】 尹晶煥監督(元セレッソ大阪)がジェフ千葉に呼びそうな選手は誰だろうか?

10月13日
【クラブ名変更】 「賛成派と反対派の数は半々」という事実をどう考えるか? (町田ゼルビア)

10月12日
【Jリーグ】 「FC町田トウキョウ」というチーム名はダサい。ただし、・・・。

10月12日
【移籍市場】 2019年-2020年オフの補強ポイントについて考える。 (柏レイソル編)

10月12日
【J1】 2019年の残留争いの大展望 (後編) ~残りは6試合。ビッグクラブが降格する可能性は・・・。~

10月12日
【J1】 2019年の残留争いの大展望 (前編) ~残りは6試合。厳しいのはジュビロ磐田・湘南ベルマーレ~

10月11日
【Jリーグ】 いろいろな面で残念なチームになっているFC岐阜 (vs レノファ山口)

10月11日
【W杯予選:日本×モンゴル】 格下との試合とは思えないほどの内容

10月10日
【投票:W杯予選】 日本 vs モンゴルで「出来が良かった。」と思う選手は? (2019年10月10日)

10月10日
【移籍市場】 2019年-2020年オフの補強ポイントについて考える。 (アビスパ福岡編)

10月10日
【日本代表】 E-1 サッカー選手権での代表入りを期待したいJリーガー (1位~5位) (GK編)

10月09日
【パワハラ問題】 チョウ・キジェ監督(湘南ベルマーレ)もある意味では被害者だ。

10月09日
【移籍市場】 2019年-2020年オフの補強ポイントについて考える。 (清水エスパルス編)

10月09日
【J1】 2019年に面白いサッカーを見せているチームはどこだ? (1位-5位)

10月08日
【Jリーグ】 謎の多きFW黒川淳史(水戸ホーリーホック)の4枚目のイエローカード (vs アルビレックス新潟)

10月08日
【移籍市場】 2019年-2020年オフの補強ポイントについて考える。 (ガンバ大阪編)

10月08日
【Jリーグ】 J1初昇格を果たすというのは本当に難しい・・・。 (水戸ホーリーホック編)

10月07日
【Jリーグ】 軽率すぎたFWドウグラス(清水エスパルス)のヒールパスの代償は大きかった。 (vs 浦和レッズ)

10月07日
【移籍市場】 2019年-2020年オフの補強ポイントについて考える。 (横浜Fマリノス編)

10月07日
【誤審騒動】 FW豊田陽平(サガン鳥栖)のフェアプレー精神の欠如を批判する声について思うこと

10月06日
【Jリーグ】 2019年-2020年オフの注目銘柄・30名を挙げてみた。 (フォワード編) (下)

10月06日
(お詫び) 「【パワハラ問題】 狂ったチームを救えるのは湘南ベルマーレのサポーターだけだ。」について

10月06日
【Jリーグ】 興ざめだった誤審でのサガン鳥栖の劇的な逆転ゴール (vs FC東京)

10月06日
【パワハラ問題】 チョウ・キジェ監督(湘南ベルマーレ)に関する調査報告書を読んでドン引きした。

10月05日
【移籍市場】 2019年-2020年オフの補強ポイントについて考える。 (ジェフ千葉編)

10月05日
【Jリーグ】 2019年-2020年オフの注目銘柄・30名を挙げてみた。 (フォワード編) (中)

10月04日
【パワハラ問題】 狂ったチームを救えるのは湘南ベルマーレのサポーターだけだ。

10月04日
【Jリーグ】 全く擁護できないチョウ・キジェ監督(湘南ベルマーレ)のパワハラ問題

10月04日
【Jリーグ】 2019年-2020年オフの注目銘柄・30名を挙げてみた。 (フォワード編) (上)

10月04日
【Jリーグ】 「リスペクト宣言問題」でのガンバ大阪側の謝罪文は最悪だった。 (vs セレッソ大阪)

10月03日
【Jリーグ】 2019年-2020年オフの注目銘柄・30名を挙げてみた。 (アタッカー編) (下)

10月03日
【Jリーグ】 2019年-2020年オフの注目銘柄・30名を挙げてみた。 (アタッカー編) (中)

10月03日
【Jリーグ】 2019年-2020年オフの注目銘柄・30名を挙げてみた。 (アタッカー編) (上)

10月02日
【Jリーグ】 2019年-2020年オフの注目銘柄・30名を挙げてみた。 (ボランチ編) (下)

10月02日
【Jリーグ】 2019年-2020年オフの注目銘柄・30名を挙げてみた。 (ボランチ編) (中)

10月02日
【Jリーグ】 「サンフレッチェ化」のツケが回ってきた浦和レッズ

10月01日
【Jリーグ】 2019年-2020年オフの注目銘柄・30名を挙げてみた。 (ボランチ編) (上)

10月01日
【Jリーグ】 2019年-2020年オフの注目銘柄・20名を挙げてみた。 (左SB/WB編) (下)

10月01日
【Jリーグ】 2019年-2020年オフの注目銘柄・20名を挙げてみた。 (左SB/WB編) (上)

09月30日
【Jリーグ】 2019年-2020年オフの注目銘柄・20名を挙げてみた。 (CB編) (下)

09月30日
【U-16アジア選手権】 立派だった日本の選手の振る舞い。態度の悪さが目に付いた北朝鮮の選手の振る舞い。

09月30日
【Jリーグ】 2019年-2020年オフの注目銘柄・20名を挙げてみた。 (CB編) (上)

09月29日
「和製・クーマン」のDF林愛花(JFAアカデミー福島)のミドルシュートは一見の価値あり。

09月29日
【Jリーグ】 2019年-2020年オフの注目銘柄・20名を挙げてみた。 (右SB/WB編) (下)

09月29日
【Jリーグ】 2019年-2020年オフの注目銘柄・20名を挙げてみた。 (右SB/WB編) (上)

09月28日
【Jリーグ】 FW杉本健勇(浦和レッズ)のPKは純粋に凄かったと思う。評価したい。

09月28日
【Jリーグ】 2019年-2020年オフの注目銘柄・20名を挙げてみた。 (GK編) (下)

09月28日
【Jリーグ】 2019年-2020年オフの注目銘柄・20名を挙げてみた。 (GK編) (上)

09月27日
【移籍市場】 2019年-2020年オフの補強ポイントについて考える。 (松本山雅編)

09月27日
【移籍市場】 2019年-2020年オフの補強ポイントについて考える。 (浦和レッズ編)

09月27日
【移籍市場】 2019年-2020年オフの補強ポイントについて考える。 (コンサドーレ札幌編)

09月26日
【天皇杯】 首謀者(浦和レッズのサポーター)には厳格な処分が下されるべき「バス囲み」 (vs Honda FC)

09月26日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (フォワード編)

09月26日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (監督編)

09月25日
【J1】 18クラブの公式ツイッターのフォロワー数を調べてみた。~5位:川崎F、4位:浦和、3位:鹿島、2位:名古屋、1位は・・・。~

09月25日
【移籍市場】 2019年-2020年オフの補強ポイントについて考える。 (川崎フロンターレ編)

09月25日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (アタッカー編)

09月24日
【Jリーグ】 「FC岐阜の選手は本当に負け犬」なのだろうか?

09月24日
【Jリーグ】 全盛期の小野伸二(FC琉球)を観ている気分になった贅沢な45分間

09月24日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (ボランチ編)

09月23日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (左SB/WB編)

09月23日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (CB編)

09月23日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (CB編)

09月23日
【Jリーグ】 「風間監督と名古屋グランパスを恋愛関係に置き換えると・・・。」という川本光憲さんのコラムが気持ち悪い。

09月22日
【監督交代?】 リスキーに思える名古屋グランパスの監督人事(風間監督→フィッカデンティ監督?)

09月22日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (右SB/WB編) ~3位:蜂須賀孝治、2位:西大伍、1位は・・・。~

09月22日
【サッカー】 日本代表の半数ほどが帰化選手になった場合に素直に日本代表を応援できる自信はない・・・。

09月21日
【ラグビー方式】 「サッカーの日本代表に欲しい。」と思う外国人Jリーガーの名前を挙げてみた。

09月21日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (GK編) ~3位:GK 林彰洋 (FC東京)、2位:GK キム・ジンヒョン (セレッソ大阪)、1位は・・・。~

09月21日
【移籍市場】 2019年-2020年オフの補強ポイントについて考える。 (ジュビロ磐田編)

09月20日
【Jリーグ】 FW鈴木武蔵(コンサドーレ札幌)への差別騒動での大分トリニータ側の対応への疑問

09月20日
【残留争い】 「浦和レッズさんの残り8試合の対戦相手が厳しすぎる。」という話

09月20日
【移籍市場】 2019年-2020年オフの補強ポイントについて考える。 (セレッソ大阪編)

09月19日
【移籍市場】 2019年-2020年オフの補強ポイントについて考える。 (ファジアーノ岡山編)

09月19日
【移籍市場】 2019年-2020年オフの補強ポイントについて考える。 (FC琉球編)



最近のメルマ (30記事)


2019/08/22
【欧州サッカー】 今夏の日本人選手の動向について

2019/08/23
【J1】 各クラブの新卒の選手の補強状況について

2019/08/24
【J2】 各クラブの新卒の選手の補強状況について

2019/08/26
徳島×FC琉球、水戸×東京V、鳥栖U-15×C大阪U-15、法政大×G大阪

2019/08/27
新潟×金沢、ポンフェラディーナ×サラゴサ、FC岐阜×柏、青森山田中×日章学園中

2019/08/28
【JFL】 18節を終えた時点での雑感

2019/08/29
【女子サッカー】 2023年の女子W杯の招致について

2019/08/31
早生まれのサッカー選手について

2019/09/01
清水×札幌、Rサラゴサ×エルチェ、FC琉球×FC岐阜、徳島×京都

2019/09/02
栃木SC×水戸、町田×千葉、山形×横浜FC、トヨタ・タイランド×JFAトレセン大阪U-12

2019/09/03
【U-15日本代表】 U-16アジア選手権の予選のメンバー23名について

2019/09/04
世界との差は大きい日本のバスケットボール界

2019/09/06
柏×新潟、甲府×大宮、ナイジェリア選抜×JFAトレセン大阪U-12、浦和ユース×市立船橋高

2019/09/07
【国際親善試合】 日本代表 vs パラグアイ代表 採点&寸評

2019/09/08
元・韓国代表のMFキ・ソンヨンが発端となった旭日旗の騒動

2019/09/09
FC琉球×鹿児島、新潟×千葉、FC岐阜×栃木SC、長崎×福岡

2019/09/11
サッカー界の反面教師になっている野球界

2019/09/12
【W杯予選】 ミャンマー代表 vs 日本代表 採点&寸評

2019/09/13
岡山×京都、EAST×WEST、明治大×法政大、柏U-18×清水ユース

2019/09/14
【日本代表】 各ポジションのレギュラー争いを考える。

2019/09/16
磐田×C大阪、松本山雅×大分、C大阪×川崎F、G大阪×鳥栖

2019/09/17
甲府×柏、横浜FC×大宮、千葉×水戸、岡山×FC岐阜

2019/09/18
日本×豪州、清水×名古屋、神戸×松本山雅、大分×湘南

2019/09/19
【J1】 記録づくめの試合になった清水エスパルス vs コンサドーレ札幌

2019/09/21
浦和×C大阪、札幌×仙台、横浜FM×広島、川崎F×磐田

2019/09/22
鹿島×FC東京、福岡×岡山、日本、バングラディシュ、日本×タイ

2019/09/23
水戸×FC岐阜、栃木SC×鹿児島、千葉×徳島、大宮×東京V

2019/09/24
【J1】 風間八宏監督(名古屋グランパス)の契約解除について

2019/09/26
FW古橋達弥(Honda FC)のサッカー人生はかっこいい。

2019/09/27
【女子U-16日本代表】 4試合で19得点/0失点。中国を下してU-17W杯の出場権ゲット。

2019/09/28
【五輪代表】 U-23アジア選手権の組み合わせ抽選会について

カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----チャナティップ (8)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----庄司悦大 (22)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----岩波拓也 (20)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (25)
 -----李忠成 (23)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----江坂任 (9)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----小泉慶 (12)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----齋藤学 (30)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----中澤佑二 (19)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----表原玄太 (13)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 -----立田悠悟 (9)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----カミンスキー (16)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (38)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----片山瑛一 (11)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (18)
 -----山口蛍 (55)
 -----山村和也 (22)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----城福浩 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)
 -----吉田豊 (10)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----鈴木武蔵 (20)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (69)
 -----石崎信弘 (19)
 -----中村駿太 (9)
 -----坂井達弥 (9)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 ├栃木SC (32)
 -----大黒将志 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----大前元紀 (15)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----林陵平 (11)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (21)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----松井大輔 (12)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----永井龍 (21)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----安田理大 (31)
 ├ツエーゲン金沢 (16)
 -----清原翔平 (13)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (16)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----喜山康平 (8)
 -----齊藤和樹 (16)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----高木大輔 (20)
 -----丸岡満 (11)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 -----森本貴幸 (12)
 ├ロアッソ熊本 (74)
 -----上村周平 (10)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)
 -----宮阪政樹 (18)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (8)
 ├ブラウブリッツ秋田 (28)
 -----中村亮太 (9)
 -----藤田祥史 (11)
 ├福島ユナイテッド (12)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----風間宏希 (15)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----平繁龍一 (12)
 -----松下裕樹 (9)
 ├Y.S.C.C.横浜 (6)
 -----後藤京介 (6)
 ├SC相模原 (6)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├長野パルセイロ (18)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├藤枝MYFC (9)
 ├アスルクラロ沼津 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (16)
 -----森岡隆三 (14)
 -----加藤潤也 (6)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 ├鹿児島ユナイテッド (8)
 -----藤澤典隆 (10)
 ├FC琉球 (17)
 -----播戸竜二 (14)
 ├FC東京U-23 (0)
 -----久保建英 (8)
 ├ガンバ大阪U-23 (8)
 ├セレッソ大阪U-23 (7)
 -----喜田陽 (8)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:


PVアクセスランキング にほんブログ村